関西と関東のお中元を贈る時期はいつ?相場やマナーの違いは?

言葉や食文化をはじめ、
関西関東では異なることが多いですよね。

では、お中元に関しても
何か異なる点はあるのでしょうか?

otyugentop

例えば関西に住んでいる人が関東
住んでいる友人や知り合いにお中元を贈る際、
適した時期はいつなのか?

そして、相場などについても
調べておいたほうが良いでしょう。

いくら住む環境が違うと言っても、
そこは贈る相手合わせるのがマナーです。

これからも良い付き合いが続くようにする為にも
知っておいて損はないでしょう。

そこで、今回は関西関東お中元を贈る時期
相場マナーについて紹介していきます。

スポンサーリンク

関西と関東のお中元を贈る時期はいつ?

関西と関東のお中元贈る時期はいつなのか、
知り合いが居る居ないに関わらず
それぞれ知っておくと何かと便利です。

具体的な時期は、

関西では7月上旬~8月15日

関東では6月下旬~7月15日

までに届くように贈るのがマナーです。

関西と関東では1カ月もの違い
あることが分かります。

ただ、近年では、あまり地域差が無くなってきていること、
年々贈る時期が早くなってきていることから、
あまり意識されなくなっています。

若い世代の方に贈るのであれば、
6月下旬から8月15日の時期に贈っても
問題はないと思います。

しかし、年配の方や目上の方に贈られるのであれば、
少し時期意識したほうがいいかもしれません。

その辺に関しては、贈る相手によって
臨機応変に対応してください。

また、それでも心配な方は関西と関東の
時期重なる7月10日頃に届くようにすると
間違いありません。

お中元の相場はいくらくらい?

お中元の時期に違いがあるなら、
もしかすると相場にも違いがあるのかも…。

こう考えるのも無理はありません。

結論から言うと、
関西と関東の相場は同じです。

強いて言うのであれば、地域製ではなく
贈る相手によって相場は変わります。

お中元を贈る相手別の相場

■知人や親せきなど
一般的なお付き合いをしている方には、
3,000円~5,000円。

■上司や仲人など
日頃からお世話になっている相手には
5,000円程。

■自分が特別お世話になっていると感じる相手
8,000円~10,000円を目安にすると良いでしょう。

あまり高価すぎるものを贈ると、
喜ばせるどころか逆に
困らせてしまうこともあります。

安すぎず高すぎず
お中元を贈る暗黙のルールです。

また、相場を重視するのも大事ですが、
相手喜んでくれるものを贈るのも
ひとつのマナーです。

食べ物であれば、苦手なものや
アレルギーなどはないか、
事前に調べておくべきですね。

お中元を贈るときのマナーは?贈る時期が遅れたら?

お中元を贈るときは、高価すぎるものを贈らない
相手が苦手なものを贈らない、そして、
お中元の期間中贈る、というのがマナーです。

では、もし贈る時期が遅れてしまったら
どうしたら良いのでしょう?

お中元を贈る際、必ずのしを付けますが、
贈る時期が遅れた場合
のしの表書きを換える必要があります。

関西の場合は、
7月上旬~8月15日が「お中元
8月16日~8月31日頃までは「残暑御見舞

関東の場合は、
6月下旬~7月15日が「お中元
7月16日~8月7日頃が「暑中御見舞」「暑中御伺
8月7日頃~8月31日頃が「残暑御見舞
とそれぞれ書きます。

のしの表書きを換えれば遅れた時の対処は、
これでバッチリです。

まとめ

いかがでしたか?

関西と関東でのお中元には約1カ月があること、
そして、相場はだいたい同じくらい。

また、贈る時期が遅れた時のしの表書きには
若干違いがあることが分かりましたよね。

去年は何を贈って何を受け取ったか、そし、
幾らのお中元を選んだのか、忘れないように
メモ書きしておくといざという時に役立ちます。

あとは基本的なマナーを守れば、関西と関東、
住む場所が違っていても良好な関係を
続けることができるでしょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ