ささくれができる原因や剥いてはいけない理由とは?治し方はコレ!

「寒さと同時に襲い来るささくれが怖すぎる…」

itawarute

冬の寒さと共に女性達を襲うのがささくれ。

その痛みが怖すぎて水仕事を避けたくなったり、
カサカサになりすぎて人と手を繋ぐのが
億劫になっちゃったりします。

ついつい剥いたらさらに悲惨な事になっちゃった
なんて方も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は、そんな悩める女性達の永遠の
ライバルであるささくれができる原因

剥いてはいけない理由から正しい治し方まで
しっかりご紹介していきたいと思います。

これを機に、今年こそは痛くない冬を過ごしたいですね。

スポンサーリンク


 

ネイルも原因?ささくれが出来るのは乾燥だけじゃなかった

ささくれが出来る原因と聞くと、水仕事などによる手肌の乾燥が大きいように感じます。

乾燥した空気の中、冷たい水仕事は肌の水分を失くしていきます。

特にこの時期使いがちなお湯の方が、洗剤と相まって水分も油分も失くしてしまうそうですよ。

これ以外にも、ネイルやジェルネイルの際に行う甘皮除去やアルコール消毒も原因になります。

爪が弱いという理由でネイルをつける方も多いと思いますが、これは注意したいですね。

また、この他にも栄養の偏りや血行不良、体調不良も重なる事もあります。

ささくれを剥くのは二次被害に繋がる?

batujirusi

ささくれが出来るとつい剥いてしまうと思います。

どこかに引っかかって割けるのも痛いですから、その気持ちもとっても分かります。

でも、ささくれが綺麗に剥ければ良いですが、他の皮膚まで剥けてさらに激痛なんて事もありますね。

しかも、そこから炎症を起こしちゃうと腫れたり膿を漏ったりと二次被害を起こしてしまう可能性もあります。

たかがささくれ、されどささくれ。

軽く見ず、正しく処理したいですね。

皮膚科医師が教えるささくれの正しい治し方

-準備物-

・アルコールなどを含ませた脱脂綿など
・小さい爪切り(眉用ハサミでも可)
・キューティクルオイル
・絆創膏

-処理の仕方-

・アルコールなどを含ませた脱脂綿などで爪切りを消毒します。

・ささくれを根元から切ります。くれぐれもささくれをぐいっと引っ張ってしまわないよう注意しましょう。

・切った痕に傷口がなければキューティクルオイルで保湿。ちょっと切れてしまった場合には軟膏を塗って絆創膏をします。

ささくれが化膿してしまった時の治し方

ささくれの中にばい菌が入ってしまう事で化膿すると、場合によっては骨にまでばい菌が入って壊死してしまう事もあります。

一番は病院で化膿止めを貰うのが一番ですが、なかなか行けないという場合もあります。

そこで自宅ですべき治療が膿を取り除く事です。

この場合は、まず先述したアルコールなどを含ませた脱脂綿などで針を消毒します。

針は先の細いものが望まれます。

安全ピンでも良いですね。

とにかく殺菌が大切です。当然ですが、手も必ず洗います。

針を患部に刺し、痛いですが膿を押し出します。

その後ゲンタシン(ゲンタマイシン)もしくはドルマイシンといった殺菌作用のある軟膏を塗って絆創膏をします。

肉芽といって、化膿部分に蔓延しすぎたばい菌を隔離する部分が出来た場合には、クエン酸をつけるとぽろりと綺麗に取れるといわれています。

まずは作らない事が大切!ささくれの予防には正しいハンドクリームの塗り方を

やっぱり何だかんだいっても、予防には保湿をする事が大切です。

水仕事が多い場合にはゴム手袋をするのもおすすめです。

した後にはハンドクリームが必須なのですが、その前に手についた水分を優しく拭き取ります。

ゴシゴシこすらず、手をタオルで包むようにし軽く押し付けるようにふき取る事が大切です。

ここからおすすめなのが化粧水をしてからハンドクリームを塗る事。お顔のスキンケアと一緒ですね。

品質よりも沢山使えるたっぷりの安いもので大丈夫です。

次にこれは特にささくれが出来やすい方向けなのがキューティクルオイルを指先に馴染ませる事。この後にハンドクリームを塗ります。

無ければワセリンでも大丈夫です。

ハンドクリームは手のひらで温めてから全体に馴染ませます。

あまりに手あれが酷い場合には、寝る前にこれを行って、コットンやシルクの手袋をするのがおすすめです。

この他、ビタミンやミネラルを多く含んだバランスの良い食事を摂ったり、睡眠を含んだ充分な休息を摂ってストレスを溜めない事が大切です。

まとめ

「意外な敵、水絆創膏」

冬の手荒れ…どころか、訪問入浴という介護の仕事上、万年手荒れ状態の筆者。

あまりに普通のばんそうこうが意味を成さないので、水絆創膏を購入してみました。

染みないというその言葉を信じ早速塗ると、なんと激痛!

そう、水ばんそうこうって接着剤と一緒で一気に固めるので、塗る瞬間はあの痛みがあるらしいです。

お願いだからその説明も入れていただきたいと切に願う方はきっと少なくないはず。

あの痛みがなければありがたいなと思う一品であります。

自然治癒力を促すためのものなので、使いたいなと思った方は御覚悟を。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ