暑中見舞いの時期はいつからいつまで?書き方、マナーや文例は?

暑中見舞いを出す時期
いつからいつまでなのか知っていますか?

syutyumimaitop

時期がズレてしまうと、相手方にも
変な印象を与えてしまう恐れがあります。

いつから出していいのか、そして、いつまでに
出さなければいけないのか、正確に知らない人も
多いことでしょう。

そこで、今回は暑中見舞いを出す時期
いつからいつまでなのか、また、書き方マナー
文例などを紹介していきます。

スポンサーリンク


 

暑中見舞いの時期はいつからいつまでに書けばよい?

いつから暑中見舞いを出していいのか、また、
今更出しても遅くないか、など気を遣いますよね。

毎年恒例のものなので、きちんと覚えておくと便利です。

暑中見舞いは1年で最も暑さが厳しい時期に出します。

具体的には
梅雨が明ける小暑(7月7日)~立秋(8月7日)まで
相応しいでしょう。

7月下旬から8月上旬に出される方が多いので、小暑から
出して良いんだ…と意外に感じられる方も多いかもしれませんが、
早めに出してもマナー違反ではありません

ちなみに立秋を超えた8月7日以降に出すのであれば、
暑中見舞いではなく残暑見舞いになるので、
その辺は注意が必要です。

時期が分かれば、いつ頃から準備しなければ
いけないのかも分かりますね。

暑中見舞いの書き方やマナーは?

暑中見舞いの書き方マナーについても
覚えておくと何かと便利です。

基本が分かっていれば、応用することも出来るので
この機会に是非、覚えてみてはいかがですか?

では早速、書き方から説明したいと思います。

暑中見舞いを書く際、難しい言葉がよく使われがちですが、
重要なのは、言葉よりも書き方順番です。

相手も読みやすくて、一般的なのは
以下のような順番です。

1.暑中見舞いの挨拶
2.時候の挨拶
3.書き手の近況報告
4.相手の体調を気遣う言葉
5.日付

 

このような順番で書いていくと、
相手も読みやすい理想的なとなります。

マナーとしては、自分の近況報告だけで終わらせず、
相手のことも気遣った文章にすることです。

そもそも、暑中見舞いは相手の安否
健康を気にかける為に送られるものです。

それなのに、気遣った文章がなければ
趣旨から少しズレてしまいますよね。

以上のことを気を付けながら
書いてみて下さいね。

暑中見舞いの文例

暑中見舞いを出す際、どのように書いたらいいのかで
迷う方も多いでしょう。

そこで、おススメなのが、いろいろなホームページで
紹介している文例を参考にすることです。

■暑中見舞いの文例

暑中お見舞い申し上げます。
 
梅雨明け以降、
本格的な暑さが続いておりますが、
いかがお過ごしでしょうか。
私は今月から健康対策もかねて、
ジムに通い始めました。
日々のトレーニングで、
今までどれほど怠けていたのかが
身にしみて痛感しているところです。
暑さはこれからが本番です。
どうかくれぐれもご自愛ください。
            
              平成○○年  盛夏

 

他にも友人あてに出すのであれば、
もっと砕けた文章でも良いでしょう。

誰あてなのかによって
臨機応変に対応してみて下さい。

まとめ

暑中見舞いには、決められたルールは
基本的にありません。

出す時期と文章の流れを把握しておけば、
誰にだって書けます。

もちろん、子供も書けるので、夏休みを利用して
学校の友達に送ってみるのも日本の文化を
伝える良いきっかけになるでしょう。

また、出産引越しなどの報告も兼ねて
暑中見舞いを出す方もいます。

ハガキに写真を付けて一工夫するのも
インパクトがあり良いですね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ