友人が入院したらお見舞い金は必要?相場はいくら?

3-1

普段親しくしていたり、お世話になっている友人が入院することや、入院したという話を聞いたときびっくりすると同時に心配ですよね。

ですが、めったに友人の入院という事態ってであわないためいざそうなった時にどうするのがいいのか意外と知らないものです。

心配な気持ちや早くよくなってほしい気持ちを伝えたいけれど友人が入院すればお見舞いってどうすればいいの?お見舞い金は?

そこで今回はそんな疑問についてまとめてみました!

スポンサーリンク


 

友人が入院したらお見舞い金は必要?

まず入院と聞くと思い浮かぶのが「お見舞い」と持参する「お見舞い金」。

それともお見舞い金よりも品物がいいのかな?などいろいろ迷うことと思います。

お見舞いに行くにせよ、行かないにせよ何を渡すべきか考えますよね。

あまり個人的に親しくしていない職場の知人レベルの場合、お見舞いの品やお金を渡すと、逆に「快気祝い」などの気を遣わせる原因にもなりかねません。

だから、お見舞いのメール程度にしておき、職場の皆で見舞い品や見舞い金を募る場合はそれへの参加で十分ではないでしょうか。

ですが、個人的に親しくしている友人の場合は何かと物入りになる入院ですので力になりたいという気持ちがあるのなら、やはりお見舞い金はあった方がいいかもしれません。

以前は親戚や家族以外にお見舞い金を現金で渡すのは良くないとされていて商品券やプリペイドカードなどを渡すことが多かったようです。

しかし、最近では形にこだわるより、より相手の利便性を考えて
現金を渡すことも多くなっています。

やはり何より使い勝手が良いですからね。一番嬉しいかもしれません。

もちろん抵抗があるのであれば、従来どおりに商品券などでもOKです。

また、ここでは主に友人の入院の場合についてまとめていますが
相手がもし目上の立場の人の場合、現金を渡すのはNGとなっていますのでご注意を。

お見舞い金を渡すときのマナーは?

では、いつお見舞いに行ったり、お見舞い金を渡すのがいいのでしょうか?

友人が入院したと聞けば、早く会って状態を知りたいと思いますよね。

でもすぐに病院に駆けつけるのは待ってください。

容態によっては面会が難しいこともありますし、ご家族もバタバタされていたりするところに行ってしまい、お邪魔になってしまうこともあります。

入院してから数日間は避けましょう。

そもそも短期入院などの場合はお見舞い自体を遠慮した方が
いいかもしれません。

そして実際お見舞いに行く際にもマナーがありますので注意してください。

また、相手の衰弱が激しいような時やあまり他人に会いたくないような状態のこともあるでしょう。

そのような場合はご家族などに確認が必要です。

3-2

【面会時間】
病院によって決まっています。
入院先のホームページなどで確認できます。

また午前中は検査や診察が入ったりすることも
ありますので、一般的には昼食後あたりがベターです。

本人やご家族と連絡が取れるのであれば
都合の良い時間帯を確認するのが一番です。

【滞在時間】
長くても20~30分程度で切り上げるのがいいでしょう。

大部屋の場合、他の入院患者さんの迷惑にもなりますし
入院している友人を疲れさせることにもなります。

【メンバー】
基本的には1人で行くのが好ましいです。
グループで仲良くしている場合でどうしても一緒に、という時でも多くて3人までです。

それ以上は他の入院患者さんの迷惑になりますので避けましょう。

また小さな子供連れはNGです。
騒がしくすると他の患者さんの迷惑にもなりますし、小さな子供は風邪などの病気を撒き散らす可能性もあり、入院病棟への立ち入りは好ましくありません。

【眠っていた場合】
お見舞いに訪れてみたら、本人が眠っていて、さらに付き添いの人も不在だった場合は起こしたりせず帰るのがマナーです。

もしお見舞いの品がある場合はナースステーションに預けて帰るのが良いでしょう。
(万が一の紛失もあり得ますのでお金を預けることはやめましょう)

3-3

友人へのお見舞金の相場はいくら?

一般的に友人への相場は5000円とされています。

3000円~としている場合もありますが3000円は有志で出し合ったりする時の金額としては適していますが、個人的にお見舞い金を渡すのであれば5000円が妥当なところです。

もちろん親しさの度合いによってはそれ以上もありですが、あまりに大袈裟なお見舞い金はかえって相手を困らせる場合もありますので注意しましょう。

お札は新札は使わず、結び切りやあわじ結びの水引きを使用します。

新札を使わないのは「予想外のことで準備していなかった」をいう意味で結び切りやあわじ結びを使うのは「繰り返さないよう、これっきりで」の意味があります。

また入院に祝儀袋を使うのに違和感があると感じられる場合は、無地の白封筒や、左に赤い筋が入っただけの封筒を使ってもいいでしょう。

友人への場合、表書きは一般に「お見舞い」「御見舞い」などとします。

目上の人への場合は「御伺い」を使います。

まとめ

いかがでしたか?

以前はお見舞いの品として定番だったお花も最近は病院によって禁止されていることもありますし確認が必要です。

食べ物なども食事制限がある場合は不可ですし、冷蔵庫がなかったり、ご家族が来られなかったりを考慮して日持ちのするものや常温保存の出来るものがいいでしょう。

相手からのリクエストでもない限り入院が長引くことを連想させるのでパジャマやスリッパなどの入院グッズ的なものもNGです。

自分が病気で入院していたときに個人的に嬉しかったお見舞いの品は雑誌や本でしたね。

辛い症状が治まってくると時間が余って仕方なかったので…。

どうしたらいいか色々と迷うこともあるかもしれませんが
入院した相手への思いやりと気遣いが一番のお見舞いです。

迷惑にならないように、という気遣いと相手を気にかけているという心遣いはきっと喜ばれると思いますよ。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ