カプサイシンの効果とは?毒性や致死量はどれくらい?

とうがらし

若い女性の間で話題の「カプサイシンダイエット」、あなたもどこかで耳にしたことがあるでしょう。

カプサイシンとは、トウガラシに含まれる成分で、新陳代謝を高め、脂肪を燃焼する働きがあります。

トウガラシを食べると、体がぽかぽかほてってきますよね、あれが、カプサイシンの効果です。

カプサイシンは、トウガラシを使った料理で簡単に摂ることができますし、最近では、カプサイシンを使ったダイエットサプリも充実しています。

しかし、このカプサイシン、摂りすぎると人体に悪影響を及ぼすことはご存知でしょうか。

そこで今日は、カプサイシンダイエット効果と、その注意点について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク


 

カプサイシンとは何?

カプサイシンは、トウガラシに含まれる成分で、辛味のもととなるものです。

アルコールと油に溶けやすく、加熱してもそのまま体内に入るので、中華料理やキムチなど、日常のいろんな食品から、簡単に摂取することができます。

カプサイシンの効果とは?

food

この身近な辛味成分、カプサイシンには、私たちの体に嬉しい効果があります。

・新陳代謝をUP
トウガラシ料理を食べると、体がぽかぽかしてきて、汗をかいたり、鼻水が出てきたりしますよね。

カプサイシンには、血行を良くし、体温をあげる働きがあります。

もちろん、体温が上がると、エネルギー消費も高まります。

脂肪が燃焼されて、ダイエットにつながるのですね。

・食欲増進
これからの季節、嬉しいですね。

夏バテにもカプサイシンは効果を発揮します。

カプサイシンの持つ辛味が、舌と胃を刺激し、暑さで弱った食欲を取り戻してくれるのです。

カプサイシンは脳に悪いの?

しかし、カプサイシンダイエットには、思わぬデメリットもあります。

カプサイシンによる辛味の刺激は、脳に負担を与えてしまうのです。

脳が辛味によりストレスを受けると、アドレナリンという物質が放出されます。

このアドレナリン、少量なら、脂肪の燃焼などに役立つありがたい物質なのですが、大量に放出されると、脳に深刻なダメージをあたえ、パニック障害や、ウツ、その他さまざまな精神障害を巻き起こします。

しかし、過剰に摂取しなければ、特に心配はいりません。

一回の食事で、鷹の爪1本分程度のカプサイシンなら、副作用の心配はまずないと言っていいでしょう。

カプサイシンの致死量はどれくらい?

kimuti

反対に、どのくらいの量のカプサイシンを摂ると危険なのでしょうか。

カプサイシンの致死量は、体重1キロあたり、60ミリグラム~75ミリグラムです。

つまり、体重45キロの人なら、2.7グラム、60キロの人なら、3.6グラムが致死量です。

これは、トウガラシにして、大体1キロくらいの量。

普通の食生活では、まず心配いりませんね。

しかし、サプリメントの場合には、辛味を感じることなく大量に摂取できてしまうので、注意が必要です。

必ず、指示されている摂取量を守りましょう。

まとめ

血流をよくし、新陳代謝を高めてくれるカプサイシン、ダイエットの強い味方ですね。

体温をあげてくれるので、冷え性になりやすい女性のつよい味方です。

また、料理に使うことで、塩を使わなくてもおいしい仕上がりになり、ダイエット以外の健康効果も期待できます。

しかし、カプサイシンは、摂りずぎると精神障害の引き金となったり、また、わずかながら毒性もあるので、致死量も決まっています。

カプサイシンの嬉しい効果と、その危険性、両方を知り、正しくダイエットに利用しましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ