簡単に小顔になる3つの方法とは?裏技3選

秋になってファッションも様変わりし始めました。

夏のメイクも夏空に映えるような
さわやかな印象のものから落ち着いたものへ。

ヘアも服も変えていきたいけど、
鏡を見て思わずため息が…。

顔がもっと小さかったらなあ。

263kogao

髪にボリュームアップしたいけど、顔も
大きく見えちゃうし、じゃあ、頬にかかる感じにしたら、
いかにも小さく見せようとしてるって思われそうだし。

簡単で手軽なやり方ですぐに
小顔になれる方法があったらいいのに。

そこで今回は簡単に小顔になる方法
調べてみたので紹介したいと思います。

今初めれば早く小顔になれるかも。
それでは裏技を3つ紹介しましょう。

スポンサーリンク


 

小顔になる裏技は?

芸能人やモデルのように小顔になりたいけど、
どうすればいいの?

なりたい目的や状況によって変わってきますよね。

ちゃんと小顔になりたい

ちょっとでもいいから実質小顔になりたい

外に出たときだけでいいから小顔になりたい

ちゃんととなると、時間を要するか、
もしくはお金を使って医療のお世話になるやり方も。

ちょっとでもいいなら、顔の筋肉をほぐすやり方は、
少しずつ小さくなっていくため、根気がいります。

外に出たときだけなら、一時的に加工して
目の錯覚を狙う方法。手早いですが技が必要です。

それではまず即効性のあるものから。

スキンケア・メイク・ヘア

・スキンケア
小顔になるための基本に、素肌を整えることがあります。
素肌の違いで大きく違って見えますし、メイクでの時間にも差がでます。

小顔メイクには美白肌が映える

夜のスキンケアの基本ともいえるクレンジングと洗顔のダブル洗顔で1日の化粧や汚れ、皮脂を取り除きましょう。

ただし、クレンジングオイルは毛穴をふさぐので×です。

ミルクやリキッドタイプならマイルドで肌にやさしいですよ。

洗顔は石鹸や洗顔料をしっかりと泡だててから洗顔して汚れをとります。

泡洗顔は皮脂を落としすぎがちなので、すすいだあとも肌がつっぱらないものを。

今はダブル洗顔で簡単に落とせるものも。メイクの濃さに合わせて調節を。

洗顔後は化粧水をたっぷりパッティング。

つけすぎくらいでも大丈夫。

そのあと、美容液で肌を潤し、乳液で水分カバーし、
クリームをつけると水分の蒸発を防げます。

目元や口元の部分ケアも大事ですよ。

朝のスキンケアはシンプルでかつ要点をつかんで、
ローションも下地も美白系で、紫外線対策も忘れずに。

下地の色も明るめで、ファンデーションは厚塗りにならないように
クマやシミはコンシーラーでカバーしましょう。

白塗りでなく、素肌の透明感が大事なのです。

・メイク
小顔には絶対メイクテクが必要です。

メリハリのついた立体感のあるメイク

ラメ系とブラウン系のコスメを使ってやってみましょう。

まずラメ入りの下地を顔全体に薄くのばし、カバー力のあるファンデーションを塗り、肌色のラメ入りのフェイスパウダーで顔全体をおさえます。

Tゾーンとあごの部分にゴールド系のシャドーをハイライトに使い、
ハイライト部分以外にリキッドファンデーションをスポンジでのばします。

こめかみからあごにかけて、茶系のチークでラインを丁寧に縁取り。

パウダーをフェイスブラシで顔全体に軽く乗せ、ハイライトパウダーでTゾーンや目の下から頬骨にかけた部分、あごの先端部や目の下からこめかみにかけてのライン・まゆ尻の順につけすぎに注意しながら軽くたたき込みます。

ほお骨からこめかみ向かってチークブラシでピンク系のチークをほんのりと。

ぽっちゃり顔の方はオレンジ系が引き締まって見えます。

ただしチークの入れ過ぎは逆効果になります。気をつけて。

アイメイクは目を大きめに見せるようにすると効果的ですよ。

・ヘアスタイル
顔の輪郭や髪質によりますので一概にはいえませんが、
行きつけのヘアサロンで相談する

卵型ならショートで段カットで毛先の軽い感じのヘアスタイルがいいですし、ひな型ならセミロングやロングで段カットで毛先の軽い感じがいいようです。

丸顔なら縦長に見せる工夫が必要になりますし。

ファッション雑誌でイメージを持ち、それをサロンで相談し、
自然に小顔にみえる髪型にしてもらうのがべストでしょうね。

エクササイズ

顔痩せ簡単エクササイズはどうでしょう。
簡単なので続けやすく、短期間で効果が表れるようですよ。

・表情筋エクササイズ
顔の中心に向かって顔のパーツを全て集める気持ちでー!

そのまま10秒キープしましょう。
そのあとゆっくりと開放する気持ちで広げます。
すっかり広がったら10秒キープして。

これを3~5回やるだけで顔のむくみがとれて、効果も実感できます。
ただし、筋肉が疲れてしまいますから、ほぐす感じでマッサージを。

・二重あごのたるみ改善エクササイズ
首を上に向けて舌を出し手のばし、そのまま3秒キープ。
1日に5~10回がいいでしょう。

・輪郭のゆがみを直すエクササイズ
下あごをゆっくりと左右に動かします。
10往復で1日3回が目安になります。

リンパマッサージ

顔の輪郭はリンパに溜まった老廃物が影響しています。
あごをさわってぷにっとしているのはリンパの流れが滞っているからかもしれません。

本当は全身のリンパの流れを考えなければいけませんが、今はとにかく顔を小さく、しかも簡単にとなると、お風呂で手軽に短時間が理想的ですよね。

お風呂でたった1分のマッサージ方法があります。

その前に注意点を
リンパマッサージを行う前に1杯の水を飲む
入浴中や入浴後に行う
正しい姿勢で

では手順を追って説明していきます。
順を間違えると効果がなくなってしまうので気をつけて。

1.首筋
耳たぶの裏のくぼみから、首筋から鎖骨の上あたりまで5回さする。
上から下、下から上、両方やりましょう。

2.肩
首筋あたりの肩の盛り上がったところをモミモミして
リンパの流れを良くします。

3.小顔リンパマッサージ
・人差し指と中指でフェイスラインをはさみ、耳の近くのリンパにまで持っていきます。
・頬骨の下はリンパがあるので、そこを通りながら耳までスーッ。
・目頭から頬骨の上を通り、耳までスーッ。
・目頭からまぶたを通り、目尻そして耳のリンパまでスーッ。
・グーにした手をおでこの中心から人さし指、中指、薬指の3本の第二関節で引っ張るように耳までスーッ。
・最後は耳の前に持ってきた老廃物を耳の裏のくぼみ、鎖骨のリンパ節まで持って行って完了。

 

これをだいたい5回ほど行うと、やる前に比べてとってもすっきりしているのが実感できるでしょう。

首をさすって揉んで、あとはあごから耳、鼻の下から耳、目頭から耳、とだんだん上に上がりながら耳に全部持っていけばいいのです。

そして集まった老廃物を鎖骨に送り返して終わりです。

湯船で鎖骨もマッサージすれば、リンパの流れが促されます。
きもちよく小顔になれれば言うことなしですよね。

★マッサージするには小顔ローラーが便利です。

楽天市場の「小顔ローラー」の商品ページはこちら

Amazon.co.jpの「小顔ローラー」の商品ページはこちら

まとめ

年齢とともに肌の状態は変わってきます。
10代のころの張りのあるつややかな肌は残念ながら取り戻せません。

でもそれがわかっていても、近づけたい思いはいつもあります。
たるみやしわ、ほうれい線に二重あご。

それがすっきりすれば、小顔ですよね。

目が大きくてぱっちり、鼻と口は小さめ、あごもすーっとした輪郭。
どんな髪型もメイクもファッションもOKだし、
自分に自信が生まれて、ポジティブになります。

でも、お金も時間もかけずに小顔をゲットしたい願望は
誰にでもあるでしょう。

手っ取り早くメイク、ちょっと洗顔後にエクササイズ、入浴中にリンパマッサージという流れなら、無理なく簡単に小顔になれますよね。

裏技ということで、今回は探しましたが、小顔矯正エクササイズ、小顔ローラー、マウスピース、マスクやかっさなどの道具を使う方法もあります。

いちばんいいのは、リラックスした状態で継続できることでしょうね。

小顔は健康の証でもあります。

きれいを追求することで全身もスリムに。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ