長寿のお祝いの言葉の文例やおすすめのプレゼントはこれ!

長寿のお祝いと言えば還暦喜寿が一般的ですが、
実はにも様々な長寿があることを知っていますか?

おじいちゃんやおばあちゃん、それにお父さんや
お母さんにいつもの感謝を込めて
プレゼントを贈ってみてはいかがでしょう。

kanrekitop

子供一同、孫一同で贈れば、
きっと喜ばれるでしょう。

そこで今回は長寿お祝い言葉文例
おすすめのプレゼントを紹介していきます。

金額的なこともあると思うので、
長寿お祝いに該当するのであれば
早めの計画をおススメします。

スポンサーリンク


 

長寿のお祝いの名称と意味

長寿のお祝いは、
年齢によって名称異なります。

間違った名称でのしを付けてしまった…
なんて事のないよう一度だけでなく、
ニ度三度は確認するようにしましょう。

●還暦(かんれき):60歳
生まれた年の干支にもどることから、
満60歳で祝う

●古希・古稀(こき):70歳
唐の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」
に由来する。

●喜寿(きじゅ):77歳
「喜」のくずし字が、七十七となることから。

●傘寿(さんじゅ):80歳
「傘」のくずし字が、八と十を重ねた形から。

●米寿(べいじゅ):88歳
「米」の字をくずすと、八と十と八に分かれるから。

●卒寿(そつじゅ):90歳
「卒」のくずし字「卆」が、九十と読めるから。

●白寿(はくじゅ):99歳
「百」から横線の「一」を取ると「白」になるから。

●紀寿(きじゅ):100歳
一世紀を表わす「紀」から。

●茶寿(ちゃじゅ):108歳
「茶」の字をくずすと、二十と八、十と八に分かれるから。

●皇寿(こうじゅ):111歳
「皇」は「白」と「王」に分かれ、
「白」は百から一を取ると白になるので99に、
「王」は十とニにくずせるので12をそれぞれ表し、
足すと99+12=111歳。

 

改めて見てみると、それぞれ漢字やくずし字が
名称に大きく関係しているのが分かります。

ひとつひとつの名称を覚えるのは大変なので、
まずは何歳祝い事があるのかを覚えましょう。

長寿のお祝いの文例

長寿のお祝いの文例は様々です。

どの長寿に当てはまるのか、
そして送る相手が自分と
どんな関係にあるのかによって決まります。

一例を挙げると…

■還暦祝いでお父さんに送る長寿の言葉の文例
「お父さん、還暦おめでとう。
これからも元気で長生きしてください。」
 

■喜寿祝いでおばあちゃんに送る長寿の言葉の文例
「おばあちゃん、喜寿おめでとう。
これからも若々しい自慢のおばちゃんでいてね。
 
これからも身体には気を付けて、
いつまでも長生きしてください。」
 

このような感じで、まずはお祝い言葉を書いて
その後一言添えると良いですね。

また小さいお孫さんが送るとしたら、
もう少し子供じみた文章のほうが
微笑ましくて喜ばれます。

長寿のお祝いのプレゼントのおすすめ

長寿のお祝いに必ずこのプレゼントを
贈らなければいけない!という決まりはありません。

送る相手の趣味好きな物を贈って
喜ばせましょう。

ちなみに人気があるプレゼントは、温泉旅行
全国各地の取り寄せグルメなどのようです。

また、形に残るものを贈りたい人は、
お茶わん湯飲み茶わんなど
毎日使うようなものを選びます。

●プレゼントの相場

両親には2~3万円(義理の両親も含む)、
祖父母1~2万円
親戚に至っては5千円~1万円となっています。

1人贈るのも良いですし、
兄弟や孫同士で出しあって
少し奮発してみるのも良いですね。

まとめ

何を贈るか、どんな文面にするかで迷ったら
ギフトプラザ相談してみるのもひとつの方法です。

多くのお客さまを相手にしているので、
どんな人がどんな物を好まれるのか、

そして、適している文面なども
アドバイスをしてくれるでしょう。

いつもお世話になっているあの人へ、
今度は自分から感謝の気持ちを込めて
長寿お祝いを贈ってみませんか?


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ