公務員の2015年のお盆休みはいつからいつまで?

毎年、8月中旬頃に訪れるお盆休み
この時期に合わせて実家に帰省したり、
旅行をする方は多いですよね。

summer_kisei

では、2015年お盆休み
いつからなのでしょう?

遠出をする予定があるのであれば、
早めの計画を立てておいたほうが良いでしょう。

また、公務員お盆休み
気になるところだと思います。

もし、公務員にもお盆休みがあったら、
市役所や区役所も休みなの?
と私たち民間人にも少なからず影響してきます。

そこで今回は公務員2015年のお盆休みが、
いつからいつまでなのかを紹介していきます。

スポンサーリンク


 

公務員の2015年のお盆休みはいつからいつまで

公務員の2015年のお盆休み
いつからいつまでなのか、その答えは、
15日の土曜と16日の日曜の2つ日間のみです。

えっ!少ない!?

と思う方もいるでしょう。

実は公務員にはもともとお盆休みありません

その為、カレンダー通りになるので
2015年は土日の15日と16日がお休み
ということになるのです。

民間人にとって、公務員のお盆休みなど
一見どうでもいいように思えるかもしれないですよね。

しかし、公務員が休みということは、市役所をはじめ
様々な施設機関休みということになります。

実はこれ、私たちの生活にとって
不便な環境が生み出されることになるのです。

どういう事かというと…、

例えば出生届や転居届など、市役所に○日以内に提出!
と期限が決まっているものもありますよね。

もし、市役所何日間休みだったら…?
もしかすると期限内に出せない可能性だって出てきます。

また、災害など突然のトラブルに対応するのも
基本的には市役所や区役所の役目です。

判断したり指示をする中心的な存在が
何日間も休みだったら不安ですよね。

ちなみに、同じ公務員でも学校の先生は生徒同様、
夏休みに入っている…と思われがちですが、
決してそんなことはありません。

先生だって夏休み期間中は学校に来て、
それぞれ仕事をしています。

だいたいお盆の時期に合わせて
4日~5日ほどの休暇を得ているようです。

民間企業のお盆休みは?

では、民間企業の2015年のお盆休み
いつからいつまでなのでしょう。

帰省や旅行の計画を立てる方は、
早めに把握しておく必要があります。

そもそもお盆自体、8月13日~8月16日の4日間です。

先祖の霊を家に迎え入れる迎え日が8月13日で、
先祖の霊を見送る贈り日が8月16日、
ということで決められています。

しかし、土日を挟めば更に長くなります。

2015年は13日(木)で14日(金)、15日(土)、16日(日)
お盆休みで、17日から通常通り始まる企業が多いと思います。

ただ、企業によっては土日の分を振り替えて、
17日(月)と18日(火)まで休みのところもあるでしょう。

とりあえず確実に休みなのは
13日~16日という事になります。

まとめ

福利厚生に力を入れている企業や製造業
それに自動車関係の企業は他の企業に比べると
比較的お盆休みの期間が長い傾向にあります。

2015年の場合、8月8日(土)~8月16日(日)までの
9連休というところもあるはずです。

9連休もあれば、日々の疲れをリフレッシュする為に
海外旅行に行くのもいいですね。

ちなみに銀行サービス業はお盆休みがなく、
カレンダー通りの営業となります。

お店によっては、お盆期間中の間だけ
早めに閉店したりするところもあるので
チェックしておいたほうが良いでしょう。

2015年のお盆休みを有意義に過ごす為にも
ある程度の計画は必要です。

旅行を計画している場合は、
早めに休みを把握しておけば、
早得で宿泊先も確保することができます。

また、2016年から8月11日
山の日」として新たに国民の祝日が出来ます。

山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝を
する日なのですが、お盆休みの期間と近い為、
11日が休みなら12日も休みにしてしまおう!
と考える企業も出てくるでしょう。

そうなると毎年13日から始まるお盆休みが、
11日から始まるのが定番になってきます。

まだ早いかもしれませんが、来年のことも
少し頭に入れておいて損はないでしょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ