葛飾花火大会2015の日程や最寄駅は?有料席や穴場情報も!

7月8月になると、至るところで
花火大会が開催されますが毎年楽しみに
している方は多いことでしょう。

katusikahanabitop

東京都内にも幾つかの花火大会があり、
多くの観覧者で賑わいます。

東京都で開催される花火大会の中で
トップバッターを飾るのは
葛飾花火大会」ですよね。

都内で最初に開かれるということもあり、
約55万人以上の人たちが訪れると予想されています。

そこで今回は葛飾花火大会2015日程最寄駅
また、有料席穴場情報も紹介していきます。

まだ先のことだろう…と思わず、
早めにチェックしておきましょう。

スポンサーリンク


 

葛飾花火大会2015の日程と見所

葛飾花火大会2015の日程は7月21日(火)です。

※悪天候の際は翌日の22日(水)に順延
両日ともに実施できない場合は中止

時間は19時20分~20時20分

打ち上げ場所は葛飾区柴又野球場

花火大会が平日に開催されるのは
珍しいですが、葛飾花火大会は毎年7月
第四火曜日に開催されているのです。

平日にも関わらず55万人以上の観覧者で
賑わうのですから凄い人気ですよね。

葛飾花火大会の見所と言えば、1時間という
短時間の間に約12,000発の花火がコンスタントに
打ち上げられるところです。

また打ち上げ場所と観覧席が近いので、
迫力ある花火を堪能することができます。

仕掛け花火やナイアガラ、音楽に合わせて
テンポよく上がる打ち上げ花火は
子供からお年寄りまで楽しめますよ。

葛飾花火大会の最寄駅は?

葛飾花火大会は毎年混雑するので、
電車の利用をおススメします。

大会会場の最寄駅は京成電鉄柴又駅」です。

柴又駅を降りて最初に
目に飛び込んでくるのは寅さんの銅像!

実に下町らしい印象を受けるでしょう。

そこから約15分ほど歩けば、
大会会場に到着します。

また、人混みが苦手でないのであれば、
柴又帝釈天参道を歩くと多くの屋台が連なり、
活気ある雰囲気を味わえます。

お店を見ながら歩けば15分なんて
あっという間に感じるでしょう。

葛飾花火大会の有料席情報

迫力満点の葛飾花火大会を思う存分
楽しみたいのであれば有料席
確保したほうが良いでしょう。

有料席の販売はチケットぴあ
5月下旬頃から開始しています。

ビニールシート席で、
2人用が5,000円
4人用で6,000円となります。

確実に花火を近くで見たい
という方におススメです。

葛飾花火大会の穴場スポット

55万人以上の来場者で賑わう葛飾花火大会!
混雑するのは、もはや当たり前です。

しかし、それでも混雑を避けたい!
ゆっくりと花火を堪能したい!
という方もいますよね。

そんな方におススメな穴場スポット
幾つか紹介したいと思います。

■葛飾花火大会の穴場スポット

①新葛飾橋(水戸街道)
国道6号線上にある橋で、会場からも近く
迫力満点な花火を鑑賞することができます。

②江戸川河川敷
葛飾花火大会の打ち上げ場所は江戸川の川面になるので、
花火を見ながら歩いていれば空いている場所を
見つけることができるでしょう。

近くに高い建物もないので、
遮られる心配がないのも魅力です。

③松戸矢切高校跡地
2011年に統廃合された千葉県立松戸矢切高校周辺は、
打ち上げ会場の正面側にあり、
そこからでも十分花火を堪能できます。

屋台などは出ていませんが、
花火を鑑賞するだけであれば
混雑も避けられて楽しめます。

 

まとめ

下町の風情も味わえる葛飾花火大会は、
多くの人々で賑わいます。

本格的な夏を迎えるのに丁度いい花火大会を是非
近場で鑑賞してみてはいかがですか?

きっと忘れられない思い出となるでしょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ