緑茶の成分とその効果とは?飲みすぎたら胃に悪い?

昔からカラダに良いと言われてきた緑茶は、
日本人にとっても馴染み深い存在となっています。

ryokutiyatop

しかし、具体的にどんな効果をもたらしてくれるのかを
知っている人はどのくらいいるでしょう。

えっ!?、こんなところにも効果が得られる?
と驚くことばかりなので、

緑茶をあまり飲まなかった人もこれを読めば
きっと積極的に飲みたくなるはずです。

そこで今回は緑茶成分効果飲みすぎ
身体に及ぼす影響などについて紹介していきます。

様々な効果を兼ね揃えている緑茶ですが、
飲みすぎには注意してください。

飲みすぎることで思いもよらない
落とし穴があるかもしれません。

スポンサーリンク


 

緑茶の成分と効果

皆さんも知っての通り、緑茶には
魅力的な効果がたくさん詰まっています。

今回は成分と一緒にチェックしてみましょう。

■お茶の渋み成分であるカテキンの期待される効果

  • 血中コレステロールの低下
  • がん予防
  • 抗酸化作用
  • 抗インフルエンザ作用
  • 虫歯予防
  • 口臭予防
  •  
     

    ■お茶の苦み成分であるカフェインの期待される効果

  • 持久力増加
  • 利尿作用
  • 二日酔い防止
  • 疲労感や眠気改善
  •  
     

    ■お茶の旨み成分であるテアニンの期待される効果

  • リラックス作用
  • 神経細胞保護作用
  •  

    他にもビタミン類やフッ素、ミネラル、
    クロロフィルなどカラダにとって良い影響を
    もたらす成分ばかり含まれています。

    これによって成人病や肥満の予防免疫力の増加
    ボケ防止、そして美容にも効果が期待されています。

    普段あまり緑茶を飲む機会がない…、
    という方はご飯との相性もバッチリなので
    食事の時に飲むようにしてみてはいかがですか?

    緑茶の飲みすぎが胃に与える影響

    緑茶に含まれているカフェインはコーヒー同様、
    飲み過ぎてしまうとに大きな負担
    与えてしまう存在になります。

    健康に良いと言われているはずの緑茶が何故!?
    と思う方もいるでしょう。

    しかし、何事にも限度があることを
    忘れないでください。

    緑茶の1日の摂取目安は4杯ほどと言われています。

    それ以上の摂取は荒らす原因になったり、
    鉄分を含む胃腸薬や貧血症の薬の効果
    妨げる存在にもなるのです。

    さらに消化器官機能低下を招き、
    下痢を引き起こしてしまうこともあるので
    気を付けなければいけません。

    また、影響は胃だけに留まらず、
    他にもあります。

    カフェインの摂取によって眠れなくなったり、
    利尿作用効果によって二日酔い後
    脱水症状に陥りやすくなったりします。

    女性は緑茶に含まれるタンニンが原因で
    貧血起こしやすい状態にもなるので
    特に注意が必要です。

    正しい摂取量を守れば良いこと尽くしなので、
    飲み過ぎないようにすることが
    最大のポイントと言えるでしょう。

    まとめ

    緑茶に含まれている成分1つ1つが魅力的であること、
    そして私たちのカラダにどのような影響を
    もたらしてくれるのかを知れば
    積極的に飲もうと思うのも当然でしょう。

    しかし、1つ注意するとしたら飲みすぎないことです。

    飲み過ぎてしまい、悪影響を
    受けてしまったら元も子もありません。

    1日の摂取量は4杯以内に留めて下さい。

    また、濃い味の緑茶の場合は
    3杯を目安にすることをおススメします。


    関連コンテンツ

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ