スマホ巻き肩の原因と症状は?改善する方法はコレ!

sumahomakigatatop

よく頭痛になる、最近バストにハリがない、いつも肩がこる…こういう症状にお悩みの方、原因はひょっとして、スマホかもしれません。

スマホ巻き肩という言葉をご存知ですか?

スマホを長時間使用することで、肩が内側に”巻いている”姿勢が続くと、呼吸が苦しくなり、様々な体の不調があらわれます。

現代人なら誰しもかかる危険性のあるスマホ巻き肩、その症状と改善法をご紹介します。

スポンサーリンク


 

スマホ巻き肩とは?原因はなに?

スマホ巻き肩とは、スマホを長時間使用することによって、本
ているはずの肩が、前向きになってしまうことを指します。

スマホ巻き肩の原因は、ずばり、スマホを見ている時の姿勢にあります。

画面に熱中するあまり、前かがみになり、背中が丸まっていませんか?

特に、長時間スマホを利用する人は、スマホ巻き肩がスマホを使用しないときにまで常態化していることもあります。

スマホ巻き肩の症状、猫背との違いは?

sumahosisei

猫背とは、背骨や首の骨が曲がって、頭が不自然に前に出ている状態を指します。

対してスマホ巻き肩は、通常横を向いているはずの肩が、前を向いている状態。

スマホ巻き肩と猫背は違いますが、スマホ巻き肩は猫背をひきおこす原因になります。

スマホ巻き肩も、猫背も、私たちの体に様々な不調を巻き起こします。

肩こり・息苦しさ・頭痛、さらにはバストの垂れも、スマホ巻き肩が原因です。

巻き肩になると、呼吸がうまくできなくなり、脳がつねに酸欠状態になります。

そのせいで、頭が痛くなったり、集中力が続かなくなることも…!

また、筋肉がこわばることで、血流や代謝が悪くなり、顔にクマができやすくなります。

スマホ巻き肩のチェック方法は?

「毎日スマホを使うし、最近肩がこる」そんなひとは、スマホ巻き肩になっている可能性が高いです。

自分がスマホ巻き肩になっているかどうかは、簡単にチェックできます。

・まっすぐに立ち、手をだらんと体の横につける

・このとき、手の甲が体の外側を向いていると、通常手の甲が前を向いていると、巻き肩です。

手の甲が前を向いてしまっているということは、その分、肩の骨が内側に巻いてしまっています。

スマホ巻き肩を改善する方法は?

スマホ巻き肩を改善する最も効果的な方法は、なんといってもストレッチ。

自宅でも簡単にできる、巻き肩解消ストレッチをご紹介します。

・立ったまま行うストレッチ

 

みぞおちあたりに押し付けるように、肘をはって手を組みます。

肩甲骨周辺の筋肉を使うことを意識しながら、3~5秒、ゆっくりと息をしながら、キープ。

1日3セットほど行いましょう。

・寝転んで行うストレッチ

 

あお向けに寝転んで、両肘を立てます。

肩甲骨周辺に力をいれて、肘で体をささえ、軽くエビぞりをしましょう。

このとき、スマホ巻き肩で固くなっていた大胸筋が、伸びているのを感じられると思います。

首が痛くならないように注意して、10秒キープ。

どちらのストレッチも、家で簡単にできますので、ぜひ毎日やって、長時間のスマホでこわばった筋肉をリラックスさせてあげてください。

まとめ

PAK85_nobiwosuruOL1292-thumb-autox1600-16472

スマホを使う人の約4割が、何らかの体の不調を訴えています。

そのなかでも、特に多いのが肩こり。

実はその肩こり、スマホ巻き肩が原因かもしれません。

スマホ巻き肩は、放っておくと、頭痛や目のクマなど、他の不調の原因にもなります。

ストレッチで内巻きになった筋肉をほぐし、肩も胸も、スッキリさせましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ