赤ちゃんの鼻づまり解消法!自宅でできる対処法はコレ

親にとって赤ちゃんの鼻づまりは心配なもの。

akaitanhanatip

しんどいと口に出して言えない赤ちゃんが苦しそうにしている姿は、見ているだけで胸が痛みますよね。

鼻が詰まっていると呼吸も辛そうで、早くどうにかしてあげたいと思うもの。

そこで今回は自宅でできる赤ちゃんの鼻づまりの解消法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


 

小児科で処方された点鼻薬があればそれを使う!

大人が使用する点鼻薬は、それなりの効果があるかもしれませんが、敏感な赤ちゃんが使うのには、強すぎる可能性が高いため、必ず小児科で処方された点鼻薬を使用してください。

小児科で即効性があるトラマゾリン点鼻薬が処方される事が多いようです。

但しトラマゾリン点鼻薬は、大量に用いた場合、刺激痛や乾燥感や、動悸や頭痛などの副作用が出てくる可能性があるそうです。

使用する際は、医師とよく相談し処方された用量と用法をしっかり守る事が大切です。

でも、副作用が心配・・・と言う事もありますよね。

すぐに病院に行けない場合もあるかもしれません。

そんな時の自宅で出来る対処法を考えてみましょう。

小児科で処方された点鼻薬がない場合の赤ちゃんの鼻づまり解消法は?

kasituki

まずは鼻づまりの「原因」です。

赤ちゃんの鼻は小さく、鼻腔内もとても狭いため少しの鼻水でもつまってしまいます。

しかも、小さいにも関わらず大人並みの鼻水が分泌されるといわれています。

鼻がつまりやすいのも納得ですよね。

アレルギーや風邪が原因の場合もありますが、基本的には鼻がつまりやすいという事です。

そんな鼻づまりを自宅で解消してあげる方法がいくつかありますので、紹介していきましょう。

①綿棒を使う
最近は、赤ちゃん用の小さい綿棒が売っています。

そんな赤ちゃん用の綿棒で、目に見える範囲でいいので鼻の中のゴミ等をゆっくり取り出してあげてください。

この時、無理に出すと傷が出来てしまい炎症を起こしてしまう事もありますので、無理はしないこと。

②吸引器を使う
昔は赤ちゃんの鼻に、お母さんが口をつけて吸い出すなんて事もあったようですね。

昔はあなたの鼻を吸ってあげたのよ、なんて言われた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、お母さんと言えと口内には雑菌があり、現在ではオススメできる方法ではありません。

最近では鼻水吸引器が市販されていますので、専用の吸引器を使用して鼻水を出してあげるのが良いと思います。

ただ、あまり使いすぎると逆に鼻腔内を傷つける可能性もありますので、頻繁にやりすぎないように気をつけてくださいね。

③入浴をする
血行が悪くなると鼻の粘膜も詰まりやすくなるといわれています。

お風呂に入る事が血行が良くなり、鼻づまりが解消される事があります。

大人の方でも経験があるのではないでしょうか。

赤ちゃんも同じです。

湿度が高いお風呂の中にいることで粘着の高い鼻水が出る事もあります。

すぐに入浴出来ない場合に、蒸したガーゼやタオルで鼻を温めるだけでも良いので、実践してみてください。

④加湿器を使う
乾燥が原因で鼻づまりを起こしている場合もあります。

加湿器をつけ、室内の湿気を高める事で鼻の通りが良くなる事もあります。

加湿器がない場合、洗濯物を室内干ししておくのもいいんですよ。

加湿器は、インフルエンザ予防にも効果があるとされてますので、50~60%程度の湿度を保つと、良いようですね。

⑤上半身を起こしてみる
赤ちゃんが寝る時に、タオル等で、少しだけ上半身を起こしてみてあげてください。

鼻の通りが良くなる事があるので鼻づまりを起こしていても寝やすくなる場合があります。

赤ちゃんのちょうど寝やすい角度を探してあげておくと赤ちゃんがグズったりして、なかなか眠れない時の対処法になると思いますよ。

まとめ

言葉で意思を伝えられない赤ちゃんにとって、苦しみを取り除いてあげるために頼れるのはお母さんしかいません。

普段から、少し気をつけてあげる事で回避できる事もあります。

赤ちゃんが過ごしやすい環境作りを心がけてあげてください。

でもどんなに心がけていても、なるものはなります。

それは仕方ないと割り切ってしまいましょう。

そしてそんな時は思いつめず、誰かに助言を求めるのも良いですし、お医者さんに相談するのも良いと思います。

赤ちゃんの時期は大変ですが、ほんのひと時。

すぐに大きくなってきますよ。

無理せず、のんびり子育てライフを楽しんでくださいね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ