日焼けの皮むけ!まだらにならないようにきれいにするには?

いよいよ夏本番!

夏と言えば海にプールにお祭りに…様々など、
冬とはまた違ったイベントが目白押しです。

楽しみがたくさんある一方で、
心配なのは日焼けですよね。

hiyaketetop

日焼けしない為に日傘をさしたり、帽子を被ったり、
日焼け止めクリームを塗ったりいろいろと
努力をしていることでしょう。

しかし、それでも日焼けをしてしまったら?

そこで今回は日焼け皮むけまだら
ならないようにきれいにする方法などを
紹介していきます。

日焼けに関する様々なことを
夏直前の今のうちに知っておきませんか?

スポンサーリンク


 

日焼けで皮むけする理由

日焼け後皮むけをしますよね。

気になってしまってついつい剥がしてしまう…、
という方も多いのではないでしょうか。

しかし、無理やり剥がすのは絶対にNGです!

その理由を知る為にも日焼けで
皮むけをする理由を知る必要があります。

■皮むけをする理由

  • 皮膚の細胞が乾いて死んだ状態になってしまっているから
  • 炎症を起こした皮膚が再生しようとしているから
  •  

    以上の2つが挙げられます。

    日焼けは火傷一種であり、日焼けした部分を
    守ろうと細胞が活発に働きだします。

    細胞の働きによって炎症を起こした皮膚の下で
    再生が始まり、古くなった皮膚が皮むけとして
    剥がれていく、ということです。

    つまり、皮むけは皮膚が再生している証拠であり、
    正常な証拠でもあるのです。

    これを無理やり剥がそうとすると、
    再生しきれていない皮膚が外部に出てしまい、

    細菌入り込んでしまう恐れがあるので
    自然に剥がれるのを待ちましょう。

    日焼けで皮むけしてまだらにならないようにするには?

    日焼け後必ず皮むけが始まります。

    皮膚が再生している証拠なので
    放っておくのが1番良いのですが目立つ部分、
    特に顔は気にされる方も多いでしょう。

    無理やり剥がしてしまうと、まだら状になってしまい
    高確率でシミになる恐れがあります。

    では、どうすれば良いのか?

    ポイントとなるのは、
    保湿ケア」と「ビタミン」です。

    少しでも皮膚の再生が早くなれば、
    皮むけも気にならなくなります。

    できるだけ刺激の少ない敏感肌用や無香料の
    美容液乳液クリームを使って保湿をしましょう。

    さらにお風呂ではゴシゴシ洗うのではなく
    優しく洗うように心がけましょう。

    そして、紫外線対策に有効的なビタミンAビタミンC
    ビタミンEを積極的に摂取するようにすれば、
    通常よりも早く日焼けの痕が気にならなくなるはずです。

    あとは日中は出来るだけ触らないように
    気をつけましょう。

    日焼けで皮むけしてかゆみをとめるには?

    日焼け後、皮むけだけで終われば良いのですが
    時に痒みを伴うこともあります。

    日焼けの状態にもよりますが、じっとしていられないほどの
    痒みが出て仕事に集中できない、夜も眠れない…
    なんてこともあるようです。

    無性にかいてしまいたい気持ちも分かりますが、
    そこはじっと我慢するのが無難です。

    そして、痒みを抑える正しい方法
    で回避するようにしましょう。

    では痒み抑える正しい方法とは?

    ポイントは3つ!

  • 冷やす
  • 保湿
  • 「オロナイン」、「ムヒ」などの軟膏を塗る
  •  

    そもそも痒みが出るのは、日焼けによって
    水分が失われ乾燥しているからです。

    まずは、氷などで冷やして麻痺させ、
    その後に乾燥した状態の肌に
    保湿効果のあるクリームなどを塗ります。

    それでも十分ですが、それでも痒みが治まらない場合は
    オロナインやムヒなどの軟膏を塗って対応しましょう。

    まとめ

    太陽の日差しが強くなるこれからの時期、
    まずは日焼け対策を心がけましょう。

    日焼けから肌を守ることができれば
    皮むけの心配もありません。

    また、皮むけを無理に剥がそうとすると
    シミになる確率が高いので、
    放っておくのが1番無難です。

    特に顔は鏡を見る度に気になりますが、
    そこはっじっと我慢しましょう。

    皮むけは短期間ですが、シミになれば
    長い付き合いになることは間違いありません。


    関連コンテンツ

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ