革靴の手入れの方法とは?長持ちさせる方法はコレ!

革靴を買ったけれど手入れの方法が分からない
という人は少なくないはずです。

kawagututop

靴屋さんで聞けば教えてくれるでしょうが、
大概は購入することを目的に行くので
そこまで聞かない人がほとんどのようです。

しかし、方法によっては革靴の状態に影響が
出るので、長持ちするかしないかは手入れ次第
と言っても過言ではないでしょう。

そこで今回は革靴手入れ方法
長持ちさせる方法を紹介していきます。

スポンサーリンク


 

革靴を新しく購入した時の手入れは?

突然ですが質問です。

革靴を新しく購入した時、
何か手入れをしてから履きますか?

購入したばかりなのに
手入れをする必要はないだろう…
と思うかもしれません。

しかし、この時点で手入れするかしないかで
汚れの付き方やその汚れの落ち方
差が出てしまいます。

まず始めに革靴を購入した際は、
ブラシや柔らかい素材のタオルなどで
軽く汚れ落とします。

その後、革靴専用クリームを塗っておけば
表面に薄い保護膜が出来て汚れ
付きにくくしてくれるのです。

最後の仕上げ防水スプレーをかけておけば、
さらに汚れ付きにくくなりますし、
例え汚れが付いたとしても落としやすくなります。

履く前の手入れは、展示品や箱に入っていた
新品関係なく行うようにしましょう。

革靴に擦り傷がついてしまったら?

大切な革靴に擦り傷が出来てしまったら
ショックは大きいですよね。

しかし大丈夫!

正しい方法で手入れをすれば、
擦り傷だってキレイ直すことが可能です。

まず始めに、靴の汚れをクリームや
ムースなどで落とします。

そして、擦り傷がついた部分
靴クリームを塗って、色を馴染ませます。

靴クリームは革靴の色のものを選んでください。

黒い靴なら黒色を、ワイン色ならワイン色を…
という感じで同系色のものを選ぶことで
擦り傷が目立ちにくくなるのです。

もし、求めている色の靴クリームが
近所の靴屋さんに無かったら、
ネット通販を利用するのも1つの方法です。

靴クリームは1回でそれなりに目立ちにくくなりますが、
数回繰り返すことでより効果が得られるようになります。

塗り込むという感覚で行ってみて下さい。

革靴が濡れてしまった時の手入れは?

履いていれば、雨などで革靴が
濡れてしまうこともありますよね。

そのまま乾くまで玄関に放置しておくと、
型くずれやカビ、それに硬くなってしまい
靴を傷める原因にもなります。

革靴濡れてしまったら、
必ず手入れをするようにしましょう。

手入れの方法としては、まず始めに濡れて
しまった革靴を乾かさなければいけないので、
靴の形を整えるシューキーパーで固定し、
風通し良い日陰に置いて乾燥させます。

もし、シューキーパーを持っていない場合は、
ティッシュをくるんだ新聞紙でも代用できます。

次に完全に乾いたらクリーナー
汚れを落とします。

そして、ビンやチューブなどの靴クリーム
水で失われた栄養を革に与え
ブラッシングをしてツヤを出します。

最後に防水スプレーをかけて、
今後の雨対策に備えて終了です。

革靴が乾いて粉をふいてしまった時の手入れは?

びしょ濡れになってしまった革靴。

乾いたら粉をふいてしまった!
なんて経験はありませんか?

粉の原因は革の中に含まれている
塩分脂分です。

カビとはまた違いますが、見た目は
非常に悪いので早めの手入れを心がけましょう。

まずは粉の原因である塩分や脂分を落とす為、
革靴にあったクリーナーを柔らかい布
取って優しく拭き取ります。

次にブラッシングで細かい汚れを落とし
最後に革靴と同色の靴クリーム塗り込めば完成です。

革靴にカビが発生しまった時の手入れは?

手入れを怠ると、時にカビが
発生してしまうこともあります。

カビが生えた靴なんて履けない!
と思う人もいるかもしれません。

しかし、折角の革靴をそう簡単に
手放してしまって良いのでしょうか?

カビが発生してもきちんと対応すれば、
見た目もキレイになりますし、
まだまだ履き続けることも可能なはずです。

とりあえず捨てることを決断するのは、
手入れをしてみてからでも
遅くないのではないでしょうか。

手入れをする前に、まず始めに
風通しのいい場所で革靴を
乾燥させてから行うようにしましょう。

そして、いざ手入れをする際には、
カビを吸い込まないようにする為、
マスクを装着すると尚良いです。

革靴のカビは、カビ専用
ミストを使って手入れします。

柔らかい布ミストを吹きかけて湿らせてから、
カビ抜き取ります。

その後、同じカビ専用のミストを革靴全体に
拭きかけて乾くまで風通しのいい場所で陰干しします。

最後にブラッシングを行い、
ツヤを出せば完成です。

ただし、手入れができるのは
表面上のカビのみになります。

カビ深く入り込んでいる場合は、
十分に除去できないこともありますし、
例えカビを取り除くことが出来たとしても
シミになってしまうこともあります。

予防として、こまめに手入れをすること、
湿気を溜めこまないように除湿換気
心がけるようにすることをおススメします。

まとめ

革靴は履いているうちに足に馴染み
長持ちすることが人気の秘密です。

合皮に比べると少々値は上がりますが、
長い目で見ると革靴のほうが
安上がりだったりします。

また、お手入れ用品を1つ1つ揃えるのは大変ですが、
汚れ落としとツヤ出し、それに革に栄養を与えるなど
様々な効果が備わっているお手入れ用品もあります。

キレイな状態で履き続ける為にも、
今度の休日は革靴の手入れをしてみませんか?


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ