にんにくの臭いが表れない方法はある?臭いを消す方法はある?

にんにくを食べると力がつく、そんな話は良く聞きますよね。

実際に、にんにくには血液の循環を良くしたり、胃腸の働きを整えてくれる効果があると云われています。

肝臓を守ってくれたり、血圧の安定をもたらせてくれる事もあり、積極的に摂取したい食品です。

但しにんにくを摂取する場合、一番の問題は臭いですよね。

ninnnikunioitop

身体に良いことは重々承知しているけど、にんにくを食べた後の臭いを考えると躊躇してしまう事も。

接客業の方や翌日に人に会う日は食べられないなんて人もいるでしょう。

それでも付き合いなんかもあり、にんにくを食べざるを得ない場合もあると思います。

そこで今回はにんにくのあの臭い表れない方法や臭い消す方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク


 

にんにくの臭いが表れない方法はあるの?

にんにくの臭いが出にくいようにする方法ですが、にんにくを食べる前に牛乳を飲んでおきましょう。

牛乳にはタンパク質が含まれています。

そのタンパク質の膜が、にんにくの臭いの元になるアリシンと言う物質と結びつくため、アリシンと科学変化を予防してくれます。

また、自宅で調理する場合、にんにくを牛乳で煮ておくと臭いが弱くなると言う料理法もあるようです。

牛乳は臭いを抑えてくれる大きな役割をしてくれるのですね。

ただ、完全に臭いが消えるわけでも表れないわけでもないようです。

予防をしておくことで、軽減される程度に考えておくのが良いのかもしれません。

にんにく臭いかどうかを確認する方法は?

ninniku

自身の口臭は、残念ながら気が付かない事が多いのです。

しかも、周囲の人も指摘しにくいため、知らず知らずのうちに迷惑をかけているのかも。

にんにくを食べた後は特に、自身の口臭を確認しておきましょう。

まずは、ビニール袋を使用する方法。

ビニール袋に息を吐き、しばらくしてからビニールの中の匂いを確認してみる。

自身ではわかりにくい匂いを知る事が出来ます。

もう一つはマスク。

マスクには自然と息がかかります。

室内でマスクを外してみて、再度マスクを付けてみた時にマスクが臭ってしまったら・・・わかりますよね。

自身の口臭を出してみる事で、にんにく臭がわかります。

にんにく臭い時間はどれくらい?

にんにくを食べた場合、どのくらいにんにくの臭いが続くのか気になりますよね。

にんにくの臭いが消える時間と言うのは、個人差があるようで代謝に関係しているようです。

一般的には約3時間程度で消えていくようです。

ただ、口臭として消えるのは3時間程度ですが、体臭として発している臭いは、血液を循環して全身に巡るため消えにくいようです。

体臭としてのにんにくの臭いは、一般的に16時間くらい、完全に臭いが消えるまでには約48時間程かかると言われているようです。

にんにくの臭いは、かなり長時間体内にとどまるのですね。

これが身体に良いと言われる理由なのかもしれません。

もし、にんにく臭い場合、臭いを消す方法は?

にんにく食後1時間以内にパセリやリンゴ等の食品を摂取するのが良いと云われています。

パセリには、にんにくの臭いを分解してくれる効果があります。

にんにく臭対策にとても有効な食品なんですよ。

りんごにはアップルフィレンと言うポリフェノールの一種である成分が入っています。

その成分が臭いを消す役割をしてくれるそうです。

この成分はりんごの皮の部分に多く含有されているそうですので、皮の部分を捨てないようにしましょう。

また、緑茶やコーヒー、紅茶もにんにくの口臭対策には良いとされています。

緑茶にはカテキンやタンニンが含まれていて、消臭効果があると云われています。

出来れば茶葉から急須で入れた緑茶が良いですが、ペットボトルの緑茶でもかまいません。

その場合、出来るだけ濃い緑茶を選びましょう。

コーヒーや紅茶にもタンニンが含まれているため、にんにくの臭いを消すのに良いと云われています。

何より、にんにくを食べた後1時間以内に飲む事が良いようです。

食後にコーヒーや紅茶、またアイスクリーム等の乳製品を食べるのも良さそうですね。

まとめ

にんにくの臭いの消す方法について、確認していきましたがいかがでしたか?

先の通り、にんにくの臭いを完全に消すには時間がかかる事がわかりましたね。

栄養価の高い食品ですので、積極的に摂取したいものですが、臭いがどうしても嫌だと言う方はサプリメントで摂取するのも良いかもしれません。

最近は無臭にんにくも販売されていますので、調理に利用するもの良いと思います。

どうしても外出先でにんにくを食べる場合は、食前食後のケアによって随分軽減されると思います。

周囲の人に不快感を与えないように、食前食後のケアはお忘れなく。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ