足立花火大会2015の日程と時間は?穴場スポットと有料席は?

夏と言えば花火

adatikuhanabitop

そして東京花火大会と言えば
足立花火大会」です!

この足立花火大会は、東京メトロ千代田線鉄橋から
西新井橋間の荒川河川敷が会場となり、
東京1番早く開催されるんですね。

だから、「足立花火大会=夏の本格化」という
イメージが強いようです。

そこで今回はそんな足立花火大会2015日程時間
また、穴場スポット有料席についても
紹介していきます。

毎年恒例にしている方も、今年初めて行かれる方も
早めにチェックしておきませんか?

スポンサーリンク


 

足立花火大会2015の日程と時間は?

足立花火大会2015の日程と時間は、
7月18日(土)の19時30分~20時30分とります。

都内で最も人気のある花火大会という割には
短時間で終了するんだ…、と
思う方もいるでしょう。

しかし、足立花火大会の最大の魅力は、
コンスタント打ちあがる花火です。

打ち上げられる花火の数は約12,000発

60分に12,000発ということは単純に計算すると、
1分で200発、1秒で3.3秒ということになります。

定番の打ち上げ花火をメインにスターマインや
小型煙火、そして多くの人々を魅了する
ナイアガラなどの仕掛け花火が満載です。

ちなみに18日が荒天時の場合は、
翌日の19日(日)に順延されますが、
両日とも荒天の場合は中止となります。

迫力満点の足立花火大会を見る為にも
当日は晴れてほしいですね。

足立花火大会の穴場スポットは?

打ち上げ場所の千住側(堤南)は
屋台が出ていることもあり、毎年混雑しています。

少し離れた場所でも良いからゆっくりと見たい!
という方は穴場スポットに行かれてみては
いかがでしょう?

例えば、「梅島・西新井側の河川敷」では、
千住側よりも広々としているので
大人数で鑑賞する人におススメです。

仕掛け花火のナイアガラの滝も切れずに見れるので、
穴場と言ってもそれなりに人気がある場所となります。

また、出来るだけ人混みを避けたいという方は
扇橋大橋付近」がおススメです。

会場からは少し離れてしまうものの、
正面で花火を鑑賞することができます。

ビール片手に行けば有意義な1時間を過ごせるでしょう。

そして、最後に紹介する穴場スポットは
虹の広場」です。

千住新橋とつくばエクスプレス線のちょうど
中央辺りに位置する虹の広場から見る花火は
若干小さくはなりますが、それでも十分と言えるほどです。

本会場ほど混雑することはないので、
一度行ってみる価値はあるかと思います。

穴場スポットというだけあって、混雑を避けれて
且つ花火を満喫できるのですから必見です!

ゆっくりと鑑賞したいな…と思ったら是非、
行かれてみてはいかがでしょう?

足立花火大会の有料席や屋形船情報

毎年約60万人もの人で賑わう都内1人気のある
足立花火大会をゆっくりと鑑賞したい!という方は、
有料席屋形船を利用することをおススメします。

まず有料席についてですが、
足立花火大会では他の花火大会のように
大々的に販売しているわけではありません。

個人協賛という形で協賛した方に対し、1口2枚
観光交流協会観覧場所入場券」が配られます。

この入場券を使えば良い席で
花火を鑑賞ができるというわけです。

1口5,000円協賛なので、
2人分の入場券が欲しければ1口、
4人分なら2口となります。

そして屋形船に関しては
三浦屋、釣庄、あみ達、濱田屋から出ています。

花火を見ながら料理とお酒も楽しめるので、
存分に満喫したい方におススメです。

まとめ

足立花火大会の会場付近には交通規制があり、
駐車場ありません

その為、自動車やバイクでの来場は
出来なくなっています。

さらに歩行者との接触事故に繋がりやすい自転車での
来場もなるべく避けるように注意書きされた張り紙が
昨年は貼りだされていました。

せっかくの花火大会です。

最後まで何事も無く、楽しい雰囲気で終えられるように
する為にもマナーを守りましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ