熱中症の症状!頭痛や発熱の原因は何?予防や対処法は?

人間は、常温動物の仲間で通常は大体35.5度~37度の間の体温の生活をしています。

そのため、体温を一定水準に保つために、体自身が調整をしてくれています。

しかし、環境、体調、行動の急な変化によって、体の調整が間に合わなくなった時に、「熱中症」の症状がおこります。

netyusyou1

普段はあまり気にしていない、体の調整機能のことをよく知って「熱中症」を防ぎ、暑い夏をうまく乗り切りましょう。

そこで今回は熱中症症状頭痛発熱の原因予防対処法について紹介していきます。

スポンサーリンク


 

熱中症とは?

そもそも、熱中症にはどうしてなるのでしょうか?

人間の平熱は普通35.5~37℃くらいです。

体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスや、その他の調整機能もこれくらいの温度が最適の活動条件だといいます。

暑い時には、皮膚の表面近くにある血管が拡張し、皮膚に多くの血液が流れ、皮膚の表面から「熱伝導」により、体温を下げることができます。

また、汗をかけば、汗の蒸発とともに、熱が奪われるので、体温を下げることを助けます。

しかし、汗には水分や塩分(ナトリウム)が含まれるので、それが失われることで、体内の調整機能のバランスが崩れたり破綻するなどして、熱中症が発症します。

症状には、めまい、頭痛、吐き気、嘔吐、虚脱感、意識障害、けいれん、高体温など、その重症度により様々なものがあります。

熱中症は正しい予防法や、応急処置法を知っていれば防ぐことや、回復することもできますが、最悪の場合、死に至る可能性もあります。

熱中症の症状!頭痛や発熱の原因は何?

熱中症の症状には、様々なものがありますが、
重症度によっても違いますので段階に分けて紹介していきますね。

①軽度の初期段階
めまい、失神などの症状

小学校の朝礼で倒れるなどはこの症状で、これは、脳への血流が不十分なのが原因です。

また、筋肉痛やこむら返りのように、あしがつるなどの症状がありますが、これは発汗に伴う、ナトリウム不足が主な原因です。

②中度
頭痛、吐き気、嘔吐や虚脱感といった体に力が入らないなどの症状

この時点では高熱が出ることはありませんが、そのままにしておくと症状はひどくなります。

暑い日にこんな症状がでたら、まず熱中症を疑い、無理をせず涼しい所で休み、充分な水分補給をしてください。

また、空腹も良くありません。

③重度
けいれん、意識障害、高体温などの症状

この症状がでて、対処法がわからなければすぐに病院に行くなどしかるべき対処をしてください。

放置しておくと、死に至る可能性もあります。

熱中症の症状!頭痛や発熱は初期段階?

熱中症になって、症状に頭痛や発熱があれば、初期の症状とはいえません。

しかるべき対処をしないと、症状はもっと悪くなり、最悪の状況も考えられます。

頭痛がするのは、体内の水分不足が原因なので、頭痛薬を飲むことは意味がありません。

とにかくすぐに水分補給をしてください。

netyusyou2

しかし、頭痛の場合、熱中症が原因だと気づかないでいる場合もあります。

夏の暑い日に頭痛がしたら、まず真っ先に熱中症の症状だと思ってください。

高熱が出たら、それはすでに熱中症の重症の段階です。

涼しい場所で、頭を高めにして横になり、水分を補給したり、体の体温を下げるなど、適切な処置をしてください。

自分でできない場合には、家族を呼ぶか、ひとりで具合が悪い場合には救急車を呼んでください。

熱中症を予防するには?

熱中症の原因は、天気などの環境、本人の体調、本人の行動の3つがあります。

たとえば、暑くても風のある日は、風が肌の表面温度を下げるのを手伝ってくれます。

また、二日酔いの日は、体がすでに脱水状態にあります。

仕事で外出して炎天下の中、予定よりも長い道のりを歩くことになってしまった、など様々な要素が重なって熱中症の状態になります。

しかし、熱中症になった人のほとんどが、自分が熱中症になるとは思わなかったと言います。

それほど、普段と同じような生活を送るなかで熱中症になる人が多いのです。

ですから、熱中症を予防するために、まずは暑い日には熱中症になる可能性があると自覚することが大切です。

外出する時には、日傘や帽子を持っていく、炎天下では、無理をしない、水分補給をまめにする、なるべく涼しい所にいるようにする。

なによりも、自分だけは大丈夫だと思わないことが大切です。

お子さんに対しても同じように、暑い夏の日は、あまり無理をさせないようにしましょう。

熱中症の症状!頭痛や発熱への対処法は?

でも、もしも熱中症の症状の頭痛や、発熱がでてしまったら、その時はまず、次の事を行ってください。

まず、涼しい場所に移動してください。
自宅の室内でも熱中症の症状が出ることもありますが、
その時は、風通しを良くするか、エアコンをつけましょう。

次に、水分を補給してください。
汗をかいていなくても、体内の水分が足りなくなっていることもあります。

あまりのどが渇いていないと感じても、水分を補給してください。

できれば、一緒にナトリウム(塩分)も摂取したいので、ナトリウムが入ったスポーツドリンクなどを飲むのもよいです。

梅干しなどを食べるのもいいです。

そして、ゆったりした格好で、休んでください。

また、高熱が出ている場合には、リクライニングシートのように頭を高くして仰向けに寝て、とにかく体を冷やして下さい。

首、わきの下、足の付け根など、血管が多く集まっているところに、氷や冷却材を当てて集中的に冷やします。

この場合も、水分とナトリウムの補給をしてください。

正しく処置をしても、症状が回復しない場合は、病院に行くことをおすすめします。

まとめ

熱中症、自分は大丈夫と思うのが一番危険です。

暑さが厳しい日は、なるべく無理をせず、水分補給、ナトリウム補給をまめにして、自分自身や家族のちょっとした体調の変化に敏感になることが必要です。

とは言っても、子どものスポーツやその応援、夏休みのレジャーなど夢中になるとついつい、体調に気づかないことも多いかもしれません。

もし、体調の変化に気づいたら、早めの処置で寝中症から自分や家族を守りましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ