卒業式の母親の服にコサージュはつける?色は何色がいい?

大切に育ててきた我が子が、無事卒業式を
迎える事が出来るのは幸せな瞬間ですね。

sotugyoutop

特に母親にとって、毎朝お弁当を作ったり
した方もいらっしゃるでしょうし、
感慨深いものがあるでしょう。

我が子が様々な事を学んできた、学び舎を
巣立つ姿を見届ける事が出来る卒業式は、
親にとって至福の時間なのかもしれません。

特に母親の場合、卒業式の服や靴の準備を
している時に、卒業式の服にコサージュが
必要かどうかを考えたはありませんか?

そこで今回は卒業式母親の服コサージュ
必要かどうかを調べてみたので紹介しますね。

スポンサーリンク


 

卒業式の母親の服にコサージュはつけるものなの?

母親が卒業式の服にコサージュを付けている姿は、イメージだけでなく実際に多いですね。

殆どの母親がコサージュを付けているのではないでしょうか。

理由は、コサージュがフォーマルな場で使用する、アイテムと言う事だからです。

母親が着る卒業式の服は、シックな色が多く、黒、ネイビーと言った、地味な色のスーツで参加する方が殆どなのではないでしょうか。

このようにシックな色のスーツになるのは、あくまでも卒業式の主役は子供だからですね。

だから周りの人間は、あまり華やかになりすぎないようにマナーがあるからです。

ただ、シックな色合いのスーツだけでは、どうしても地味な雰囲気になってしまうでしょう。

そんな時に、コサージュがあれば華やかになり、フォーマルの場にふさわしい卒業式の服になると言う事です。

と、ここまで書きましたが、実はコサージュは付けなければいけない、と言う決まりはありません。

卒業式は、式典ですからベーシックな色で、尚且つ派手すぎないデザインのスーツで参加すれば良いのです。

コサージュは付けなくても良いですが、やはり付けたいと言う方に、おすすめの色をご紹介しましょう。

卒業好きの母親の服につけるコサージュのおすすめの色は?

sotugyousiki

卒業式の服自体は、シックでダーク系の色になる事が多いと思いますので、
明るめの色がおすすめ。

卒業式が春であると言う事を意識し、ベージュやピンク、オフホワイト等がいいでしょう。

シンプルなスーツに合わせやすく、華やかで且つ清潔感を感じる服装に見えると思いますよ。

但し、ダーク系のスーツに、コサージュの色を濃くしてしまうと、夜のパーティー風に見えてしまう可能性も高くなります。

喪服をイメージしてしまう黒や、真っ赤、紫と言ったハッキリとしたキツメの色は、清潔感が欠けてしまう可能性がありますので、避けましょう。

卒業式の母親の服につけるコサージュのおすすめのデザインは?

次はデザインです。

コサージュも様々なデザインがあるので、どれを選べばいいのか悩むと思います。

卒業式が春なので、桜の花をモチーフにしたデザインのコサージュはおすすめです。

また、華やかなバラや、パールのついたコサージュなんかも素敵ですね。

サテン生地のコサージュは、上品なので、落ち着いた雰囲気に仕上げたい方にはピッタリかもしれません。

コサージュの付け方と基本の位置は?

コサージュを付ける位置を確認しましょう。

左右どちらにつけてもマナーに問題はありません。

付けやすいと言う理由で、左側に付ける方が多いようです。

付ける位置は、左胸より少し高めで、鎖骨の辺りにつけると一番きれいに見えると言われています。

もし、襟がある場合は、襟の部分につけても構いません。

襟がなかったり、襟がコサージュを付ける程幅がない場合は、鎖骨付近につけていただくと良いでしょう。

コサージュじゃなく、ブローチでもいい?

ここまでコサージュの話をしてきましたが、ブローチじゃだめなの?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ブローチでも構いません。

ブローチを着けられるのなら、パールはいかがですか。

パールはフォーマルな場にふさわしく上品な印象になると思いますよ。

まとめ

卒業式の主役は子供ですので、華やかにしすぎない事が大切ですが、地味すぎるのも寂しいかと思います。

必ずコサージュを付ける必要はありませんが、胸元を華やかに演出する事で印象も変わるのではないでしょうか。

上品なファッションで、お子さまの門出をお祝いしてあげてくださいね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ