山梨のぶどう狩り食べ放題!おすすめの農園と時期はいつ?

立秋も過ぎて、夏の暑さも下り坂になってきました。

ひところのもわっとした外気が和らぎ、
朝晩も涼しくなった気がします。

店頭に並ぶ果物も入れ替わってきましたね。

多くなってきたのは梨やぶどうです。

ぶどうも色とりどり。

デラウェアの赤系の紫に、巨峰の濃い紫。
マスカットのさわやかグリーンの他、
たくさんのぶどうを目にします。

種が当たり前だったのが種なしも多くなり、
今は皮ごと食べられるものもあります。

ぶどうのポリフェノールは皮に多くあるとか。
それなら皮ごといただきたい!

251budougariyamanai

9月は大型連休もあって、どこかに行きたなあというあなた、
だったらぶどう狩りなんてどうですか?

山梨はぶどう王国です。
それに食べ放題の農園もたくさんあるようですよ。

そこにしかない品種もいろいろあるとか。

山梨ぶどう狩り食べ放題のおすすめ農園は?
時期はいつがいいの?

それではさっそくみてみましょう。

スポンサーリンク


 

山梨のぶどうの品種と旬の時期は?

山梨のぶどうって何があってどれが今はおいしいの?

ぶどう王国山梨にはたくさんのぶどうがあります。
それぞれに旬があり、ぶどう狩りをするのにも
何を採ればいいか、知りたいですよね。

それでは品種と旬の時期を紹介します。

デラウェア・・・旬の時期:7月下旬~8月中旬頃
小粒だが食味は日本人好み品種。極早生品種で7月中旬から収穫。

キングデラ・・・旬の時期:8月上旬~8月中旬頃
デラウェアを大きくした外観。糖度・酸味ともしっかり濃厚な味。

サニールージュ・・・旬の時期:8月上旬~8月中旬頃
キングデラより1回り大きめ。酸味が少なく食べやすい。 

紫玉(しぎょく)・・・旬の時期:7月下旬~8月中旬頃
巨峰に似ていて、成熟が巨峰より10日ほど早い。

藤稔(ふじみのり)・・・旬の時期:8月中旬~9月中旬頃
黒色大粒種の中で最大。果肉はやや柔らかで酸味が少なくジューシー。

巨峰(きょほう)・・・旬の時期:8月上旬~9月下旬頃
種ありと種なしがあり、房の大きさも300~500gと様々。

ピオーネ・・・旬の時期:8月下旬~9月下旬頃
巨峰より1回り大きめ。上品な食味。ほとんどが種なし。

ネオマスカット・・・旬の時期:8月下旬~9月中旬頃
普及版アレキサンドリアで完熟するとマスカットの香りが。

ゴルビー・・・旬の時期:8月中旬~9月中旬頃
鮮やかな赤色の大粒種。糖度も高めで食味もよい。

ロザリオビアンコ・・・旬の時期:8月下旬~9月下旬頃
2品種の良いとこどりで外観・食味も極めて優れもの。

甲斐路(かいじ)・・・旬の時期:9月上旬~10月中旬頃
山梨を代表する赤色晩生種。糖度が20度を超えて食味も極めてよい。

甲州(こうしゅう)・・・旬の時期:9月中旬~10月下旬頃
1300年の歴史を持つ日本原産種。酸味が強めで種ごと飲み込みのが地元流。

甲斐乙女(かいおとめ)・・・旬の時期:8月下旬~9月中旬頃
果皮が赤で果粒が短楕円で極大粒。上品な甘さで皮ごと食べられる。

ベリーA・・・旬の時期:8月中旬~10月中旬頃
黒に近い紫色のやや大粒の品種で、果汁が多く甘さの中にしっかり酸味も。

スチューベン・・・旬の時期:9月下旬~2月上旬頃
紫黒色でキングデラ位の大きさ。糖度が高く冬にも食べられる。

キャンベルアーリー・・・旬の時期:8月上旬~9月中旬頃
甘みの他しっかり酸味もありさっぱりとした味わい。明治からの品種。

ナイアガラ・・・旬の時期:8月中旬~10月下旬頃
甘く上品な香りの白ぶどうで皮が薄く甘酸っぱい。白ワインやジュースにも。

カッタグルガン・・・旬の時期:8月下旬~9月上旬
青系ぶどうの最高級品種。皮が薄くシャキッとジューシー。皮ごと食べられる。

安芸クイーン・・・旬の時期:8月上旬~10月中旬頃
巨峰同士の交配で生まれた赤いぶどう。甘みは強く程よい酸味。

バナナ・・・旬の時期:9月上旬まで
完熟すると黄色くなりバナナのような形。皮ごとパキッと食べられマスカットのよう。

モルゲンシェーン・・・旬の時期:9月中旬~9月下旬
果肉は締まって酸味もあり糖度も高く濃厚な味わい。

ウインク・・・旬の時期:9月中旬~9月下旬頃
糖度は高いがさっぱりした食味。黒い甲斐路。

赤嶺(あかみね)・・・旬の時期:9月上旬~9月中旬頃
完熟すると紫紅色に。食味は甲斐路に近い。

バッファロー・・・旬の時期:9月上旬~9月中旬頃
高級種。独特の甘みと濃厚さが特徴。

翠峰(すいほう)・・・旬の時期:8月下旬~9月中旬頃
粒が大きく香りも食味も上品で甘く酸味もほどほど。

まだまだたっくさんありますよー。

山梨でぶどう狩りができて食べ放題の農園はどこ?

いよいよぶどう狩り。どこにあるのでしょう。

1.戸沢遊覧ぶどう園

所在地:山梨県甲府市向町506‐1 055-232-3584

品種:デラウェア・スチューベン・マスカット・ベリーA・甲州・巨峰

食べ放題:時間制限/大人850円~、小人650円~、
団体(10名以上)大人756~1,080円、小人540~864円
(ぶどうの種類により変更)

期間:7月中旬~11月中旬
営業時間:8時~17時

アクセス(電車):JR石和温泉駅から車で10分
アクセス(車):中央道甲府昭和ICから国道20号経由6.5km15分

駐車場:50台 無料

おみやげ販売あり。取り寄せあり。

2.遊覧ぶどう愛宕園

所在地:山梨県甲府市愛宕町266-2 055-254-0125

品種:巨峰・ピオーネ・甲斐乙女・甲斐路・甲州・ほか15種類

食べ放題:30分/大人500円、小人250円、
団体(20名以上)大人450円、小人220円
(50名以上)大人400円、小人200円

期間:7月20日~10月30日
営業時間:8時~17時

アクセス(電車):JR甲府駅から徒歩10分あるいは送迎バス(甲府駅で連絡)
アクセス(車):中央道甲府昭和ICから国道20・358号経由6km20分または甲府南ICより30分

駐車場:20台 無料

おみやげ販売あり:1kg800~1,200円(品種により異なる)
休憩所、バーベキュー場あり。

3.ふるやファーム

所在地:山梨県甲州市勝沼町勝沼1743-3 0553-44-1414

品種:デラウェア・キングデラ・カッタクルガン・巨峰・ピオーネ・甲斐路・ゴルピーなど約20種類

食べ放題:時間無制限/大人1,000~2,000円、小学生半額、乳児無料
たくさん獲りすぎた分は量り売りになるので要注意

期間:8月1日~11月3日
営業時間:8時~18時

アクセス(電車):JR勝沼ぶどう郷駅から徒歩10分あるいは送迎バス(駅で連絡)
アクセス(車):中央道勝沼ICから国道20号経由3km5分

駐車場:20台 無料

おみやげ販売あり:1kg1,000~2,000円(品種により異なる)
休憩所、売店。

 

4.ぶどう狩りの自由園

所在地:山梨県甲州市勝沼町等々力151 0553-44-0675

品種:安芸クイーン・バナナ・モルゲンシェーンなど35種類

食べ放題:時間無制限/大人2,000円、小人1,000円、3歳以下無料

期間:8月上旬~10月下旬
営業時間:9時~18時

アクセス(電車):JR勝沼ぶどう駅から車で8分あるいは送迎バス(平日のみ駅で連絡)
アクセス(車):中央道勝沼ICから県道34号経由3km10分

駐車場:35台 無料

おみやげ販売あり:品種により異なる

5.勝沼観光センター 専果園

所在地:山梨県甲州市勝沼町勝沼761 0553-44-3566

品種:ウインク・赤嶺・バッファロー・翠峰など60種類

食べ放題:60分/1,500~2,000円

期間:7月中旬~10月下旬
営業時間:7時~20時

アクセス(電車):JR勝沼ぶどう駅から車で10分
アクセス(車):中央道勝沼ICから国道20号経由1.5km5分

駐車場:70台 無料

「頑固おやじの手打ちほうとう」でほうとうも食べられます。

山梨のぶどう狩り食べ放題を楽しむ方法は?

山梨のぶどう狩り食べ放題を楽しむ方法ってあるの?

ぶどう狩りのチェックポイントがありますよ。

収穫時には、全体的に色づきがよくて皮に張りがあるものを。

甘いぶどうを食べたいなら、‘ブルーム’という
白い粉のようなものがあるかチェックして。
熟しているサインです。

色は緑系のものは多少黄色がかっているほうが甘く、
紫や黒っぽいものは色が濃い方が甘いとか。

また、軸が茶色いものは実が熟しています。

切り方は、房の底を手で持ち上げるようにして軸を切りましょう。

軸が太くて硬い場合は、ハサミの先端でなく、
奥の刃に差し込んでから切ると
力が入って切りやすくなります。

部位は先端よりも軸のある上側の方が日の当たりが
良いので甘いため、先端から食べ始め、最後に軸の方を
食べると甘みが残っておいしくいただけますよ。

切ったぶどうは食べきってから次を狩るのがルールです。
残すとか捨てる行為は、生産者に失礼ですよ!

食べる場所も決まっていますから、その場で食べて
ちらかすようなことは絶対しないようにしましょう。

まとめ

店頭に並ぶぶどうの種類も増えましたが、山梨のぶどう農園には、
一般には出てきていないような珍しいぶどうや、品質改良で

できた新しいもの、外国の品種を育てたりなどして、
驚くほどの数のぶどうが育てられているようです。

それに応じて、多くの農家がぶどう狩りができるようにし、
もっと楽しめるように食べ放題にまでしました。

丹精込めて育てられたぶどうを、
その場で採ってすぐに食べられる贅沢。

食べる方も幸せですが、生産者の方々も喜んで
たくさん食べてくれることに幸せを感じていることでしょう。

やはり、採ってすぐが一番おいしいのをわかっていますから。

できれば珍しい品種をいろいろ食べたいですね。

買い上げもできますから、おみやげもいいですよね。

秋の味覚を潤すぶどうたち。
自分で狩ってその重みを実感しましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ