東京湾花火大会2015の日程は?穴場やおすすめスポットは?

2015年で27回目に突入する東京湾花火大会は、
隅田川花火大会や神宮外苑花火大会と並び
東京三大花火のひとつです。

toukyouhanabitop

都内最大級と言われる1.5尺玉10発や芸術玉
尺玉100発など見所満載の花火大会に訪れる来客数は
なんと約70万人と言われています。

そこで今回は家族や友人、カップル、誰と行っても
楽しめる東京湾花火大会2015年の日程穴場
そしておすすめスポットを紹介していきます。

スポンサーリンク


 

東京湾花火大会2015の日程

東京湾花火大会2015日程は既に発表されていて、
2015年8月8日(土)19時~20時20分です。

また、荒雨の場合は翌日に順延されますが、
翌日もまた荒雨だった場合は中止となります。

東京港の晴海ふ頭公園晴海埠頭沖合台船
約12,000発もの花火が打ち上げられる予定です。

東京湾花火大会の穴場は?

年に一度しか見れない東京湾花火大会は、
見るスポットによって、また違った雰囲気を
味わうことができます。

東京湾花火大会は会場で見るのも迫力が
あって良いのですが、人が混雑する場所が苦手だったり、
会場とは違う場所から見てみたい、という人もいるでしょう。

そんな人たちにおすすめの場を
幾つか紹介したいと思います。

①【お台場ビーチ】
レインボーブリッジによって花火の下部が
若干見えづらくなりますが、
十分に満足できる範囲です。

ビーチの雰囲気も味わえて
ロマンチック気分にもなれるので、
デートに行く際におすすめです。

ただ、毎年混雑するので、早めの
場所取りを心がけるのは必須となります。

②【有明スポーツセンター展望台】
あまり知られていないスポットなので、
混雑することも少なくゆっくりと
花火を見ることができます。

また、ベンチや休憩室もあるので
何かと便利です。

③【辰巳桜橋】
あまり車が通らない橋なので、
子供連れの人でも落ち着いて見られます。

地元の人にしか知られていない穴場なので、
人も少なく人混みが苦手な人に最適です。

他にもJR「品川」駅付近や、
潮風公園の北側も少し離れはするものの
花火大会を満喫することは十分に可能です。

ちなみにデートでおすすめな
有料穴場スポットとして、
アクアシティがあります。

日本最大級のエンターテイメントショッピングモールで、
夜景を見るのに最適な施設です。

レストラン予約しておけば、
食事をしながら夜景と花火一望でき、
ロマンチックな夜を過ごせるでしょう。

東京湾花火大会のおすすめスポットは?

東京湾花火大会では晴海主会場
晴海第二会場無料席が用意されています。

近くで花火を見たい!」という人には
おすすめのスポットです。

晴海主会場で約50,000人
晴海第二会場で約30,000人
合計80,000人もの人たちが入れます。

希望する人があまりにも多く、
毎年抽選を行っています。

ハガキまたは中央区ホームページにて
6月中旬から募集を始めています。

早めに予定を立てて是非、
参加してみてはいかがでしょう。

まとめ

東京湾花火大会では都心でも唯一の最大級である
1.5尺玉10発をはじめ、次々に上がる尺玉100発、
子供たちが喜ぶハート型の花火があがります。

また、キャラクター型の個性的な花火は
多くの人たちから歓喜が湧きます。

都外からわざわざ訪れる人も多く、
毎年の恒例行事として楽しみにしている人も
少なくないはずです。

そんな、東京湾花火大会は会場となる晴海周辺に
2020年に開催される東京オリンピックの選手村が
建設されることもあり、今年で最後かもしれない…と
いうがあります。

その事もあり、今年は例年以上盛り上がる予感がするので
場所取りや予定立ては早めに行うようにしましょう。

また、東京三大花火大会のひとつでもあるので、
今年が最後と言わず、打ち上げ場所を変えてでも
続けてほしいものです。

今後の展開に注目したいところですね。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ