入学祝いのお返しマナー!時期や相場はいくら?のしの書き方は?

子どもが学校に入学。

入学

大切に育ててきた子どもが学校に
入学するくらい大きくなったと思うと
感慨深いものがありますよね。

そんな入学に際してつきものなのは、入学祝い。

入学祝いをいただいた場合、嬉しい反面、
お返しのマナーについて悩んでいませんか?

基本的に入学祝いは両親や親せき等の
親族間の内祝いですが、今後の親戚付き合いの
ためにもきちんと対応しておきたいですよね。

そこで今回は入学祝いをいただいた時の、
お返しマナーについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク


 

入学祝いのお返しマナー!頂いたらお礼はどうするの?

入学祝いを頂いたら、心を込めてきちんとお礼を伝える。

本来はそれだけで良いのです。

最近はメールが主流なのかもしれませんが、こう言う場合は、子供本人がお手紙を書いて、お礼の気持ちを伝えてみると、好感が持てるのではないでしょうか。

本来は、お返しはお礼の気持ちで良いとされていますが、最近はギフトが多様化されていることもあり、お返しの品を用意される事が多くなっているようですね。

入学祝いのお返しマナー!お返しは必要なの?

入学祝いをいただいた時のマナーとして、お返しは「不要」がマナーなのです。

入学祝いの対象は誰でしょうか?

入学されるお子さま、なのです。

お子さまがお返しすると言うのはおかしな話ですよね。

本来はお返しは不要ですが、いただいた事に対して心を込めてお礼を伝える。

それがマナーなのです。

それでもお返ししたい場合、いつがいい?

お返しをしない事がマナーとは言え、お子さまの大切な門出を祝って頂いたのですから、気持ちとしてお返ししたいと思うのも間違いではありません。

では、お返しする場合はいつの時期が良いのか悩みますよね。

入学祝いを贈られる事自体、地域によって習慣が異なる場合があります。

まず、必要な事は、贈り物が届いた時点でお子さま本人から送り主にお礼を伝える事です。

直接いただいた場合はその場で、送っていただいた場合は電話でいいでしょう。

送り主にきちんとお礼を伝える事は重要です。

そして、何かギフトを贈る際には、一か月以内にはお返しするのがマナーとされています。

入学祝いのお返しの相場はいくら?

入学祝いは、一般的に一万円程度が妥当だと言われています。

一方入学祝いを頂いた側のお返しの相場として1/3くらいから半額程度と言われていますのでだいたい3,000円~5,000円くらいが妥当と言えるでしょう。

相場はあくまでも目安です。

入学祝いを送ってくださる親族との親密さや間柄によって金額も変わってくると思います。

入学祝いをいただいた金額の1/3くらいから半額程度を目安に、お返しの品を考えてみましょう。

お返しの「のし」の書き方は?

nosirei

入学祝いのお返しの「のし」は蝶結びの水引を使用します。

「結婚」や「快気祝い」などの、何度も繰り返したくないお祝いに関しては一度きりで簡単にほどくことの出来ない「結び切り」を使用します。

一方「蝶結び」は、何度でも結び直す事が出来る事から何度繰り返しても何度あっても良いおめでたいお祝いに使いますので、水引を間違えないよう注意しましょうね。

そして、のしの表書き上部分は「入学内祝」、もしくは「内祝」と書いてください。

水引の結び目より下部分にはお子さまの名前を書きましょう。

特に決まりがあるわけではないのでお子さまの下の名前のみで良いと思います。

お子さまが高校生以上の場合は、フルネームでも良いかもしれません。

まとめ

忘れてはいけない事は、お子さまからのお返しである事です。

お祝いをいただいたのも、お返しするのもお子さまなのです。

お返しの気持ちをお子さま本人が伝えることで、お祝いしてくださったご両親や親族の方々等にお子さまの成長を伝える意味も含まれているのですよ。

お子さまと相談してお返しを考えるのも親子のコミュニケーションとともに、一緒にマナーを学ぶ機会になると思います。

親子でマナーを学びながら、お子さまの素敵な門出をお祝いしてあげてくださいね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ