山口県のりんご狩り!おすすめの人気スポットはここ!

店頭に並んでいる果物の産地はだいたい
決まっている気がします。

ぶどうは高地、梨は平地、みかんは海側、
じゃあ、りんごは?

りんご

りんごって寒い地方の果物って思っていました。

1位青森・2位長野・3位岩手と以下も東北が多くて、
西日本では栽培されていないのかなって。

でも、よく調べると、日本海側では
りんごを栽培しているのです。

多くはないけど、富山とか石川などがそう。

西とはいえ、日本海側は冬は積雪もあるし
海側からの風も冷たそうです。

また、山口県でもりんごを栽培している
農園があるようですね。

そこで今回は山口りんご狩り食べ放題の
時期とオススメスポットを5つ紹介します。

スポンサーリンク


 

山口のりんご狩り食べ放題のオススメスポット5選

山口でりんご狩り食べ放題ができる農園を5選。

それでは見てみましょう。

中谷りんご園

昭和25年に開墾して地道に丁寧に栽培された
りんご園には2.3ヘクタールの土地に800本もの
りんごの木が育てられいます。

りんごは20品種もあり、いろいろ食べ比べられ、
店頭にはない品種が多いのも魅力的ですよね。

旬の時期も微妙に違いますから、それぞれの
りんごを触ってみて食べられるなんて贅沢!

また、観光りんご園は本園と大林園の2か所で
営業していて、本園はJR山口線のそばにあります。

このため12時20分頃には園内から「SLやまぐち号」を
見ることができ、大林園ではバーベキューを楽しめるので、
家族や大勢でのりんご狩りにうってつけの農園です。

■中谷りんご園のりんご狩り詳細

期間 8月15日~12月6日まで
営業時間 9時~17時
料金 大人430円、3歳~小学生320円、遠足(児童/園児)おみやげ付き650円
修学旅行おみやげ付き1,080円
※団体(15名以上)は1割引き(要予約)
持帰り 直売店ではりんごを個数販売
品種 シナノレッド、未希ライフ、シナノスイート。ジョナゴールド、レッドゴールド、ゴールデンデリシャス、紅将軍、やかた、むつ、新世界、陽光、ぐんま名月、つがる、あかぎ、さんさ、秋映、王林、アルプス乙女、ふじ、紅ふじ
駐車場 あり
所在地 山口県山口市阿東徳佐下1235-2 083-965-0138

 

りんごは取り寄せもできて、りんごだけでなく、
ジュースやジャムも扱っています。
種類も豊富です。

●バーベキュー情報
大林園のバーベキューハウスは150人まで入れる広さです。
本園でもできます。入園の際に申し込んでください。
ただし、平日は予約になります。
土日祝のオーダーは13時まで。

バーベキュー:1人前2,200円、シーフード付きは1人前2,200円
りんごジュースとおむすび付き。

※他にお弁当も販売しています。

●アクセス(電車):山陽本線新山口駅で山口線乗換し、鍋倉駅下車徒歩10分。

●アクセス(車):中国自動車道小郡ICから65分


  

しもせりんご村

栽培方法にこだわりをもつりんご農園です。

■しもせりんご村の栽培の特色

エコファーマー山口県認定577号を取得
有機肥料・低農薬による栽培で、除草剤は一切使わず
人力での草刈りを徹底。
 

にわとりの放牧での害虫駆除をし、土づくりは
化学肥料・化学農薬低減を一体的に行う生産方式です。
山口県りんごでは初めてエコファーマーを認定されました。

無袋栽培
小さい時から無袋なので太陽の日差しをいっぱい浴びています。
そのため肌は傷がありますが、糖度は高めで
りんご本来の味が引き出されています。

葉とらず栽培
一般的には1個に45枚に葉が必要とされていますが、
赤くするのに日に当てるために周囲の葉をとります。
ここでは必要な養分を行きわたらせるためにあえて残しています。

 

食事はバーベキューとアップルパイなどの喫茶もあり、
石窯で焼く本格ピッツァも楽しめますよ。

他にもおもしろゲームなどのアウトドア体験も多数揃っています。

■しもせりんご村のりんご狩り詳細

期間 8月初旬~12月初旬まで
営業時間 9時~17時
料金 食べ放題:大人540円、幼児(3~6歳)330円
品種 祝い、つがる、芳明、あかぎ、トキ、涼香の季節、昂林、紅玉、千秋、高徳、秋映、ニュージョナゴールド、おいらせ、陽光、シナノスイート、星の金貨、アルプス乙女、シナノゴールド、ぐんま名月、王林、こうみつ、再来、あいかの香り、新世界
駐車場 50台
所在地 山口県山口市阿東地福上487 083-952-0943

 

体験工房では、採れたりんごを使った
ジャム作りにりんごの樹のくんせい作り、
ピザ作りなどを体験できますよ。

取り寄せはりんごのほか、ジュース・ジャム・
りんごの樹の燻製などもありギフトも扱っています。

●アクセス(電車):山陽本線新山口駅で山口線乗換し、地福駅下車徒歩7分。SLやまぐち号

●アクセス(車):中国自動車道鹿野ICから国道315号・国道9号で約30分
中国自動車道小郡ICから国道9号で約60分


  

りんごの樹らら

家族みんなで受粉から収穫までひとつひとつ
手作業で愛情込めて育てています。

この農園のりんごは出荷せず、
すべてりんご狩りで摘み取ります。

その新鮮で完熟したりんごをひと手間かけて加工し、
お菓子やジャムやジュースに仕上げます。

農家の手作りですが、りんごのおいしさを
存分に味わえるメニューばかりですよ。

■りんごの樹ららのりんご狩り詳細

期間 8月中旬~11月まで
営業時間 10時~16時(水曜日定休)
料金 大人400円、子供300円
品種 未希ライフ、シナノスイート、シナノゴールド、つがる、紅将軍、ぐんま名月、秋映、ふじ
駐車場 30台
所在地 山口県山口市阿東徳佐下409-3 083-956-0266

 

■園内での販売品
園内ではソフトクリーム(りんごプルプルゼリー入り)300円も。

また、採れた新鮮なりんごを使ったお菓子や
ジャム、お酢などが人気のようです。

アップルパイ:ふっくらしたパイ生地にもぎたての味をそのままで
保存料・香味料・その他添加物を使用しない自然の甘さいっぱいです。
ホール型に個別包装とあります。

樹ららパイ:自慢のりんごにカスタードクリームを合わせた自信作です。
アップルパイの製造とちがうグラッセで風味豊かで濃厚な甘さ。
ホール型に個別包装とあります。

風味豊かなりんごケーキ、シフォンケーキりんごの木、
完熟りんごさくさくのクッキー、りんごいっぱいの

パウンドケーキ、ゼリー、ジュース、ジャム、りんご酢など、
りんごのおいしさをめいっぱい生かした手作りの
御馳走ばかりでーす!

アクセス(電車):山陽本線新山口駅で山口線乗換し、鍋倉駅下車徒歩5分。

アクセス(車):中国自動車道小郡ICから国道9号・国道315号の交差点から約1.5km


  

大庭りんご園

車でなら市道に面し、最寄りの駅からは5分と
アクセスの良い場所にある身近なりんご農園です。

りんごは30品種以上あって、いろいろ食べ比べができますね。

珍しい品種が多いし、旬の時期もそれぞれ違いますから、
たくさんのりんごに触れて食べられるなんてうれしい!

栽培方法も山口県からエコファーマーの認定を受けるなど、
安全で快適なりんご狩りを楽しめるように邁進し、
より一歩進んだ食品の安全確保の取組み(基礎GAP)も行っています。

また低くコンパクトな樹作りをしているので、子供や
女性だけでなく、誰でももぎ取りやすくという思いも。

本園はJR山口線のそばにあるため、
園内から「SLやまぐち号」を見ることができます。

最寄りの鍋倉駅はSLの停車駅なので、
SLに乗ってりんご狩りに来る方もいるようですよ。

■大庭りんご園のりんご狩り詳細

期間 8月中旬~11月末まで
営業時間 8時~17時
料金 食べ放題:大人430円、3歳~小学生320円、
遠足(児童/園児)650円・1㎏相当りんご付(食べ放題はなし)
修学旅行1,080円・1㎏相当りんご付
団体(15名以上)は1割引き(要予約)
持帰り 直売店ではりんごを個数販売
品種 シナノレッド、未希ライフ、さんさ、つがる、芳明、黄玉、
みよしレッド、あかぎ、秋映、紅玉、早生ふじ、ジョナゴールド、
アルプス乙女、こうたろう、こうとく、シナノスイート、あいかの香り、むつ、シナノゴールド、新世界、北紅、ホーリー、ふじ、こうみつ
駐車場 30台
所在地 山口県山口市阿東徳佐下1232 083-956-0846

 

※サービスカード:有料入園時につき1個押印します。
いっぱいになったら500円分の商品券に。

取り寄せもできて、りんごだけでなく、
ジュースやジャムも扱っています。

また、種類も豊富です。

炭焼きバーベキュー:1人前1,780円~(りんごジュースとおむすび付き)

他にお弁当も販売しています。

貸出:椅子(敷物)・皮むきナイフ

アクセス(電車):山陽本線新山口駅で山口線乗換し、鍋倉駅下車徒歩5分

アクセス(車):中国自動車道小郡ICから国道9号7東側入口より100m


  

潮田農園

約50年前に初代の農園主が本業の片手間に
梨とぶどうの栽培を始めたのがきっかけとなり、
25年前からりんご栽培を始められた農園。

観光農園も開園されて、現在いろいろな種類の
りんごを楽しめる農園に発展してきました。

虫食いを防ぎ農薬をまく回数を減らすために、
6月はじめに袋をかけたまま栽培しますが、
味はしっかりしています。

栽培方法もこだわっていて、有機質肥料や
海藻エキス・木酸液・微生物資材などの
天然素材を利用されています。

より安全で安心なくだものを栽培したいという
信念がみられますよね。

■潮田農園のりんご狩り詳細

期間 8月下旬~10月上旬
営業時間 要確認
料金 もぎ取り買い上げ
持帰り 直売店ではりんごを個数販売
※取り寄せもできますよ
品種 つがる、紅月、秋映、千秋、王林、ふじ
駐車場 あり
所在地 山口県周南市八代1493 0833-91-2519

 

アクセス(電車):JR岩徳線高水駅下車タクシー20分

アクセス(車):山陽自動車道熊毛ICから30分

まとめ

山口県のりんご狩りができる農園を5つ見てきました。

もともとはりんごが栽培できるかわからない
土壌だったようですが、長年、たくさんの方々が
ぶどうや梨栽培を続けられてきました。

その果てにりんご栽培が成果として表れていることを知り、
なみなみならぬ努力と信念の強さを深く感じました。

どの農園も安心安全を考慮した栽培法を守り、
さらに今後もそれを発展させていくようです。

そこで採れたりんごは市場には出さずに
狩って食べるのを信条にしているところも多いです。

採れたてのりんごのおいしさを生かした
お菓子やジュースやジャムなどの加工品にも
こだわりが見えましたね。

丁寧につくった、安全でおいしいりんごをみなさんに。

旬のこの時期に是非訪れてください。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ