吉野山の桜2016の開花予想は?見頃やライトアップはいつ?

春になると様々な桜の名所の情報が飛び交い桜の名所は数々あると思いますが、奈良県吉野山の桜の名を挙げる方は多いのではないでしょうか。

吉野山

日本一の桜の名所とも言われているため、一度は見ておきたいと思う方も多いのでは。

今年の春は吉野の桜を見てみたいと思う方は、吉野山の桜の開花予想が気になりますよね。

そこで今回は吉野山の桜2016年の開花予想見頃ライトアップなどについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


 

奈良吉野山の桜の見所は?

奈良の吉野山は、大峯連山の北の端から南に約8km続いている尾根一帯のことです。

そんな吉野山には古来桜が多いそうで、シロヤマザクラを中心にその数なんと約200種3万本!

開花時期には、桜が咲き誇り山全体が桜で覆われているようになりそれはそれは見事です。

全国に千本桜と称される名所は数ありますが、吉野の桜が日本一の桜と称されるのも頷けます。

歴史はとても古く、遡る事約1300年前。当時は山に神が宿っていると言われ、信仰の対象になっていたようです。

桜は御神木として献木され、植え続けられたそうです。

吉野の桜は、お花見のためではなく、ご神木として大切にされてきた桜なんです。

吉野の桜が日本全国にある多くの桜の名所と異なるのは、信仰の桜として古来より大切に保護されてきた事ですね。

吉野の桜は下、中、上、奥と四ヶ所に密集していてそれぞれ、「下千本(したせんぼん」「中千本(なかせんぼん)」「上千本(かみせんぼん)」「奥千本(おくせんぼん)」と呼ばれているんですよ。

それぞれの開花予想と見頃はどうなっているでしょう。

奈良吉野山の桜の開花予想と見頃は?

吉野山

奈良吉野山の桜の開花予想は、それぞれで異なります。

【下千本】
開花予想日は3月30日頃
満開予想日は4月6日頃

【中千本】
開花予想日は4月2日頃
満開予想日は4月8日頃

【上千本】
開花予想日は4月4日頃
満開予想日は4月11日頃

【奥千本】
開花予想日は4月12日頃
満開予想日は4月18日頃

例年、奈良市内の桜が満開してから5日前後で吉野桜が見頃と言われています。

下千本から順に見頃があり、長く楽しめそうですね。

下千本には吉野山のシンボルとも云われている、世界遺産の蔵王堂がありますので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

奈良吉野山の桜のライトアップ期間は?

吉野山では桜の開花時期によって吉野山全域の桜ライトアップされます。

期間は4月4日(金)から4月29日(火)まで

山々が幽玄な美しさで包まれるライトアップは、一見の価値ありですよ。

奈良吉野山の桜へのアクセスは?

【公共交通機関】
・京都からは近鉄電車(橿原神宮前にて乗り換え)吉野駅下車
・大阪からは近鉄電車(大阪阿部野橋より直通あり)吉野駅下車
・名古屋からは近鉄電車(大和八木、または橿原神宮前にて乗り換え)
吉野駅下車

【車】
・京都市内(国道24号線)→城陽IC(京奈和自動車道)→木津IC
(奈良バイパス)→郡山→橿原バイパス→橿原(国道169号線)→吉野

・大阪市内(阪神高速14号松原線)→松原JCT(西名阪自動車道)
柏原IC(国道165号)→橿原(国道169号)→吉野

・名古屋市内(名古屋高速5号万場線)→名古屋西JCT(東名阪自動車道)
亀山IC(名阪国道)→針IC(国道369号~370号)→吉野


 

奈良吉野山の桜の混雑具合は?

桜が開花する時期には、電車もとても混み合います。

午前10時頃くらいから、ケーブルやバスを待つ人で長蛇の列ができるほどだそうです。

早朝に行けば混雑は避けられるかもしれません。

車もかなりの混雑が予想されるようです。

毎年交通規制が実施され、今年も実施予定のようですね。

駐車場は如意輪寺駐車場から上が殆どとめられるところがないようですので、車を停めるだけでも一苦労しそうです。

交通規制の場所や駐車場の場所は事前に確認し、早めに行動されることをおすすします。

吉野山観光協会の公式HPです。

http://www.yoshinoyama-sakura.jp/parking.php

まとめ

吉野山

吉野の桜について調べてみて、ますます行きたくなりませんか?

一目千本桜とも言われる約3万本の桜を見る事が出来る機会は、そうそうないと思います。

お花見のために植えられた桜ではなく、ご神木として献木されていると言うのも、神秘的な印象になりますよね。

1300年前から続く桜の古木の美しさと、世界遺産に触れる旅が楽しめそうですよ。

日本一の一目千本桜と称される吉野山の桜、ぜひぜひ見に行ってみてくださいね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ