広島のりんご狩りの時期は?おすすめの人気スポット2015はここ!

前回、山口のりんご狩り食べ放題の
おすすめスポットを見てきました。

中国地方にりんごがって思ってしまいがちですが、
実は、広島もりんご栽培が盛んなようなのです。

りんご狩り

りんごの年間収穫量は、青森が断トツで、
次いで長野、そのあとに東北地方が続きますが、

なんと広島が12位に入っていて、西日本で唯一、
しかも山梨より出荷量の割合が高いのです。

広島はレモンの栽培が有名ですが、
りんごの栽培も盛んだったのには驚きです。

それなら、りんご狩り食べ放題の農園はきっとあるに違いない!

これから気候も過ごしやすくなってきますし、
おいしいものをその場でいただきたいですよね。

そこで今回は広島りんご狩り食べ放題
おすすめの人気スポットを紹介していきますね。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク


 

広島のりんご狩り食べ放題のおすすめスポットは?

広島でりんご狩り食べ放題ができる農園を5つ紹介しましょう。

果実の森公園

四季を通して果実が実る白竜湖近くの農業公園です。

年始から春はいちご、初夏から夏にかけては
さくらんぼ・ブルーベリー・桃、

秋は梨・ぶどう・りんご、晩秋はキウイフルーツと、
1年中果実狩りが楽しめちゃいます。

園内は果実畑がいっぱいで、その中の自然を生かした
芝生公園や芝すべりの丘でくつろげます。

また、にわとり達の遊び場で元気に走り回るにわとりの
有精卵を拾ったり、その卵を使った料理をレストランで
食べたりと、楽しみがいっぱいです。

今は、ぶどう狩りと梨狩りができます。
りんご狩り前に行ってみるのもいいでしょうね。

■果実の森公園のりんご狩り詳細

期間 9月下旬~11月末まで
営業時間 10時~16時
料金 時間無制限食べ放題:大人700円、小学生500円、幼児(3歳以上)300円
団体(20名以上)は事前に問い合わせてください。
持帰り おみやげ販売は1㎏500円~でお取り寄せもできます。
品種 秋映、紅将軍、シナノスイート。ジョナゴールド、夏香、王林、ふじ
駐車場 80台
所在地 広島県三原市大和町大草75-28 0847-34-0005

 

果物加工場では園内で採れた果物を使ったジャムや
ジェラード、りんごパイなどもあり、そこで
食べるもよし持ち帰りもよし。

またゲートショップでは果物加工品の他に、
地元の特産物も販売しています。

アクセス(電車):JR河内駅からタクシーで20分

アクセス(車):山陽道河内ICから国道432号に入り白竜湖方面へ30分
道の駅「よがんす白竜」すぐ手前の翔竜橋を渡り、
50m先を右折、「めだかの里」を通り過ぎて約5分

 

 

平田観光農園

日本最大級150品種のくだもの栽培が自慢の観光農園です。

年末から春はいちご、初夏は夏にかけてはさくらんぼ・
ラズベリー・プラム・プルーン・ブルーベリー・桃、

秋から冬にかけては梨・ぶどう・りんご、くりに野菜などと、
1年中味覚狩りが楽しめちゃいますよ。

また「ちょうど狩り」はこの農園ならではの取り組みで、
8月上旬~10月上旬までは、広大な果物畑を回りながら、

りんごや梨、高級ブドウやプルーンなど、
チケット交換で最大10品種楽しめるわくわくな果物狩りです。

そして、園内にはたくさんの木も植えられていて、
さくらの園、メタセコイアの並木、ブウの森、藤棚、
りんごの巨木があり、野鳥もいっぱいいるようですよ。

アプリもあるのでHPをチェックしてみてください。

■平田観光農園のりんご狩り詳細

期間 8月中旬~12月上旬まで(12月は木・金休業)
営業時間 10時~17時(12月は15時まで)
料金 時間無制限食べ放題:中学生以上700円、小学生500円、3歳以上400円
団体(20名以上)は事前に問い合わせてください。
持帰り おみやげ販売は時価
品種 ちなつ、シナノレッド、さんさ、つがる、秋月、あかぎ、千秋、秋映、世界一、ジョナゴールド、新世界、あおり、ゴールデンデリシャス、シナノゴールド、シナノスイート、紅玉、スプレンダー、アルプス乙女、ぐんま名月、陸奥、陽光、こうとく、王林、ふじ
駐車場 500台
所在地 広島県三次市上田町1740-3 0824-69-2346
HP http://www.marumero.com/

 

お取り寄せは新鮮フルーツをふんだんに使っています。

園内グルメは森の中の隠れ家的おしゃれカフェや、
アウトドア料理が楽しめるダッチオーブンの森、
バーベキューハウスに団体用のプランもあります。

体験教室では、フルーツピザ作り体験に、
アウトドア体験イベントも月一で農作業が体験でき、
動物たちとも触れ合いが。

アクセス(電車):JR三次駅からタクシーで25分

アクセス(車):中国自動車道山次ICから国道375号経由16km20分

 

 

山上りんご園

広島県の中国山地の中にあり、近くに帝釈峡や道後山があり、
標高約600mの寒冷な気候はりんご栽培に適しています。

1948年にりんごの苗を植えたのが始まりで、
広島で最初の観光りんご園がここなのです。

りんご栽培4つの特色

①有機肥料栽培
化学肥料は一切使用せず、有機肥料栽培を長年続けていて、除草剤ではなく草を刈っています。

②無袋栽培
ほとんどの品種は無袋栽培のため、太陽の光を浴びて濃厚な味に。

③減農薬
安全基準を厳重に守り、減農薬を心がけています。

④完熟りんご
りんごへの人工的な着色をしていないので、色ムラがありますが、
糖度は高く、味を優先しているので完熟を収穫しています。

■山上りんご園のりんご狩り詳細

期間 9月上旬~11月下旬まで
営業時間 9時~17時
料金 時間無制限食べ放題:大人600円、小学生400円、3歳以上300円
団体割引(20名以上):大人540円、小学生360円、3歳以上270円
持帰り おみやげ販売は1㎏500円でお取り寄せも可能
品種 あかぎ、秋映、シナノスイート、陽光、ふじ他30品種
駐車場 100台
所在地 広島県庄原市東城町加谷686 08477-5-0112
HP http://www.yamaue.net/

 

バーベキューハウスがありバーベキューは
地元産の肉と野菜を使用しています(要予約)

しぼりたて100%りんごジュースやアップルパイも食べられますよ。

直売所もありますからりんごの加工品もおみやげに。

アクセス(電車):JR小奴可駅から徒歩15分。

アクセス(車):中国自動車道東城ICから約15分

 

 

岩本観光りんご園

標高600mのさわやかな高原で、太陽の光を
いっぱい浴びて、すくすく育った真っ赤な
甘酸っぱいりんごがたわわに生っています。

安全でおいしい果物を食べて欲しい思いから、
有機栽培と低農薬栽培を心がけ、精一杯育てています。

面積250aの敷地で、品種30種類の、
色とりどりのりんごを味わっていただけます。

園内で採れたりんごのしぼりたてジュースや、
ジャムなど素材を生かした商品が揃っています

■岩本観光りんご園のりんご狩り詳細

期間 9月上旬~11月中旬まで
営業時間 8時30~17時
料金 時間無制限食べ放題:大人600円、小学生400円、3歳以上300円
団体割引(20名以上):大人540円、小学生360円、3歳以上270円
持帰り 4-2
品種 サンつがる、紅玉、あかぎ、秋映、シナノスイート、ぐんま名月、ジョナゴールド、ゴールデンデリシャス、北斗、陽光、王林、ふじ他20品種
駐車場 無料
所在地 広島県庄原市東城町内堀1061-2 08477-5-0636
HP http://nttbj.itp.ne.jp/0847750636/index.html

 

お取り寄せもできます。

比婆牛焼肉コーナー/1800円(おむすび2個付き)

ぶどう直売コーナーは農協から直接仕入れ。

土日祝限定の新鮮野菜100円コーナーも好評です。

アクセス(電車):JR小奴可駅からタクシーで10分。

アクセス(車):中国自動車道東城ICから国道314号経由約20分

 

 

観光農園 金安りんご園

東広島市の北部エリアに位置する豊栄町にある観光りんご園です。

りんごは10品種以上あり、約5000本の木でりんご狩りを楽しめます。

観光りんご狩りの他、さつまいも掘りや白菜や
大根などの新鮮野菜の販売やもぎ取りもありますよ。

地元のおばちゃんたちが丹精込めて一生懸命作っています。

■観光農園 金安りんご園のりんご狩り詳細

期間 9月初旬~12月初旬まで
営業時間 10時~16時
料金 時間無制限食べ放題:大人600円、小学生500円、幼児(3歳以上)400円
団体(20名以上)は事前に問い合わせてください。
持帰り おみやげ販売は1kg450円
品種 つがる、千秋、秋映、北斗、紅月、アルプス乙女、ゴールデンデリシャス、ジョナゴールド、やたか、王林、紅玉、陽光、昂林、ふじ
駐車場 50台
所在地 広島県東広島市豊栄町清武1378 082-432-4316
HP http://www4.plala.or.jp/ringo/

 

お取り寄せ:カゴ入り9個1,500円、箱入り(3kg)2,000円、箱入り(5kg)3,200円、箱入り(10kg)5,800円

アクセス(電車):JR山陽本線西条駅からバスで米山集会所バス停下車徒歩29分

アクセス(車):山陽自動車道西条ICから国道375号経由45分

 

 

まとめ

広島のりんご狩り食べ放題の農園をみてきました。

特徴とすれば、1年中果実を堪能できる大きい農園もあれば、
りんご作りにとことんこだわってきた農園もあり、
種類も思いがけないほど多くて驚きました。

5つ紹介しましたが、他にも町内の複数でりんご園が
一緒になってアピールしているところもありましたね。

・高野町内りんご園
りんご狩りだけでなく、町内のりんご農家で採れた
りんごを直売や取り寄せの受付をしています。

高原や600mの高地にたくさんのりんご農家があり、
そこに生るりんごは広島の環境が活かされた独特の
おいしさが満ち溢れていることでしょう。

西日本一の産地で、是非採れたてを味わってみてください。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ