お盆玉の発祥と由来とは?相場はいくらくらい?

突然ですが、お盆玉って
聞いた事ありますか?

お盆玉とは簡単に言えば、お盆の時期に
集まった親戚の子供たちに
あげるお小遣いのようなものです。

obondamatop

つまり、お年玉お盆バージョン
といったところですね。

しかし、あまり聞き慣れない方も
少なくないでしょう。

お盆玉は用意するべきなの?
と迷ってしまうのも無理はありませんよね。

そこで今回は、お盆玉発祥由来
相場について調べてみましたので
紹介していきますね。

スポンサーリンク


 

お盆玉の発祥と由来とは?

そもそもお盆玉発祥がどこからなのか
気になりますよね。

企業が仕掛けた新習慣、一部の地域では
からあった習慣が今になって広まり始めている…
などいろいろな説があります。

では、どれが真実なのでしょう。

昔から多くの地域では、お盆の時期になると
お小遣いや物をあげる風習がありました。

一例を挙げると、東北の一部地域では
奉公人に衣服や下駄などを渡す
お盆小遣い」という風習があったようです。

この風習は江戸時代から行われ、
山梨県では子や孫から祖父母に長寿を願って
物を贈る「生身玉」というのがありました。

各地域ではお盆玉という言葉を使ってはいませんが、
お盆に親戚が集まれば子供たちお小遣いをあげる、
という風習はどこにでもあったはずです。

では、いつからお盆玉定着し始めたのか。
そこには山梨県ある企業
郵便局が大きく関わってきます。

山梨県の株式会社マルアイという会社では、
2010年からお盆玉袋というオリジナル
ポチ袋を販売し始めました。

周辺地域ではお盆になると子供たちにお盆玉を
あげる風習が少しずつ広まってきたのですが、
この風習に乗っかろうとしたのが郵便局です。

郵便局でも夏の新習慣として、
2014年7月からお盆玉袋販売し始めています。

郵便局でも取り扱われるようになり、
メディアにも取り上げられるようになり、
認知度が上がったというわけです。

お盆玉の相場はいくらくらい?

お盆玉をあげるのは大人の役目ですが、
そこで気になるのが相場ですよね。

しかし、お盆玉をあげるあげないは
大人の自由です。

今までそんな風習なかったんだから
お年玉だけで勘弁してほしい…
というのが本音ではないでしょうか。

ただやはり、帰省する際は用意だけで
もしておいたほうが良いでしょう。

例えば、自分の子供が貰ったのに
親戚の子供にはあげなかった
というのは気が引けますよね。

せっかくの帰省も苦い思い出と
なってしまいますし、用意だけでも
しておけば臨機応変対応できますよ。

ちなみにお盆玉の相場は、
以下のとおりです。

■お盆玉の相場

未就学児:1,000円未満、
小学生 :1,000円~3,000円、
中学生 :3,000円~5,000円、
高校生 :5,000円~10,000円

 

基本的にはお年玉7割~8割ほどが
相場のようです。

まとめ

お盆玉という風習は、
まだまだ認知度低いようです。

しかし、時期になると全国の郵便局をはじめ
スーパーやコンビニなどで
お盆玉袋販売されます。

もしかしたら何年か後には、
定着するかもしれませんね。

お盆玉をあげるかどうか
そして幾ら包むのかは、
予め親戚聞いておくと確実ですよ。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ