傷跡を消す市販薬とは?アットノンの効果と使い方は?

気付くとある、あんなトコやこんなトコの傷跡…。

oonakiyubi

そんな人におすすめしたいのが、小林製薬のアットノンです。

ネットで調べてみるとその効果の高さが窺える口コミが
多数ありましたが、こんな間違ったものも。

「シミは消えないの?美白効果があるって聞いたのに」

はい、消えません。その本当の効果は後述しますが、
残念ながら美白効果はないといわれています。

とある方が「そのへんの美白化粧品より全然いいね」
なんて言って流れた情報のようですが、
傷跡はあくまで傷跡なので美白効果は関係ないんですね。

それでは、傷跡消すアットノンの本当の効果と、
より高い効果を得られる使い方についてお話していきましょう。

スポンサーリンク


 

ネットではあんな利用法も?市販薬アットノンて結局なに?

大手薬品メーカー小林製薬株式会社が2010年から中国、四国地方で限定販売を開始したアットノン。

その後、売れ行きの好調さから2011年には全国販売を開始しました。

そもそものターゲットは古い傷跡を目立たなくしたい方でしたが、その売上は特に夏場に伸長。

もちろん、肌を露出する機会の多い女性を中心に支持がされたのですが、みんなが消したいのは傷跡だけではなかったようです。

というのも、主成分ヘパリン類似物質の効果の高さから、その実用性は非常に高く、傷跡はもちろん、日焼け跡にまで効くというでないですか。

また、ガサガサになってしまったひじ、ひざ、くるぶしやかかとをツルンとキレイな状態に戻すなんてのも出来るのです。

ただ、即効性はなく継続使用が必要との事。

徐々に薄くなっていくみたいですね。

さて、そんなアットノンの難点はなんといってもそのお値段。

15gという内容量で970~1500円代は、ちとお金のない学生さん達にはなかなかなコスパであります。

まぁ、ニキビ跡なんかも消せちゃうから万能薬として使えば安いとは思うのですが。

ちなみに、顔に関しては小林製薬では実証例がない為おすすめしていません。

ネット上では色々な方が顔にも効果があったといっていましたが、あくまでも自己責任で…との事でした。

傷跡を消すだけじゃない?アットノンの驚き効果

アットノンの効果は、主に3つの作用から生まれます。

1.乾燥しやすい傷跡に水分保持機能を取り戻し、保湿性と柔軟性を与える

2.傷跡部分の表皮より深い真皮内で慢性的に起きている炎症を鎮め、本来皮膚が持っている機能を回復する

3.皮下組織と呼ばれる一番深い部分の血流を良くし、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を促進する

 

これらの働きにより、傷跡や火傷跡、またニキビの跡といった赤みや炎症によってダメージを受けてしまった患部を改善する事ができます。

この3つの働きを促してくれるのが、主成分となっているヘパリン類似物質。

へパリンとは、国内で約50年以上前から使用されている成分の1種で、コンドロイチン・ヒアルロン酸などと同じ作用をもっています。

本来肝臓内で生成されるもので、体内に幅広く存在しており、血液凝固抑制、細胞増殖、脂質代謝を促します。

アットノンに入っているのはコンドロイチンをさらに精製している類似物質なので、水溶性で肌馴染みがよく、刺激が弱いというメリットがあります。

これにより、傷跡を消すだけでなく、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしが硬くなる角化症、手荒れや乾皮症を予防。

しもやけや、打撲・捻挫後の腫れや筋肉痛を含む関節痛の緩和にも効果があります。

hadayorokobu

長期使用が決め手!アットノンの効果的な使い方

アットノンを効果的に利用する為には、自分のターンオーバー周期に合わせて利用するのが一番だと公式HPでいわれています。

ターンオーバーとは、簡単にいえば肌の衣替え。

いつ行われているかは定かでありませんが、一般的に月経同様28日周期だとされています。

だからこそ、より高い効果を感じる為には継続した実用が必要。2、3日使っただけでは意味がないのですね。

とはいえ、残念ながら新陳代謝というのは年齢や生活習慣とともにサイクルを崩しやすいもの。

そこで調べてみますと、やはり28日周期なのは20代まで。30代以降は以下のように変化していく事がわかりました。

30代…約40日
40代…約55日
50代…約75日
60代…約100日

 

ちなみに10代では20日周期。

赤ちゃんは2、3日でターンオーバーが起こるといわれています。

敢えて“約”と表記したのには生活習慣が影響するから。

寝不足や喫煙、食習慣などによってターンオーバーは乱れやすく、とある説によれば年代周期+実年齢という考えもあるとされています。

アットノンを効果的に使うなら、継続的に利用する事はもちろんのこと、生活習慣を見直す事も必要だといえるのではないでしょうか?

まとめ

「消したい傷跡が消えるなんてありがたいですね」

意味深なタイトルですが、特に深くはありません。

そのままの意味なのであしからず。

人によっては傷の大きさなどから難しい場合もあるようですが、それでも、その憎き傷跡が消えるのは嬉しいと思います。

色素沈着という意味でのシミやくすみは消す事が出来ないのは残念ですが、そうなったら本当に万能薬ですよね。

小林製薬さんといえば他にも色々な商品が販売されています。

これからも、皆さんのお役に立つ商品をたくさん出して欲しいですね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ