水素水の効果って本当?濃度は測定できるの?

splashing-275950_960_720

美容に健康、アンチエイジングに効果があると、話題の水素水。

水素水は、本当に健康に効果があるのか、はたまた科学的な根拠は一切ないのか、TVでもインターネットでも意見が分かれていて、どっちを信じたらいいのか分かりません。

そこで今回は、何かと論争になっているこの水素水、本当に効果があるのかどうか、水素水の自宅での濃度測定の方法など、調べていきたいと思います。

スポンサーリンク


 

水素水って何なの?

そもそも、水素水っていったい何?

普通の水と、どう違うの?

水素水とは、水素分子のガスを入れた水のことです。

炭酸水に炭酸が入っているのと同じで、水素水には水素(原子表で一番最初に出てくる、Hですね)が入っています。

水素水の効果とは?

水素水には、「健康効果」「美容効果」「アンチエイジング効果」があると謳われています。

女優の藤原紀香さんは、あの美しさを保つために水素風呂にはいっているそうですが、いったいどういう仕組みで、水素水は健康に効果があるのでしょうか。

水素水が体に入ると、体の中の『活性酸素』と結合します。

人間誰もが細胞の中に持っているミトコンドリア、このミトコンドリアがエネルギーを作り出すときに、排出するのが活性酸素です。

活性酸素は、細胞やDNAを傷つけ、老化や病気の原因になります。

水素水とともに体に取り込まれた水素は、この活性酸素と結合し、中和して、体の酸化(細胞が死んでしまうこと)を防いでくれるのです。

水素水の効果は本当にあるの?

YUKA160322230I9A4320_TP_V

インターネットで「水素水 効果」と検索すると、真っ先に出てくるのは、「水素水 効果なし」の文字です。

私の個人的な体験では、父が去年の春ごろから水素水を飲んでいますが、「体が軽くなったような気がするし、仕事の疲れや歳から来るだるさがマシになった」と、水素水におおむね満足しているみたいです。

はたして、水素水の効果は本当にあるのでしょうか。

科学的には、水素および水素水が本当に健康に効果があるのかは、まだ明らかになっていない点が多く、大規模な臨床実験が必要だと言われています。

水素水の効果に疑問があると言われている理由は、大きく2つあります。

1.水に混ぜた水素は、すぐに空気中に逃げていってしまう
水素はとても小さな分子です。

小さすぎて、水に混ぜて、ペットボトルやビンに詰めたとしても、ペットボトルやビンの分子の隙間からどんどん逃げていってしまいます。(スケールが小さすぎてなかなか想像つかないですが)

そのため、市販の水素水のなかには、水素がほどんど残っていない可能性があります。

2.体内に入れた水素も、どんどん体外に出ていく
水素は小さく、軽いので、たとえ高濃度で口の中に入れたとしても、細胞までいきわたる前に再び呼吸で出ていってしまいます。

つまり、水素自体に健康効果があったとしても、市販されている水素水にその効果があるかと言えば、まだまだ結論はでていない、ということですね。

水素水を自宅で簡単に作る方法は?

水素水を使って、体の中に水素を取り入れたいとき、出来上がった水素水を買うのは、上記にもあるように、水素がすでに容器から逃げ出している可能性が高いので、おすすめできません。

自宅で作った、できたて新鮮な水素水のほうが健康効果が期待できます。

自宅で水素水を作る方法には、『スティック水素水』と『自宅用水素水サーバー』の2種類があります。

スティック水素水では、水素発生スティックを水と一緒にペットボトルに入れて、水素水をつくります。

手軽で、お値段も月々6000円前後なので、「水素水を試してみたい」という人におすすめ。

自宅用水素水サーバーは、自宅に水素水を作る装置を置く方法です。

初期費用は大体5万~20万ほどかかりますが、家族みんなでこまめに水素水を飲むなら、スティックタイプより安くつきます。

水素水の濃度は測定できるの?

水素水の効果を得るには、水素水の濃度が重要です。

水素濃度の測定には、高価な機械と専門的な技術が必要なため、自宅で自分で測定するのはまずできません。

しかし、水素水も、炭酸水と同じで、冷たくて、圧力の高い水に良く溶けます。

つまり、ぬるめの水素水よりも、冷たい水素水のほうが、濃度が高いのですね。

まとめ

市販の水素水に健康・美容効果があるのかどうかは、現時点ではまだはっきりしない点が多いようです。

が、水素が活性酸素を除去する効果は認められており、実際、医療現場で活用されている例もあります。

出来上がった状態で売られている水素水のなかに十分な濃度の水素が残っている可能性は低いのですが、自宅で水素水を作り、こまめに飲むなら、水素を体の中に取り入れることができるようです。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ