紫外線で目が日焼けするってホント?その原因や症状とは?

日焼け止めや日傘、それにアームカバーなどで
紫外線対策を行っている方は多く見かけます。

sigaisentop

しかし、「これでバッチリ!」と思うほど、
甘くないのが紫外線の厄介なところです。

紫外線は肌だけではなく、
日焼け原因にもなる!
という噂を聞いた事はありませんか?

一見信じがたい噂ではありますが、これから
紫外線が強くなる時期を迎える今だからこそ
嘘か真かハッキリとしておきましょう。

そこで今回は紫外線日焼けするのか?や、
その原因症状などについて紹介していきます。

スポンサーリンク


 

紫外線で目が日焼けする?

結論から言うと、
紫外線で目が日焼けするというのは事実です!

日焼けをしたと言っても眼球黒くなったり、
ヒリヒリするわけではありません。

その為、肌とは違いあまり
重視されていないのが現実です。

しかし、当然ながら何も対処せずにいる
目の病気を引き起こす原因になります。

例えば急性紫外線角膜炎慢性の白内障
それに慢性の翼状片などが有名です。

どれも治療に掛かる時間は長く、症状によっては
一生付き合っていかなければいけないことに
なるかもしれません。

毎日の紫外線から受けたダメージ蓄積されれば、
眼病だけでなく目の老化を促進する原因にもなるので
早め早めの対策を心がけましょう。

紫外線で目が日焼けする原因とは?

紫外線の多くは眼球を守っている角膜で
吸収されるのでほとんど問題はありません。

しかし、波長によっては水晶体や眼球の奥にある
網膜にまで影響を及ぼす紫外線もあるのです。

この紫外線こそが目の日焼けの原因となります。

紫外線で目が日焼けしたときの症状とは?
紫外線日焼けした時にどのような症状が、
出るのかを把握しておくのも重要です。

症状は人によって異なりますが、
乾燥充血が定番と言えます。

また、涙が止まらないといった症状も
紫外線による日焼けが原因と考えたほうが
良いでしょう。

さらに、衝撃的な事実として
お知らせがあります!

それは目から入った紫外線でも
肌が日焼けしてしまうのです。

紫外線によって目の角膜に炎症を起こし、
その炎症が刺激となり脳下垂体に情報が伝わり
メラニン色素が防御しようとします。

この働きが体全体にメラニン色素を増やす事となり、
結果的に日焼けしてしまいます。

これはマウスを使った実験でも
確認されている事なので間違いない事実です。

まとめ

いかがでしたか?

紫外線対策肌だけでなく
目の対策も重要です。

見た目だけでなく眼病の予防や、
結果的には肌の日焼けの予防にも繋がります。

さらに目の老化防げるので、
紫外線が強くなるこれからの時期は
早めに対策を取るようにしましょう。

ということで、次回の記事は紫外線で
目が日焼けした時の対処法や防止する方法などを
紹介しますのでお楽しみに!


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ