ロキソニンに重大な副作用「腸閉塞」が追記!実際のリスクは?

あ~…頭痛い…。

あ~…お腹痛い…。

onakaitaitop

生理痛や歯痛など、我慢できない痛みに飲みたくなるのが鎮痛剤。頼りにしてる人も多いのではないでしょうか?

そんな鎮痛剤の老舗であるロキソニンに、ここ最近あまり軽くは見れない副作用の腸閉塞が加わり話題となっています。

そこで今回は、そんなロキソニンの成分や副作用、注意事項、はたまた腸閉塞は何かについてお話していきたいと思います。

痛みに弱くて頼りにしてる…なんて方は特に注意が必要ですよ。

スポンサーリンク


 

錠剤だけじゃない!鎮痛・消炎剤ロキソニンってなに?

ロキソニン=ロキソプロフェンナトリウム水和物は、鎮痛剤や解熱剤として利用される薬品をさします。

これは炎症を引きおこすプロスタグランジンという成分が出来るのを抑制し、それに伴う腫れや痛み、熱などの症状を和らげます。

市販薬としては頭痛・生理薬などとして知られるロキソニンS錠のほか、筋肉痛などの症状に貼るロキソニンテープ等が知られますね。

このほか、手術後や抜歯後の鎮痛剤、消炎剤としても医師により処方されます。

最近ではロキソニンのジェネリック医薬品も発売が始まりました。

ジェネリック医薬品は先発品を基に開発された後発品で、効果・効能はそのままに価格を安く提供されます。

実際、ジェネリックのロキソートやロブ錠ではあまり効き目が無かった…という声も聞かれますが、これは使用頻度や体質などで変わると思っておいていいでしょう。

持病がある人は特に気をつけて!ロキソニン服用時の注意点

ロキソニンは効果が強い分、様々な健康障害を起こしやすい薬品でもあります。

特に以下のような持病をお持ちの方も何らかの影響を受けやすいため、必ず担当医や薬剤師との相談が必要。

・薬品によるアレルギー症状を起こした事がある
・消化性潰瘍
・血液疾患
・肝機能障害
・腎機能障害
・心機能障害
・アスピリン喘息
・妊娠または授乳中
・他に薬品を使用中

また、指示された使用量を守らずに服用したり、空腹時に服用すると胃を荒らしてしまうなどの諸症状が起こります。

特に注意したいのは処方箋。

飲み忘れたからと2回分を一気に飲むのはもちろん、服用を途中で勝手に止めるといった事はやめましょう。

これに加えて市販薬の際にやりがちなのが飲みすぎ。

生理痛や頭痛が我慢出来ずついつい常用しちゃう方は多いものですが、これはあまりよろしくありません。

薬の効き目が悪くなるだけでなく、身体の免疫力低下などにも繋がります。

この場合は薬に頼るだけでなく、生活習慣や食生活などの見直しも行いたいものですね。

医師や薬剤師にも常々質問がしやすい環境を作り、安心して薬の服用が出来るよう心掛けましょう。

ロキソニンの一般的な副作用とは?

jyouzai

ロキソニンは非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)で、1986年より約30年に亘って医療用医薬品として発売されてきました。

もちろん、いくら30年経つ薬品だって、数多くの人が使用すれば中には合わない人もいて、それはその副作用として認知されます。

ロキソニンは、即効力が元々他の鎮痛剤に比べると強い薬品です。

一方、強すぎるために胃が荒れやすくなるので空腹時には服用を避けるべきという注意もあります。

そして、ロキソニンの代表的な副作用は、以下のようなものがあるとされています。

消化器異常
胃に何らかの不快感を感じたり、腹痛や悪寒、嘔吐、食欲不振といったものが起きます。

腎機能、肝機能障害
むくみが見られたり、食欲や尿量が減る場合には急性腎不全やネフローゼ症候群に陥っている場合も。

黄疸が見られたり、強い倦怠感などに見舞われたら肝機能にも障害をきたしている可能性もあります。

呼吸器系異常
息苦しくなったり、喘鳴といってゼーゼー、ヒューヒューとした呼吸が見られる事も。

中には喘息発作や肺炎に繋がる事もあります。

免疫力低下
発熱、頭痛、筋肉痛、倦怠感といった風邪に似た症状が起こる事も少なくありません。

なかには顔面蒼白や呼吸困難、冷や汗が出るなどのアナフィラキシーショックを起こす人も。

血液異常
急に鼻血などの出血が見られ、手足に痣が出る場合には溶血性貧血や白血球減少などの血液異常が起こっている事もあります。

これはどれも何らかの持病を持っている人の延長線上で起こるものですが、見られる症状は当然弱くても誰かしら起こりえます。

飲み合わせや持病、体調不良の原因など、副作用につながる事はないかという事前リサーチも少なからず必要であるといえるのではないでしょうか?

副作用に追記?腸閉塞ってなに?

腸閉塞はレイウスとも呼ばれる胃腸の通過障害をさします。

腸内に突如壁が生じてしまい、消化されるべき食べ物の通過が出来なくなってしまう怖い病気なんですよ。

腸閉塞は、大腸でも小腸でも起こり、消化器内にヘルニアや腫瘍、潰瘍があると慢性化しやすい人も少なくありません。

ひどい場合には腸内が溜まった食べ物や水分、ガスなどにより破裂…。

裂けた部分から腹腔内に流れ込んだものが更なる炎症を招き、腹膜炎を起こし死に至る場合もあります。

これは、ロキソニンが抑制する炎症の原因プロスタグランジンが、胃腸の粘膜も保護する働きを持っているため。

要は炎症や発熱を抑制しちゃう事で、残念ながら胃腸を保護するバリア機能も弱めてしまっているからなんですね。

ちなみに、同じように生理や頭痛薬として老舗のバファリンが“優しさで出来ている”と謳うのは、この荒れてしまう粘膜を保護するために胃薬の成分が配合されているためです。

生理痛や頭痛もちの方はついつい薬に頼りがち…。

ロキソニンを飲んだからといってすぐ起こるというワケでなく、過度の常用が問題だと指摘されています。

特に注意が必要なのは歯科。

抜歯後などの鎮痛剤として使用される事が多いので、事前に必ず伝えるように心掛けましょう。

ロキソニンで腸閉塞が実際に起こるリスク

kyukyusiya

では、実際どれくらいの人がロキソニンで腸閉塞を起こしたかというと、意外にもその数は少ないといえます。

ロキソニンによる腸閉塞患者の報告数は、約3年間で6例。うち5例は因果関係が否めないものだとか。

幸い死亡例は出ていませんが、基本的にロキソニンによるこれらの症状は使用頻度が高すぎる事や持病を無視した使用が原因です。

米国では、このほかに心臓発作や脳卒中といった病気にも繋がっているという報告も。

これによりロキソニンは米国での市場からは姿を消していますが、未だ東南アジアを中心にロキソニンは家庭の健康を守る薬品として活躍しています。

処方薬として利用する際には胃薬との併用がありますが、市販薬では自己判断。

胃腸が弱いなどの諸症状をお持ちの方は、特に注意して利用する事がすすめられています。

まとめ

頭痛など、私も鎮痛剤に頼る事はあります。

しかし、とある話によれば、鎮痛剤の効き目が違うのは薬によって…ではなく、一人一人の痛みに対する強さだといわれています。

ついでに明かせば、女性よりも男性の方が痛みには弱く、出産は男性なら死んでもおかしくないのだとか…。

我慢できないほど痛い場合には早々に病院に行くよう、心掛けたいものですね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ