お盆のお墓参りの時期はいつからいつまで? お供え物は何?

今年もお盆休みの季節がやってきます。

お墓参り

宗教への関心が薄くなっている今日この頃でも、お盆だけは地元へ帰って、お墓参りに行く。

そういう人もまだまだ多いですね。

けれど、お盆ってそもそも、いつからいつまでなんでしょうか。

どうしてお盆にお墓参りにいくの?お供えは何を持っていったら良い?などなど。

難しい作法がありそうで、お墓参りが面倒になっている人もいるんじゃないでしょうか。

そこで今回はお盆お墓参りいつからいつまでに行けばいいのか?やお供え物は何がいいのかについてまとめてみました。

スポンサーリンク


 

お盆にお墓参りに行くのは何故?

そもそも、なぜお盆にお墓参りに行くのでしょうか。

ほかの時期に行くのと何が違いがあるのでしょうか。

仏教では、お盆には亡くなった方の霊があの世からこの世に帰ってくると云われています。

お墓はあの世とこの世の入り口、お盆の時期に、お墓へ降りてくるご先祖様を、迎えに行くのがお墓参りの意味なのです。

また、お盆が終わって今度はご先祖さまがあの世へお帰りになるときは、送り火を焚きます。

お盆のお墓参りの時期はいつからいつまで?

ohakamairitop

地域によって、7月に行うところと、8月に行うところがあります。

東京では旧暦にあわせて7月、そのほかの地域は8月が多いですね。

では、何日から何日の間がお盆にあたるのでしょうか。

答えは月のちょうど真ん中、13日から16日です。お墓参りへは、「迎え盆」と呼ばれる、13日に行くのが一番良いとされています。

お盆のお墓参りのお供え物は何がいい?

「五供」と呼ばれる5種類のお供え物を用意しましょう。

五供

・香
・花
・明かり
・浄水
・食べ物

 

香は線香、明かりはロウソクをともします。

浄水は、お参りする側の心を清めるとされています。

TVや漫画でよく見かける、お墓に水をかけること、あれは実はやってはいけません。

ご先祖さまにとっては、冷や水を浴びたようなもの。

また、お墓は湿気を嫌いますので、お墓の掃除も、草むしりと布で拭くくらいで十分です。

花は、菊が定番ですが、故人が好きだった花や、季節の花を供えても良いです。

食べ物は、生前故人が好きだったものや、家族が食べているものと同じものをお供えするとよいでしょう。

また、大事なのは、毎日きちんとお供えすることです。

お菓子などは、ご先祖さまが食べやすいよう、袋から出してあげます。

お盆にお墓参りへ行けないときは?

お盆にお墓参りに行きたくても、仕事が休めなかったり、遠方だったりと、どうしてもいけない時もあると思います。

そういう時は、どうしたらいいのでしょうか。

一番いいのは、時期をずらしても、お参りに行くこと。

できれば、お盆より早い時期に行きましょう。

ご先祖さまに、お盆に参ることはできないけれど、供養の気持ちはあります、ということをお伝えするのです。

それも無理なら、お正月やGWなど、別の行けるときにお参りに行ってもかまいません。

また、お盆の4日間のあいだ、お墓に直接行くことはできなくても、お墓の方角にむけて、手をあわせたり、住んでいるところの近くにある神社や教会でお経を読んでもらう方法もありますよ。

まとめ

お盆の4日間は、ご先祖さまが私たちのところへ帰ってくる、大切なイベントです。

お墓へお参りに行く人、遠方からご先祖さまへお祈りする人など、供養の形はさまざまではありますが、最も欠かすことができないのは、故人や先祖を思う気持ちです。

地域、宗派によって作法が異なることがありますが、親族のお年寄りや、またお寺へ聞きに行けば教えてもらえることもあります。

仏教では、先祖への善い行いをつんだ者には、果報が訪れると言われています。

日ごろなかなかお墓や仏壇へ手を合わせることがない人も、今年の夏は、感謝の気持ちを伝えてみませんか。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ