スマホ老眼をチェックする方法とは?予防法はある?

以前、テレビゲームが流行ったころ、
親は長い時間やることで懸念したのは、
子供の視力低下でした。

テレビの前に座り、画面を直視し、
コントローラーを一心不乱に動かす子供に、
不安を感じずにはいられなかったからでしょう。

それが携帯電話に変わり、
今はスマホが主流になってきています。

245sumahotop

電車やバス、ホームで歩きながらで、
やっぱり傍目には一心不乱です。

スマホ依存症による睡眠不足もあり、
それによって体も異常を期しているとか。

その中にスマホ老眼があります。
スマホで老眼?ってなぜ?

老眼は加齢による目の衰えからなるものでした。

それが若い人たち、それもスマホでなるようなのです。

そこで今回はスマホ老眼チェックする方法や
予防法などについて紹介していきます。

スポンサーリンク


 

スマホ老眼とは?

スマホ老眼ってどんなもの?

その前に老眼ってどんな症状でしょう?

加齢によって目の水晶体の弾力が失われ、
調節力が弱まることで、近くのものに焦点を
合わせることができなくなる症状です。

年齢でいえば一般的には40歳前後から始まりますが、
早い人で30代半ば、遅い人でも50代からと、
個人差はありますが、みなさんなるようですよ。

遠くのものは明視できるのに、
近くのものが見えにくくなったり、
ちらついたりします。

また、近くのものを長時間みたあと、遠くを
見ると即座にピント調整ができず、暗い場所では

遠距離もやや見えにくいとか、遠くでも
近くでもピントがずれてしまいます。

よく年配の人が、新聞を遠ざけてみようとする
しぐさがまさに老眼からくる見づらさなのです。

その症状が今、スマホをよく使う
若い人たちに現れています。

近くのものを見るのにピントが合わない。

遠くは良く見えるのに、近くは
よく見えず疲れてしまう。

小さい字を見るときは離すと見やすくなる。
明るいと見えるけど、うす暗いと見えにくい。

まさに老眼の症状です。

スマホ老眼をチェックする方法は?

スマホ老眼を簡単にチェックする方法って?

以下の質問で当てまはるものがあれば注意です。

□文庫本が読みにくい
□目の疲れと肩こりがつらく感じる
□片目を閉じると見えている方がかすんでみえてしまう 
□夕方になるとものがみえにくくなる
□色彩が鮮やかでなくなった気がする
□街頭やヘッドライトがひどく明るく感じてしまう
□気がつくと新聞や本を離してみている
□携帯電話やスマホの文字入力が遅くなっている
□屋内で、柱や物にぶつかることが多くなった
□目の奥が痛むときがある
□探しものが目の前にあるのに見つけられない

 

半分以上当てはまればスマホ老眼の可能性大です。

スマホ老眼を予防する方法は?

スマホ老眼を予防する方法があるのでしょうか?

眼科医による解消方法を紹介しましょう。

1.スマホは顔から40㎝離して見る
この距離が理想的だそうです。
ついつい夢中になって顔を近づけてしまいがち。
あっと思ったら離しましょうね。

2.文章作成などはパソコンを使うようにする
スマホの文字入力は特に目を酷使しますし、
どうしても近付いてしまいます。
パソコンならディスプレーから
適度な距離が保ちやすいのです。

3.1時間集中して使ったら10分休む
知らず知らずに時間が経ってしまいます。
アラームなどを使って、意図的に休憩が
はさめるように自己管理しましょう。

4.スマホを見ているときでも、画面から目を外して遠くを見る
3mくらい先でもいいですよ。
一時でもスマホから目線を外すことが大切なのです。

5.ビタミンB12配合の疲れ目用の目薬を指す
毛様体筋の働きを活発にして、
目の疲れを癒す効果があります。
配合されている目薬を使ってリフレッシュ!

6.1日の終わりにホットタオルなどで目を温める
入浴中にお湯で絞ったタオルでも効果的。
今はアイシートや美容家電もありますから、
使いわけてもいいですね。

7.メガネやコンタクトの度数を見直す
疲れがひどいなら、合っていない可能性大です。
視力チェックをし直して、目の負担を抑えましょう。

スマホ老眼かもって慌てず、
これらの対策を是非試してみてください。

スマホ老眼対策の無料アプリは?

スマホ老眼対策の無料アプリってあるの?

スマホ使い過ぎでの老眼なので、
スマホに対策アプリがあればいいですよね。

■でか文字スコープ」(iPHONE)
ルーペと同じ役割を果たしてくれて、
虫眼鏡のように使え、カメラ機能で
被写体を拡大できます。

文字が格段大きく見えますよ。

■拡大鏡&顕微鏡(ルーペ)」(Google)
小さいものを大きく拡大してみられるツールです。

ライト点灯もしてくれるし、虫眼鏡機能もあって、
地震などの自然災害時に望遠鏡にといろいろ使えます。

■Glass Off(iPHONE)
アメリカで開発された老眼対策アプリです。

1回12分のトレーニングを週3回、3カ月続ければ
脳のイメージ処理能力を鍛えられて効果が発揮でき、
近くのものがはっきり見えるようになるとか。

ただし、英語表示なので、わかる人にしか使えません。

一例ですが、探すともっとあるかもしれませんね。

まとめ

スマホが生活の一部を超え、スマホ依存症
にまでなって、もうスマホなしは考えられない人が
とても多いのは、どこを見てもわかります。

その弊害として、大学生の卒論がスマホで入力されたり、
逆にパソコンのキーボードが使えなくて、

入社後にレクチャーが必要になって、
企業でも困っているという記事もありました。

便利とはなんでしょう。

身近でいつでも使えて、楽しくて飽きない。
それって本当にいいの?

腱鞘炎になったり、肩こりひどかったり、
姿勢が悪くなったり。

その上、老眼だなんて悲しいですよね。

目は年齢とともに嫌でも衰えます。

今、酷使して悪くするなんてもったいない!

ONとOFFを上手に使い分けて、もっと

自分の体に気を使ってあげてくださいね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ