眉間のしわができる原因は何?対処法はコレ!

老け顔の原因にもなるしわ

特に眉間にできたしわは、幸せを遠ざける不幸
の顔
に見えるとまで言われています。

mikensiwatop

眉間にしわができる原因は何なのか?

そして、しわができた時の対処法は?

原因と対処法を知っておけば、少なからず
何もしないよりは断然若々しく見えるはずです。

諦めるよりも早め手を打ってみませんか?

そこで今回は、眉間しわができる原因と、
しわができた時の対処法について
紹介していきます。

スポンサーリンク


 

眉間のしわができる原因は何?

眉間にしわができる原因として、
主に以下の3つが挙げられています。

【表情の癖】
【乾燥】
【コラーゲン不足】

■表情の癖
眉間のしわの三大原因の中でも特に
関係性高いと考えられているのは「表情の癖」です。

文字が見えづらくて目を細めたり
悩み事を抱えていて深刻な顔をしていたり、
イライラして眉間にしわを寄せたりしていませんか?

自分ではしていないつもりでも、
癖になっていたりするかもしれません。

家族や友人などに、自分が眉間にしわを
寄せる癖があるかどうか聞いてみると良いでしょう。

一度だけならダメージが少なくても、
表情があると少しずつ蓄積されて、
結果的にしわになってしまいます。

さらに眉間は他の部位に比べると皮膚が薄いので、
しわになりやすいというのも原因と言えるでしょう。

怒りっぽい人も眉間にしわが出来やすいので、
出来るだけ怒らないように性格から改善するべきです。

■乾燥
そもそも眉間は皮脂分泌が少なく、
乾燥しやすい部位なのです。

乾燥すると角質の表面が剥がれやすく
隙間から表皮の水分が蒸発し、
しわ出来やすい状態に陥ります。

皮膚が薄いことも加わり、乾燥すると
硬くなりやすく結果的にしわが出来るのです。

化粧水だけのケアはすぐに蒸発してしまうので、
その後の乳液やクリームを使った保湿ケア
重要となります。

■コラーゲン不足
コラーゲンの役割は肌の弾力を保つことであり、
これが不足してしまうと表情の変化で出来たしわ
弾力で戻すことが出来ない状態になります。

つまり、しわがそのままの状態に残る、
ということです。

もし、コラーゲン不足の状態で、
眉を寄せたり目を細めたら…。

しわが戻らなくなることを考えたら
恐ろしくて出来ませんよね。

もちろん、表情の癖同様、何度も回数を
積み重ねたらの話ですが早めに
手を打っておいて損はないでしょう。

眉間のしわの代表的な原因は主に3つですが、
他にも横向き寝ていたり、長時間
PCやスマホ操作も例外ではないようです。

眉間のしわができた時の対処法

残念ながら眉間に関わらず、
しわをとる方法は美容整形以外ありません。

しかし、完全に無くすことはできませんが、
薄めること十分可能なので諦めないでください。

しわを薄める方法にはいろいろとありますが、
手っ取り早く出来るのは口角を上げる方法です。

ただ、左右の口角挙げるだけでも
眉間広げる作用があるので、
しわを薄める効果が期待できます。

他にも鼻筋から眉間マッサージしたり、
眉間のしわつまむだけでも効果的です。

道具要らずで仕事や勉強の合間に簡単に出来るので、
癖づけしておくと知らず知らずのうちに
自らアンチエイジングをしていることになります。

まとめ

眉間しわがあるだけで
怒っているような顔に見られ、
あまり良い印象を持たれなかったりします。

印象を良くする為にも今日から
眉間のしわ対策に努めてみませんか?


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ