浅草ほおずき市2015年の開催日程と時間!値段はいくら?

毎年行われる浅草のほおずき市

hoodukiititop

浅草寺で参拝すると46,000日分ご利益
あると言われ、多くの人々が訪れます。

何故、46,000日分の利益を得られるのか、
そして由来について疑問に思ったことは
ありませんか?

そこで今回は浅草ほおずき市2015開催日程
時間などの情報も加え、由来なども
一緒に紹介したいと思います。

名前だけ聞いた事はあるけれど、
何でほおずきなのか知らないという人も必見です!

スポンサーリンク


 

ほおずき市の由来とは?

ほおずき市の由来について知っていますか?

ただ参拝するだけでなく由来についても知っておくと、
ほおずき市をより一層楽しむことが出来るでしょう。

ほおずき市」と言えば、浅草浅草寺が有名ですよね。

地元の人をはじめ、都外から訪れる人も多く
毎年大賑わいとなる定番のイベントです。

しかし、実はほおずき市を開催する地域は他にもあり、
驚くことに始まり愛宕神社だったと言われています。

そもそも、日本には室町時代以降、
欲日(功徳日)」という縁日が設けられました。

その日に参拝すると1回百日分、または千日分
参拝に相当するご利益が得られるとされてきました。

特に7月10日の大功徳日は、「四万六千日」と呼ばれ
1回の参拝46,000日のご利益があると言われ、
多くの参拝者が訪れるようになりました。

現代のほおずき市は7月9日と10日の2日間行われますが、
これは7月10日に1番乗りで参拝したい人が前日から
訪れるようになったのをきっかけに始まったようです。

その為、今では7月9日と10日の両日
四万六千日の縁日とみなされるようになりました。

ほおずき市は元々、愛宕神社で開催されていた!

ほおずき市元々愛宕神社
開催されていたイベントである真実について
説明したいと思います。

東京都港区にある愛宕神社の千日詣りの縁日では、
薬草として使用されていたほおずきを売っていました。

当時はほおずき煎じて飲むと子供の疳の虫や、
大人の癪に効き目があると言われ
お土産として買っていくのが定番でした。

なぜ、浅草寺のほうが主流になったのかというと
様々な諸説があります。

中でも有力なのは、源頼朝討伐の帰りに浅草で
軍勢を休ませ、日射病で倒れた兵士たちに
ほおずきの実食べさせ元気づけたという言い伝えです。

今では毎年の恒例イベントとなっていますが、
それまでにはいろいろな歴史があったことを
覚えておきましょう。

浅草ほおずき市2015年の開催日程と時間

浅草ほおずき市2015年の開催日程と
時間についても早めに知っておいたほうが良いでしょう。

ほおずき市曜日関係なく
毎年7月9日と10日に行われます。

その為、2015年浅草ほおずき市は9日が木曜日で
10日が金曜日と両日とも平日の開催となります。

また、時間に関しては、以下のとおりです。

本堂:午前6時~午後8時頃

ほおずき市:午前8時頃~午後9時頃まで

ほおずきの販売は各店によって時間が異なる場合が
ありますし、10日のお昼過ぎた頃から店じまい
始めるところもチラホラ…と出てきます。

ほおずきをお買い求めになる際は、
早めに行かれることをおススメします。

ほおずきの値段はいくら?

ほおずき市で販売されているほおずきは、
価格協定があるようです。

その為どこのお店に行っても1鉢風鈴付き
ほおずき2,500円と決まっています。

価格で判断するのではなく、
ほおずきの状態の良さが決め手となりそうです。

●ほおずきの値段

枝ほおずき1,000円程度
鉢植えではなく枝にほおずきがぶら下がっているもの。

ひごほおずき50円程度
竹ひごにほおずきを付けたもの。

ほおずきの実だけを袋詰めにしたもの500円程度

 

10日の夕方ころになると、約120店あったほおずきの
お店がポツポツと店じまいの準備を始めます。

何だか少し寂しい雰囲気となりますが、
残っているお店では値下げが始まり
お買い得にほおずきを購入することができます。

「行くのが遅れたから残っていないかもしれない…」と
諦めてしまう人もいるでしょう。

しかし、ほおずきをお得に
購入できるチャンスかもしれません。

参拝も兼ねて行かれてみてはいかがでしょう?

まとめ

ただ単にほおずきを販売するイベントではなく、
様々な角度から調べてみるとより楽しく
イベントに参加することができます。

例えば、
何故ほおずきを販売するのか?
その名の由来は何か?」などですね。

また2015年の開催日程と時間を把握しておくことで、
今後の計画も早めに立てることが可能です。

都外の人は是非、予定を合わせて
参加してみてみませんか?

他のお祭りに比べると大人しいイベントではありますが、
参拝すれば46,000日分のご利益を得られるほおずき市は
是非とも参加したいイベントのひとつですね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ