赤ちゃんのおむつかぶれが治らない原因とは?予防法はこれ!

柔らか~い、ぷりぷりお肌の赤ちゃん。

omutukaburetop

とってもデリケートなので、ちょっとした事で
おむつかぶれをしてしまったり、肌荒れは心配ですよね。

ポツポツ赤みを帯びた、おむつかぶれ
痒みや、ヒリヒリと痛みを伴ったりします。

けれど、まだ赤ちゃんはお話する事も出来ないので、
「かゆい」「痛い」と訴える事も出来ません。

かぶれる前予防してあげる事が最善です。

もし、出来てしまっても・・・早急に気が付いて
治してあげたいものですね。

そこで今回は、赤ちゃんおむつかぶれ治らない原因や、
予防法などについて紹介していきます。

スポンサーリンク


 

赤ちゃんのおむつかぶれが治らない原因は何?

赤ちゃんがおむつで、かぶれてしまう原因は様々ですが、
主におしっこやウンチ、汗やムレなどの刺激が赤ちゃんの
お肌ダメージを与え、かぶれてしまう事が多いそうです。

赤ちゃんお肌は刺激に弱いので、
こすり過ぎが原因の場合もあります。

赤ちゃんのお肌デリケートなので、
やさしく拭いてあげましょう。

衛生的には問題ない、気を付けているのに
中々、かぶれが治らない場合・・・。

とっても、怖いお話しですが、汗やムレ、汚れにより・・・
カビ」が繁殖し、皮膚炎を起こしていることもあるんだとか。

もし、衛生にする事を心掛けているのに、かぶれ
治らない時は、カビ(カンジダ)などの疑いも
あるそうなのでお医者様見て頂きましょう

赤ちゃんのおむつかぶれを予防する方法とは?

先にお話しした通り、おむつかぶれの主な原因は
おむつの中が不衛生になっている事です。

ウンチやおしっこをした時は、
こまめにオムツ交換する事が大切です。

こすり過ぎも原因になるので、お尻ふきでの
拭きすぎに注意しましょう。

蒸しタオルなどで、ゆっくり汚れを落とすか、
可能であれば少し面倒ですが、洗い流しをしましょう。

洗い流しが、お肌には一番優しいのです!

キレイに拭けたら、時間や環境が可能であれば
すぐにオムツ履かせず、お尻を乾かしてあげましょう。

お尻を出したまま遊ばせてもOKですし、うちわで
仰いだりしてお肌をサラサラに乾燥させましょう。

時間が無い場合は、パウダーなどを使うと良いです。

素早く乾燥し、皮膚の保護にもなるのでおススメです。

要はキレイに、擦らずすばやく乾燥することです!

以上に気を付け、おむつかぶれを予防しましょう。

まとめ

おむつかぶれ、調べて見るとカビ原因の事も
あるなんて、怖いですね。

うちの娘は、おむつかぶれ知らずで
いつもスベスベのお尻だったのですが、
今回調べて納得です。

いつも家にいる時、おむつ交換の後は、
夏だったので、大判バスタオルを引いて
全裸でゴロゴロさせていました。

ムレ知らずだったのですね。

たまに、おむつ代が勿体ないからと、おむつが
もっこりなるまで、交換しないお母さんが居ますが、
くれぐれも勿体ないなどと、ケチらず交換しましょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ