熊谷うちわ祭り2015の開催日程は?駐車場や交通規制は?

熊谷うちわ祭り(くまがやうちわまつり)は、
埼玉県熊谷市の愛宕八坂神社の例大祭です。

kumagayautiwatop

行宮・商店を始め街中の至る所で団扇配られることから
うちわ祭り」と呼ばれ始めただけで、特に
団扇を使った催事があるわけではありません。

熊谷うちわ祭りは熊谷花火大会、とうろう流し、
雪くまなどと共に夏の風物詩として
熊谷市最大の行事として定着しています。

そこで今回は、そんな熊谷うちわ祭り2015年の
開催日程、また、駐車場交通規制
ついて紹介していきます。

早めにチェックし、今から
夏の予定を立てておきませんか?

スポンサーリンク


 

熊谷うちわ祭りの見所

熊谷うちわ祭り見所と言えば、やはり、
曳合せ叩き合い(ひっかわせたたきあい)です。

祭りの3日目に行われる催事で、
クライマックスを飾ります。

山車6台屋台6台熊谷囃子を鳴らしながら
市街地を練り歩き、巡行します。

その後、市街地のあちらこちらの街角で
引き合わせ叩き合いが繰り広げられ、
叩き合いをしながら全ての山車と屋台が
お祭広場1箇所集結します。

ライトアップされた山車と屋台は
昼間とはまた違った存在感を放ち、
多くの人々を魅了することでしょう。

熊谷うちわ祭り2015の開催時間や日程

日本一暑い街、埼玉県熊谷市の恒例行事と
なっている熊谷うちわ祭りは大変活気があります。

市街地を巡行する12台の山車と屋台
その絢爛豪華さから「関東一の祇園」と
称されるほどです。

地元住民はもちろん、県外から訪れる人も多く
熊谷市の最大行事として人気があります。

そんな熊谷うちわ祭り2015の開催日程ですが、
7月19日~23日までの全日程5日間で行われます。

ただし、19日の遷霊祭非公開で、
露店の出店21日と22日のみとなるので
この点だけ注意してください。

熊谷うちわ祭りの駐車場

熊谷うちわ祭りに車で来られる人もいるでしょう。

無料の臨時駐車場も設けられますが、
おすすめはオーク駐車場(熊谷駅北口・南口)です。

会場からも近く、収容台数も多いので困ったら
とりあえず、オーク駐車場を目指した方が良いでしょう。

※オーク駐車場(熊谷駅北口)
熊谷駅北口から徒歩5分
24時間営業で料金は60分/100円、
24時間以内/最大800円

※オーク駐車場(熊谷駅南口)
熊谷駅南口から徒歩3分
24時間営業で料金は60分/100円、
24時間以内/平日最大600円、
土日祝日700円

南口のほうが収容台数多いので、
北口より先に行くことをおススメします。

 

ちなみに無料駐車場には、
熊谷スポーツ文化公園熊谷市役所
熊谷会館なども開放しています。

熊谷うちわ祭りの交通規制

熊谷うちわ祭りには交通規制もあるので、
予めチェックしておくようにしましょう。

20日の交通規制は駅前だけですが、
21日と22日は国道17号まで広がります。

詳しい情報に関しては、熊谷市の
公式ホームページで確認してもらうと
分かりやすいかと思います。

もし、出来るだけ混雑避けたい人
熊谷スポーツ文化公園から出る無料送迎バス
利用するのもひとつの方法です。

熊谷スポーツ文化公園には21日と22日のみ
なりますが、無料駐車場が開放されるので
車で来られる人にも便利です。

まとめ

関東一の祇園と称される熊谷うちわ祭りは、
活気があり元気づけてくれる存在で、
例年約70万人の人々で賑わう大規模なお祭りです。

20日から行われる初叩き合い(はつたたきあい)から始まり、
22日クライマックスを飾る曳合せ叩き合いまで
見逃すことのできない3日間となるでしょう。

祇園祭りと言えば京都・八坂神社を
思い浮かべる人も多いかと思います。

しかし、熊谷うちわ祭りを一度見れば、
その壮大さに圧巻されることでしょう。

決して関西のお祭りに引けを取らない
熊谷うちわ祭りを是非拝見してみて下さい。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ