つらい鼻づまりを解消するには?効果のある食べ物や食生活はこれ!

kafun_bottoshiteru_woman

風邪でもないのに鼻が詰まって苦しい、しかもそれが長続きするようなら、慢性鼻づまりかもしれません。

鼻づまりの状態が続くと、息苦しいだけでなく、ダックフェイスやいびきなど、そのほかの弊害を巻き起こす原因にもなります。

しかし、鼻づまりだけで病院へ行くのもなんだか気が引けますよね。

なんとか、自宅で簡単に解消できる方法はないでしょうか。

そこで今日は、慢性的な鼻づまり解消する食べ物や鼻づまりになりにくい体を作る食生活を紹介します。

スポンサーリンク


 

鼻づまりになる原因とは?

風邪をひいているわけでもないのに鼻がつまっている場合、一般的には3つの原因が考えられます。

1.風邪による鼻炎を繰り返したせいで、鼻の粘膜が腫れている
今までにかかった風邪のせいで、風邪が収まった後も鼻の粘膜が赤く腫れたままになってしまい、鼻づまりが治らなくなっているのです。

2.アレルギー
これはみなさんにも馴染みが深いのではないでしょうか。

スギ花粉やヒノキ花粉、ハウスダストによるアレルギーがここに含まれます。

鼻の中に花粉やホコリが入ると、体は異物を外に追い出そうと、過剰に免疫反応を示し、鼻水が止まらなくなったり、鼻がつまったりします。

3.鼻づまりになりやすい鼻の形をしている
左右の鼻の穴を分けている「鼻中隔」という壁が、ゆがんで、どちらかに偏っている場合、鼻づまりの原因になります。

この壁が左右どちらかにゆがんでいると、片方の鼻の穴が狭くなり、空気の流れに差が出て、粘膜が腫れてしまいます。

そのせいで、つらい鼻づまりや鼻炎が引き起こされるというカラクリです。

鼻づまり体質を改善する食生活とは?

花粉やその他のアレルギーが原因の鼻づまりの場合、食生活を改善することで、つらい鼻づまりを楽にすることができます。

ジャンクフードなど偏った食事をやめて、栄養バランスのととのった食生活をするだけで、鼻づまりはずいぶん解消されます。

また、味噌やヨーグルトなどの発酵食品を摂ることも有効です。

体の免疫力を高めることが、アレルギーを軽くすることにつながるのです。

逆に、ハムやソーセージには、亜硝酸塩という刺激物が含まれているため、花粉やハウスダストへの過敏性を高めてしまうと言われています。

お酒も、鼻づまりを抑えるためには、控えたほうが良いでしょう。

アルコールを分解するときに発生するアセトアルデヒドという物質は、体のアレルギー反応を活発にする働きがあるからです。

鼻づまりの解消に効果的な食べ物はこれ!

tomatoes-5356_960_720

鼻づまりを治すためには、栄養バランスの整った食生活が大切ということは分かりましたが、具体的に、鼻づまりにビシッと効く食べ物をあげていきましょう。

・温かい食べ物
温かいお茶(緑茶だとなおよし! お茶に含まれるカテキンは、アレルギー症状を抑える役割があるからです)や、また体を内から温めてくれるショウガやネギなどです。

ネギには、体を温めるだけでなく、鼻の通りをスッキリさせる効果もあるので、鼻づまりの時に積極的に食べたい野菜です。

・青魚
マグロ・アジ・イワシなどに含まれるDHA、EPAはアレルギー症状を抑えてくれます。

青魚に含まれるDHAは、頭をすっきりさせてくれる効果もあるので、花粉症で集中力がなかなかでない人にもおすすめです。

・野菜
トマト・ブロッコリー・ピーマン・にんじん・ホウレン草など、特に鼻づまりを抑えるのに効果があると言われている野菜です。

中でもトマトは、「ナリンゲニンカルコン」というトマト特有のポリフェノールの力で、過剰な免疫反応を抑えてくれます。

生のトマトよりも、加熱したりトマトジュースにしたほうが、たくさん摂取できます。

まとめ

つらい慢性鼻づまりも、自宅で食生活を改善するだけで、ずいぶん楽にすることができます。

アレルギーが原因の鼻づまりの場合、いつもの食べ物で体を温めるだけで、症状を抑えることができるのですね。

忙しくて病院に行くことができない、鼻づまりだけで病院に行くのもなんだか気が引ける…そんなアナタは、ぜひ一度、トマトやショウガなど、食べ物で鼻づまりを解消する方法を試してみてください。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ