インフルエンザの頭痛!ロキソニンを飲んでも大丈夫?効果はある

秋のお彼岸が過ぎ、急に秋めいてきて、
涼しくなってきましたね。

もう少しすると風邪の心配はもちろんですが、
インフルエンザも気をつけねば。

インフルエンザ

通常、風邪といわれるものと、インフルエンザは
ウィルスが違いますから、症状にも差があります。

特にインフルエンザの場合、38℃以上の高熱が出るので、
寝込んでしまい、頭痛がすごくて診察を受けられません。

せめて、起き上がることができさえすれば、行けるのですが…。

風邪での熱を下げるのによく頭痛薬いわゆる解熱剤を使います。

今はいろんな種類の解熱剤がありますが、以前は
医師からの処方でしたもらえなかった薬が今は市販薬として
薬局で手に入れることができるようにまりました。

ロキソニンです。

もちろん薬剤師に相談しなければ買えませんが、
もし、家に以前買ったロキソニンがあった
ら飲んでもいいのかな?

他の薬に比べて安全性も高いし、
熱は下げたいし、頭痛も収めたいし。

本当に大丈夫?

そこで今回はインフルエンザ頭痛
ロキソニンはいいのか?、
効果はあるのかさっそく見てみましょう。

スポンサーリンク


 

インフルエンザのときにロキソニンを飲んでも大丈夫?副作用はあるの?

インフルエンザのとき、ロキソニンを飲んでもいいの?

まずインフルエンザと風邪の違いって何でしょう?

似ている症状が多いので、勘違いしてしまいがちです。

風邪は様々なウィルスによって起こりますから、症状としてはのどの痛み・鼻汁・くしゃみ・咳などがあります。

全身症状もないし、発熱もそれほど高くなく、重症化しません。

インフルエンザはインフルエンザウィルスによって起こります。

38℃以上の発熱・頭痛・関節痛・筋肉痛など、全身の症状が突然現れ、合わせて風邪の諸症状ののどの痛み・鼻汁・咳なども。

子供はまれに急性脳症になったり、高齢者も免疫力の低下で肺炎を患ったりと、重症化します。

また、インフルエンザに風邪薬は効きません。

発熱や鼻汁、咳などの症状を和らげることはできますが、高熱や全身の症状には皆無です。

インフルエンザに使うことのできる市販薬はないのです。

それでも、以前は処方薬だったロキソニンならいいのでは?と思いたくなります。

ロキソニンは解熱や鎮痛、炎症を抑えるだけでなく、痛みや発熱を増強させる物質「プロスタグランジン」の生成を抑え、関節リウマチ・関節痛・歯痛・頭痛・生理痛・発熱などを緩和する薬として処方されているのです。

また「ポルタレン」や「アスピリン」に比べ副作用が少なく、安全性の高さから、術後の鎮痛や消炎などにも使われています。

しかし、5~19歳の子供にはけいれんや意識障害などを発症させる「インフルエンザ脳症」や脳や肝機能に障害を及ぼす「ライ症候群」などを発症させる危険があるので、絶対飲ませないでください。

また妊娠中や授乳中の方は服用を避け、高齢者や心臓の・血管・肝臓・腎臓のなどの病気で通院している方も、自己判断せずにかかりつけのドクターに相談してからに。

インフルエンザの頭痛にロキソニンの効果は?熱は下がる?

では、実際ロキソニンはインフルエンザに効くのでしょうか?

ロキソニンはインフルエンザでの解熱や鎮痛に効果はあります。

また、高熱や激しい頭痛でも、症状を落ち着かせるために服用してもいいですが、あくまでその場の対処療法に過ぎないので、インフルエンザウィルスには効果がありません。

そもそも熱が出るのは、体がインフルエンザウィルスと戦っているから。

体の防衛反応として、ウィルスの活動を抑えようとしているためです。

ロキソニンを飲むことで、体への負担は和らぎますが、薬の影響で体を冷やしてしまい、ウィルスへの攻撃は弱まってしまいます。

インフルエンザの症状を長引かせないようにするためにも、ロキソニンの服用は発熱や痛みが辛い時だけにしましょう。

他の薬との併用は?

インフルエンザ治療薬との併用は大丈夫?

診療後はインフルエンザの治療薬を処方されます。

今、有効な治療薬は以下のとおりです。

●タミフル
一番多く処方されている治療薬です。
服用後は急激に上がった高熱が翌日には微熱程度まで下がり、だるさや咳、鼻水なども緩和されます。

●イナビル
2010年に発表されたばかりの新薬です。
インフルエンザの活動を抑え、体本来の免疫をサポートし、急な発熱や痛みなどを短縮します。

●アセトアミノフェン
副作用が少ない解熱、鎮痛剤成分です。
血管を広げて熱を逃がし、痛みを緩和します。
ただし、原因を治すほどの効果はありません。

●カロナール
アセトアミノフェンを主成分とした解熱、鎮痛剤です。
風邪などの発熱や頭痛、のどの痛み、生理痛、神経痛、筋肉痛を抑えます。

●リレンザ
タミフル同様の抗インフルエンザウィルス薬です。
吸引型で、即効性があり、タミフルが効かなかった耐性ウィルスにも効果を発揮しているようです。

●シンメトレル
1998年にA型インフルエンザウィルスに効果を出した薬です。
もともとはパーキンソン病の治療薬として開発されました。
発症後48時間以内の服用が重要です。

これらの薬だけで良いと思うのですが、ロキソニンを飲むとしたら、タミフル、イナビル、リレンザは問題ないようです。

あと、血栓症の治療薬「ワルファリン」、リウマチに使う「メトトレキサート」、糖尿病の治療薬「アマリール」や「グリミクロン」を服用していたら注意です。

飲み合わせによって、薬が過剰に効いたり、副作用が出る恐れがありますよ。

処方された以外の薬は飲まない方が安全なのです。

まとめ

インフルエンザの対処薬としてのロキソニンを見てきました。

よくインフルエンザにかかったら、解熱剤は飲まない方がよいと聞きます。

インフルエンザは38℃以上の高熱を発し、その状態が数日続きます。
熱を下げたい思いで解熱剤を飲んで、却って重症化してしまう危険性が。

強い解熱効果のある薬は、特に子供には禁じられているそうです。

ですから、たとえ安全で優しいとされるロキソニンでも解熱剤ですから、飲んではいけないのではと思っていました。

インフルエンザは抗インフルエンザウィルス薬でなければ治りません。

いくら、熱が下がったり、のどの痛みや鼻汁や咳が治まっても、肝心のウィルスをやっつけてはいませんから。

ロキソニンはインフルエンザには効かず、緩和するだけです。

なので、緩和したらすぐにきちんと診察してもらい、治療薬を処方してもらって、服用しないといけないのです。

緩和状態を治ったと思いこまず、絶対医療機関で治療しましょう。

きちんと治さないと、長引くだけでなく周りに迷惑をかけますからね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ