秋雨前線の時期はいつからいつまで?梅雨前線との違いは何?

天気予報で、秋雨前線という言葉を聞く時期になりました。

akisamezensentop

前線とは暖かい空気と、冷たい空気などのように、
違った特徴を持つ空気のかたまりが、
ぶつかった境目のことだそうです。

前線付近では、その両側の気温が大きく異なっていたり、
風速が急に早くなったりします。

前線付近では、冷たい空気が暖かい空気の
下にもぐりこんだり、温かい空気が冷たい空気の上に
乗り上げたりして、上昇気流が生まれます。

上昇した空気は気圧が下がり、膨張して温度が
下がるので、その空気に含まれていた水蒸気が、
雨となって地上に降るようです。

そこで今回は秋雨前線時期はいつからいつまでなのか?、
また、梅雨前線との違いは何なのかについて
調べてみたので紹介していきます。

スポンサーリンク


 

秋雨前線とは?

秋雨前線とは8月の終わり頃から10月頃にかけて
雨が降る原因となる前線の事です。

秋雨前線では、「太平洋高気圧」と
「オホーツク海高気圧」という2つの温度や性質の違う
空気のかたまりがぶつかります。

特徴としては、北からだんだん南下していくことです。

この時期は、北から来る「オホーツク海高気圧」の
勢力の方が強いので、秋雨前線は北から南に向かって
移動しながら、雨を降らせます。

ですから、どちらかというと、
西日本よりも、東日本で大雨を降らせます。

そして、梅雨のようなムシムシした雨と比べると、
冷たい雨を降らせます。

秋雨前線の原因とは?

先述のように秋雨前線は「太平洋高気圧」や
「オホーツク高気圧」がぶつかりあうことが原因でできます。

ぶつかった気圧の勢いのある方が、もう一方を押しながら移動
するので、秋雨前線は、北からくる「オホーツク高気圧」が
「太平洋高気圧」を押しながら、南下していきます。

日本の北の方で発生した秋雨前線は、空気の中に含んだ
水分を雨に変えながら、だんだん南へ移動してくるため、
東日本の雨量が多いわけです。

梅雨前線などと比べて、小規模な梅雨前線ですが、
注意しなければいけないのが台風です。

台風の温かく湿った気流が秋雨前線に入り込むと、
大変な豪雨になる可能性があります。

ですから、秋雨前線と同じタイミングで台風が
近づいていたら、注意が必要です。

秋雨前線の時期はいつからいつまで?

秋雨前線の時期はだいたい、
8月の終わりから10月にかけて現れます。

夏が終わり、秋の始まりの時期に現れるので、
秋雨前線というのでしょう。

梅雨時期の雨が、ひと雨ごとに、暑さを
運んでくるのに対し、秋雨前線の雨は、
雨の後に涼しさ、寒さを運んできます。

秋雨前線が南下し終わった頃が、
天気も冬っぽくなってきます。

冬の衣替えもこの頃に、
するといいかもしれませんね。

秋雨前線と梅雨前線の違いは何?

akisame2

秋雨前線とよく似ているのが、梅雨前線です。

その違いは何でしょうか?

まず、ひとつ目の違いとして、梅雨前線は、
名前の通り梅雨時の雨をもたらす前線ですから、
秋雨前線よりも早い時期に現れます。

もうひとつの大きな違いは、秋雨前線は北から南へ
南下しながら、雨を降らせて行きます。

それに対して、梅雨前線は南から北へ北上してきます。

ですから、九州地方などで、梅雨の時期に
大雨の被害が出るわけですで。

さらには、梅雨前線はインドモンスーン(季節風)の勢いで、
秋雨前線よりも持続性があり、南から北へ移動する際、
北上しながら各地に大量の雨を降らせます。

秋雨前線には、梅雨前線ほどの持続性はありません。

まとめ

普段、何気なく聞き流している天気の用語ですが、秋雨前線に
ついて調べてみたら、季節によって、雨の降り方が
違っている理由がわかったような気がします。

雨はどうしても、嫌われがちなものですが、天気予報の
見方をちょっと変えて見てみると、ただの雨にも
興味がわいて、面白いのかもしれません。

たとえば、秋雨前線が移動していくのをチェックしたりして、
各地の天気をくらべたり、季節の変化を感じてみたり
するものいいかもしれません。

ただ、梅雨の時期と同様に、秋雨前線の時期も、
降りたたみ傘はかばんの中に入れておくことを
忘れないでくださいね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ