隅田川花火大会2015の日程と場所は?場所取りは必要?穴場は?

1733年から始まった隅田川花火大会

sumidagawahanabitop

江戸時代から続いている歴史的な行事ですが、
回数を見てみると意外にも2015年で38回目と少なめです。

実は何度も中断を余儀なくされてきた隅田川花火大会でしたが、
1978年から毎年行われるようになり今に至ります。

いろいろな困難を乗り越えてきたからこそ、地元住民にとっても
特別な存在となっているのではないでしょうか。

とういうことで、今回は隅田川花火大会2015
日程場所、また、場所取りで必要な情報や
穴場スポットを紹介していきますね。

スポンサーリンク


 

隅田川花火大会2015の日程と開催場所

隅田川花火大会は
毎年7月の最後の土曜日に行われます。

2015年も隅田川花火大会日程は例年通りに
行われる予定なので7月25日です。

開催場所につきましては2か所あります。

1つ目の会場
言問橋上流から桜橋下流まで

2つ目の会場
厩橋から駒形橋までの間

どちらも浅草駅から徒歩で行ける距離なので、
アクセス性にも長けています。

花火打ち上げ時刻は、
19時から20時30までの1時間30分です。

この間、約20,000発もの花火がテンポよく
どんどんと打ちあがります。

隅田川花火大会の場所取りは必要か?

どの花火大会でもそうですが、隅田川花火大会に
おいても場所取り必須です。

ゆっくりと鑑賞する為にも、打ち上げ開始よりも
早めに会場へ行くことをおススメします。

花火を見るのに適している場所としては、
言問橋周辺隅田公園、それに
桜橋の高速道路下などがあります。

ただ、第1会場が近く絶景ポイントとして
知られているので、混雑は避けられません。

厩橋付近清澄通りもまた
花火を見るにはおススメポイントです。

比較的、第2会場よりも第1会場に人が集まりやすいので
厩橋付近は思ったよりも空いていたりします。

また、屋台が多く連なっているので、花火と一緒に
屋台巡りをしたい人にもおススメです。

隅田川花火大会の花火を見る穴場は?

年に一度の隅田川花火大会の花火を
ゆっくりと見たい!、という人は有料席を
確保しておくと良いでしょう。

しかし、やっぱり無料で楽しみたいと
思うのも当然ですよね。

そんなワガママを実現する為にも、
穴場を見つけておくと便利です。

また1つだけでなく、複数穴場を知っておけば
人混みに合わせて臨機応変に対応することが出来ます。

まず1つ目穴場スポット水戸街道です。

第1第2会場の両方の花火を見るのに適しています。

また、花火当日の夕方からは歩行者解放区域となるので、
ゆっくりと堪能することが出来ます。

そして2つ目コモディイイダ東向島店です。

ここは地元住民の為
穴場スポットと言えます。

隅田川から近いので間近で花火を見ることができ、
その上、先着300名程の人たちに駐車場解放してくれます。

ただ、ポイントカードを作るなど一定の条件があるので、
お店に問い合わせる必要はあります。

少し遠くても良いから人が少ないところで見たい、
という人はタワーホール船堀展望塔がおススメです。

展望塔への入場料が無料の上に、
第1第2会場の両方花火を見ることが出来ます。

間近で見なくても良いから、花火は見たいな…と
いう人向けのスポットです。

まとめ

歴史ある隅田川花火大会は、
毎年100万人近くの人々が訪れるイベントです。

混雑することを想定して、
早めに予定を立てておくと
より一層良い思い出として残るでしょう。

地元住民は予定を立てやすいですが、
都外から訪れる人にとっては
少し不利にも感じてしまいますね。

しかし、都外の人は、ホテルなど花火が宿泊する部屋から
見えるところ選べば好条件で堪能することが出来ます。

東京の夏の風物詩にふさわしい隅田川花火大会を
満喫してみてはいかがでしょう。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ