女性のお腹ぽっこりの原因とは?解消する方法とは?

どんなにダイエットを頑張っても、お腹だけがぽっこり出ている…。

metabolic_woman

かっこ悪いし、気になりますよね。

お腹周りがぽっこりと出ていると、ファッションも決まりません。

なかなか取れないこの脂肪、いったいどうしたら良いんでしょうか?

実は、出てきたお腹をスッとへこませるには、普通のダイエットとは少し違った方法をとる必要があるんです。

そこで今回は女性のお腹ぽっこりの原因と解消する方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


 

女性のお腹がぽっこりする原因は何?

お腹ぽっこりの原因として、考えられるのは2つあります。

1つは、内臓から来るもの。

もう1つは、筋力不足です。

内臓から来るものについては、お腹の中にたまったガスが原因です。

これは、長く続く場合は、大腸ガンなどを患っている可能性があるので、注意が必要ですが、たいていの場合、食事で改善することができます。

食べるとき、必要ない空気を飲み込んでしまわないように、良く噛んで、早食いはしない。

また、甘いものや、イモ・米・パンなどのでんぷんを摂りすぎないことも大切です。

これらの食べ物は腸内のガスを増やし、お腹がぽっこり張ってしまう原因になるからです。

そして、女性のお腹がぽっこりする、もう1つの大きな原因、それが【筋力不足】です。

もともと、女性の体にはそこまで筋肉がついていません。

そもそも少ない筋肉が、歳とともにさらに弱くなり、内臓を支えきれなくなってきます。

これこそがお腹ぽっこりの原因なのですね。

ぽっこりお腹になるとどんな症状が出るの?

ぽっこりお腹になると、どういった症状が現れるのでしょうか。

腸にガスが溜まっているタイプのぽっこりお腹の場合、何となく食欲がわかない…気分が悪い…などの不快感があります。

また、便秘や吐き気が続くようなら、病院へ行ったほうが良いでしょう。

お腹まわりの筋力が落ちているタイプのぽっこりお腹の場合は、そういった不快感を感じることはありません。

しかし、のんびりしていてはいけません!

お腹まわりの筋力が弱り、内臓が前に出てくるようになると、そこへ脂肪が溜め込まれやすくなります。

そしてお腹まわりに溜め込まれた脂肪は、高血圧や糖尿病、さらには動脈硬化や脳梗塞まで引き起こす、とても恐ろしい脂肪なのです。

なにより見た目もかっこ悪いですよね。

女性のぽっこりお腹を解消する方法とは?

pilates_obasan

お腹まわりを引き締める筋トレといえば、腹筋を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、ぽっこりお腹を引き締めたい場合、腹筋の筋トレはあまり効果を成しません。

腹筋運動は、ある程度脂肪の落ちたお腹を鍛える運動だからです。

ぽっこりお腹を引き締めるには、内臓まわりにある「腹横筋」という筋肉を鍛える必要があります。

あまり馴染みのない筋肉ですが、意外と簡単に鍛えることができます。

『ドローイン』というエクササイズをご存知でしょうか。

■ドローイン/腹横筋/体幹トレーニング実践講座

 

仰向けになって、息を大きく吸うだけですが、腹横筋を効果的に鍛えることができます。

これなら、お家でも簡単にできそうですよね。

まとめ

女性のお腹ぽっこりの原因には、内臓から来るものと、筋力の低下から来るもの、2つがあります。

内臓から来るもののばあい、腸内のガスの量を適量にたもつことで、改善されますが、長く続いたり、なんだかいつもと違うな、苦しいな、と感じたら、病気のサインであるかもしれません。

筋力の低下から来るものも、お腹まわりについた脂肪は、さらなる体の不調の引き金にもなりかねません。

お家でできる、手軽なエクササイズで、早くぽっこりお腹とオサラバしちゃいましょう!


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ