ひな祭りの初節句のおもてなしメニューは何がいい?おみやげのおすすめはコレ!

もうすぐ三月三日「ひな祭り」ですね。

ひなまつり

ひな祭りは女の子が健やかに成長してくれますように
との願いを込めてひな人形を飾りお祝いしますよね。

日本では伝統的な行事の一つですが、
もともと女の子のためのお祭りでは
なかった事はご存じでしょうか。

実は、穢れや邪気を払うための儀式だったものが
江戸時代、徳川幕府によって節句のひとつに
定められ国民的重要な行事になったようです。

そんな由来のある伝統行事の一つ「ひな祭り」。

お嬢様の初節句ともなれば盛大に
お祝いしてあげたいと思うでしょう。

そして、招待した方々をおもてなししたい!と
思いませんか?

そこで今回は大切な初節句をご家族やご友人と
お祝いするために、ひなまつりおもてなし
メニューを紹介してきたいと思います。

スポンサーリンク


 

ひな祭りの初節句のおもてなしメニューは伝統の行事食で!

ちらし寿司と、はまぐりのお吸い物。

このセットは行事食としては、ぜひ抑えておいていただきたいメニューです。

また、菱餅やひなあられも準備しておきたいメニューの一つですね。

ただ、ひなあられは、関東と関西では少し異なることをご存じでしょうか?

関東のひなあられは、お米を爆ぜて作る、いわゆる「ポン菓子」を砂糖等の甘味料で味付けして作られたものが主流のようです。

このポン菓子をひなあられとして命名された理由は諸説あります。

一方関西でのひなあられは、俗に言う「おかき」で、味付けは醤油等のしょっぱいおかきです。

もともとはひな祭りの伝統食の一つである菱餅を砕いて作ったのが始まりと言われています。

このように関東と関西では異なるひなあられ。

最近は大手スーパーやインターネット等で、どちらも手に入りやすくなっておりますので食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。

後は白酒なんかも用意しておくと完璧でしょう。

ちなみに白酒は甘酒とは違うもので、白酒に似た飲み物として甘酒をだされる所もあるようです。

白酒は大人用、子供用にノンアルコールの甘酒を用意しておくのがいいでしょう。

ひな祭りメニューの意味は?

hinamaturitirasi

ひな祭りのおもてなしメニューを作るのなら、メニューの意味を理解しておくとよりおもてなしの心が伝わるのではないでしょうか。

【ちらし寿司】
ちらし寿司そのものと言うよりは、中に入る具材それぞれに縁起の良い由来があります。

海老は「長寿」。

背中が曲がるくらいおばあちゃんになるくらい長生きできますようにとの願いが込められています。

また、れんこんは「将来の見通しが良くなる」ですね。

豆は「健やに、まめまめしく働けるように」との願いからです。

そしていくらは、鮭の卵ですが鮭はとても強い魚なので縁起が良いとされ、沢山卵が産まれる事から「子宝に恵まれる」と言います。

このように縁起が良い具材が沢山入り、彩に三つ葉や金糸卵等も入れ、ひな祭りの定番メニューになっていったようです。

【はまぐりのお吸い物】
はまぐりの貝殻は他の貝殻と絶対に合いません。

二枚の貝がぴったりと合わさるのは、はまぐりだけなのです。

はまぐりは(貞操)をあらわしているとも言われお嬢さんが貞操を守り相性の良い素敵な相手と結ばれますようにとの願いが込められています。

【菱餅】
中国由来の食べ物ですが、菱型そのものには大地をあらわしているとか、心臓をあらわしているとか諸説あるようです。

そして、ピンク色は「魔除け」、白は長寿や子孫繁栄や純潔」、緑は「健康」などをあらわしていると言われてます。

順番も大切で、上からピンク、白、緑の順番になっています。

これは「真っ白の雪の下には、緑の新芽が芽吹いていて、桃の花が咲いている」と言うような春の色鮮やかな美しい情景を表しているそうですよ。

【ひなあられ】
昔は女の子たちが、ひな人形を持って出かけ、春の美しい風景をひな人形に見せてあげると言う「ひなの国見せ」と言う習慣がありました。

その時に一緒に持っていったお菓子がひなあられだと言われています。

ひなあられの色にも理由があり、ピンクは春、緑は夏、黄色は秋、白は冬と四季を表しているんですね。

四季をあらわすことで、大切なお嬢さんが「四季を通して健康で幸せな一年を過ごせますように」とのご両親を始め家族の願いが込められているのかもしれません。

【白酒】
白酒はその昔、中国では桃花酒を飲んでいたものが白酒に変わったようです。

桃は不老長寿の木であり邪気を払うと言われており、穢れ(けがれ)を払う意味で節句に飲まれていました。

現在は白酒になっておりますが、同じく邪気を払うと言う意味があるようです。

ひな祭りの初節句のおもてなし方法

大切なお嬢さんが初節句を迎える時、お客様をおもてなしする方法として伝統食でおもてなしする事の他に、伝統的な遊びを取り入れてみるのはいがかでしょうか?

ひな人形のお道具として一緒に付いてくることもある貝合わせ。

貝合わせに使う貝は先にも出ていますようにはまぐりで、在の百人一種のようなものです。

普段なかなか目にすることはないであろう貝合わせに興じてみる事もおもてなしの一つになるでしょう。

ひな祭りの初節句のおみやげは何がいい?

hinaarare

ひな祭りの初節句ともなれば、来ていただいた方々への最後のおもてなしの気持ちとしておみやげをお渡しするのもいいですね。

招待するのは、実家や義実家のみと言う方も多いかもしれませんし、何より気持ちですから大層な物を用意する必要はありません。

例えば、ひなあられであるとかフルーツなんかも喜ばれるでしょう。

但し、きちんとした手土産を用意したいと思っていらっしゃる方は、桜餅やひな祭りにちなんだ生菓子何かを用意しておくのも良いかも。

その際は熨斗を付けていくと良いかと思います。

表書きには「内祝」とし、下は苗字不要で娘さんの名前のみを記入しておきましょう。

お食事でおもてなしされている事自体が内祝いとなっていますので、手土産は気持ちで良いと思いますよ。

ひな祭りの初節句で注意するべきことは何?

大切なお嬢さんの初節句です。

折角の初節句のおもてなしが台無しにならないよう、事前に注意点を確認しておく事も必要ですね。

ひな人形やお祝いの品等があれば、招待した皆さんに見ていただけるように配置しましょう。

両家の両親や親せき、友人等招待した方々は、普段あまり顔を合わせる事がないですよね。

話が弾まず、気まずい雰囲気にならないよう席の配置に気をつけることも必要でしょう。

また、両家の両親にとっては大切な孫の初節句なので、記念に写真やビデオに収めてあげると喜ばれると思いますよ。

まとめ

いかがでしたか。

初節句のおもてなしについて、心の準備はできたでしょうか。

お嬢さんの初節句のおもてなしを、招待された方々が楽しくお祝いしていただけるように心がけましょう。

お嬢さんが大きくなった際に、楽しかった思い出として語ってあげられるよう、「おもてなし」を頑張ってみてくださいね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ