天ぷらにして美味しい山菜の種類は?気を付けるべきことはコレ!

db9e01854a3947cfa60bd4581f37a2f1_s

山で、野原で、採ってきた新鮮な山菜、どうやって食べようか、わくわくしますね。

山菜といえば、王道はやっぱり天ぷら。

山菜は、普通に売られている野菜と違って、アクが強いものが多く、下処理がなかなか大変ですが、天ぷらに限っては、下処理不要!という種類もけっこうあります。

天ぷらは準備も後片付けも大変だし、なかなかうまく揚がらないから…といって、天ぷらは自宅では揚げない、という人も多いですが、山菜の天ぷらはとっても簡単。

苦みもまろやかになるので、小さなお子さんにも喜ばれます。

普段は家で天ぷらを揚げない人も、山菜採りをキッカケに、食卓に揚げたて天ぷらを並べてみませんか?

スポンサーリンク


 

天ぷらにして食べられる山菜の特徴とは?

山菜を食べるときには、大体の場合、アク抜きという下処理が必要です。

しかし、天ぷらにする場合、アク抜きはしません。

天ぷらに向いている山菜は、タラの芽、ミズなど、アクの少ないものがおすすめです。

また、ふきのとうなど、香りの強い山菜は、天ぷらにすると、より香りが引き立ち、美味しくなります。

人気の山菜天ぷらBEST5

a1080_000072

・ふきのとう
山菜天ぷらの定番ですね。

雪解けとともに顔を出すふきのとうは、春を告げる代名詞。

天ぷらでサクッと揚げて、食卓で春の訪れを感じましょう。

香りを楽しむために、調味料は塩だけがおすすめ。

揚げるときは、火の通りをよくするために、縦半分に切って下さい。

・タラの芽
山菜天ぷらの人気ナンバーワンは、やっぱりタラの芽。

表面に小さなトゲがついているので、揚げる前に手で取りましょう。

また、根元の固い部分も包丁で切り落とします。

普通よりもちょっと水っぽいかな?と思うくらいの薄い衣で揚げると、カラッと揚がり、もっちりホクホクとした独特の食感を味わうことができます。

調味料は、塩と山椒がおすすめ。

・こごみ
初心者にも比較的見つけやすい山菜、こごみ。

味は濃い目のアスパラガス、といった感じで、香りがよく、天ぷらにするととても美味しいです。

苦みやアクが強くないのも、天ぷら向きですね。

こごみを揚げるときは、生地につける前に、小麦ををはたかないことです。

塩をつけても、天ぷらつゆにつけても美味しいです。

・ウド
シャキシャキとした食感が楽しい茎の部分はサラダにして食べ、独特の香りがある葉っぱ部分は天ぷらにするのがおすすめです。

ウドは、生のまま生地にひたして天ぷらにできるので、その香りをそのままに味わうことができます。

調味料は、藻塩がよく合います。

固い皮の部分も、きんぴらにすると美味しいので、捨てずに取っておきましょう。

・ワラビ
山菜の中でも知名度が高く、スーパーや道の駅でも手軽に買うことができるワラビ。

見た目もかわいらしく、食卓に彩りを加えたいときに役立ちますよね。

アクが強いので、天ぷらにする前には、下準備としてアク抜きをしましょう。

ワラビのアク抜き方法は、大きな鍋にお湯をわかし、沸騰したら火をとめて、ワラビを入れます。

上から重曹をふりかけて、1晩待ちます。

天ぷらにするときは、重曹の入った水を捨てて、一度ワラビをさっと洗ったあと、キッチンペーパーなどでよく水気をふき取ります。

ワラビは天ぷらにすると、クセがなく、しかもワラビの香りはちゃんと味わえます。

味付けは、あっさりと塩のみが良いでしょう。

美味しく天ぷらを揚げるコツ

7f7521228ddc63e5525c20489abacd89_s

山菜の天ぷら食べてみたいけど、家で天ぷらをするのは難しいし、めんどくさい…」という人も多いはず。

でも、コツさえつかめば、自宅でも天ぷらは簡単・おいしく作ることができます。

●コツその1
卵液は、卵を溶いてから水を入れるのではなく、水をいれてから卵を割り入れ、かき混ぜます。

そうすることで、卵のドロッとした部分も、さらっと混ざります。

●コツその2
小麦粉を混ぜるときは、卵液のなかに小麦粉を、2~3回に分けて入れること。

お箸ではなく、泡立て器をつかってシャカシャカ混ぜていきます。

●コツその3
生地を作るのが苦手な人は、最近はスーパーなどで「ダマにならずにサクッとあがる天ぷら用ミックス粉」なるものが売っています!ぜひ活用しましょう。

●コツその4
フライパンで揚げること。

エッ、天ぷら鍋じゃないの?

実は、フライパンで揚げたほうが、油全体が温まりやすく、カラッと天ぷらが揚がるのです。

油の量の目安は、3センチで良いとのこと。

これなら、油の後片付けも簡単ですね。

まとめ

山菜そのものの味や食感を楽しみたいなら、食べ方はやっぱり、天ぷらが一番。

フライパンで揚げるなら、準備も後片付けも簡単で、新鮮な山菜を、採ってきてすぐに天ぷらにすることができますね。

ふきのとう、ウド、タラの芽と、どれも美味しそうです。

ぜひ、山菜の天ぷら、食べてみてください。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ