急性胃腸炎の原因と症状とは?食事はいつから食べてもいい?

おや、なんだか胃腸の調子がおかしい…と気づき
そのうちにいきなりの嘔吐や下痢の症状が襲ってくる経験は
みなさんあるのではないでしょうか。

kyuseiityuen

数日間苦しんだあとは、割とケロっと治ってしまうことも。

これはただの胃痛や腹痛なのか、それとも急性胃腸炎なのか
一度あの苦しい思いを経験した人はみな心配になりますよね。

そこで今回は急性胃腸炎原因症状
対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク


 

急性胃腸炎とは?

主にウイルスや細菌の感染によって起こ
る一過性の病気で突然の嘔吐や下痢などを伴います。

細菌性の急性胃腸炎である場合、種類によっては
保健所への届けや入院就業制限等が必要な場合があり
(赤痢、コレラ、腸管出血性大腸菌感染症など)
きちんと病院を受診することが大切です。

急性胃腸炎の症状は?

吐き気、腹痛、嘔吐、下痢、時には発熱も伴います。

下痢は水様便であったり、重症な時は血便が出たりもします。

とにかく水分が失われますので
脱水に陥りやすく注意が必要です。

急性胃腸炎になる原因とは?

主にウイルス性と細菌性があります。

【ウイルス性急性胃腸炎】

よく聞かれるノロウイルス、ロタウイルスは冬場に多く流行します。

ロタウイルスは乳幼児に多い病気で主に経口感染します。

ノロウイルスは成人に非常に多い急性胃腸炎の原因でウイルスに汚染された食材や水、調理人の手などを介して流行します。

治癒後も2週間程度は感染者の糞便にはウイルスが出ていますので
トイレを共用する家族など周囲への感染には注意が必要です。

アデノウイルスは夏場でもかかることがあり
また急性胃腸炎の症状以外に咳、鼻水などの風邪症状を伴うことも。

【細菌性急性胃腸炎】

カンピロバクター(豚肉・鶏肉)、サルモネラ(たまご・鶏肉など)病原性大腸菌(牛肉など)など他にも多数の種類の細菌に感染することによって引き起こされます。

一般に食中毒と呼ばれているものはこの細菌性の急性胃腸炎のことです。

嘔吐から、もしくは嘔吐と下痢が同時に起こることが多いウイルス性に比べ細菌性の場合は腹痛、下痢、血便などからはじまります。

便に膿が混じることも。

また、腸の動きが鈍くなり、お腹が膨らんできたり、発熱が続いたりします。

急性胃腸炎は感染してうつるの?

細菌性、ウイルス性のものは感染性急性胃腸炎と呼ばれ
細菌、ウイルスへの感染によって引き起こされるものです。

感染経路は様々で、汚染された食べ物や
菌やウイルスに触れた手からて口に、ということが多いです。

手洗いの徹底が予防につながりますが
感染経路がわからないまま感染することも多々あります。

吐瀉物や便が触れた場所は次亜塩素酸ナトリウムで
きっちりと消毒するようにしましょう。
(消毒用の液は1.5リットルの水に対して
容器キャップ一杯のキッチンハイターが目安です)

食事はいつから食べてもいい?

syokuji

腹痛のある間は絶食が基本です。

とにかく脱水に陥る危険がある病気ですので
水分補給することを第一に考えてください。

一度にたくさん飲むのではなく、少量を頻回に。

冷やして飲むと刺激になりますので常温の方がいいです。

急性胃腸炎の時はスポーツドリンクは水分補給に向きません。
OS-1やアクアソリタなどの経口補水液が適しています。

家庭にある材料で手作りも出来ます。
(水1リットル・砂糖40グラム・塩3グラム)

●家庭で出来る経口補水液(ORS)の作り方 making oral rehydration solution

 

飲んでも繰り返し吐いてしまうような場合は
吐き気止めを処方してもらうか、点滴をしてもらいましょう。

下痢止めなどは一般的には使用せず、
ビオフェルミンなどの整腸剤が処方されます。

腹痛や吐き気がおさまって、何か食べられそうだな…と思えてきたら、少しずつ消化のよい温かいものからはじめてください。

おかゆや野菜のスープ、柔らかく煮たうどんなどや、
すりおろしたりんごも適しています。

絶食後はたくさんを一度に食べるのではなく
少量を複数にわけて食べるほうがいいでしょう。

腸管の刺激になるような香辛料や
脱水を助長するアルコールもしばらくは我慢しましょう。

まとめ

夏は食中毒、冬はノロ…急性胃腸炎の恐怖は
いつでもつきまといますよね。

予防を徹底しているつもりでも
「う・・・この感じは」と感染してしまうものです。

私も何度もこの急性胃腸炎ではつらい思いをしました。

家族にひとたび患者が出ると消毒を徹底したつもりでも
家族全員がアウト…などということも多々ありました。

たとえ感染しても体力があったり腸内環境が良ければ
症状は軽くなる傾向にあるようです。

感染してしまったらとにかく悪いものが出てしまうのを
待つつもりでゆっくりと水分補給をしながら安静にすることです。

急性胃腸炎の流行る季節は市販の経口補水液やをおかゆなどを
あらかじめ備蓄しておくといいかもしれませんね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ