大阪の天神祭2015の日程は?花火が綺麗に見れるスポットは?

大阪で行われる天神祭と言えば、
京都の祇園祭と東京の神田祭と肩を並べ、
日本三大祭り1つとして有名です。

tenjinmaturitop

全国的にも有名なお祭りとして
定着している天神祭の始まりは
951年まで遡り(さかのぼり)ます。

それからというものの堂島川(旧淀川)の氾濫や、
幕末の政変、そして戦争などによって中断されたことも
ありましたが、1949年に復活して以来、
少しずつ形を変えながらも残されてきました。

幾度の困難を乗り越え、それでも尚発展し続けてきた
天神祭は、大阪ならではの浪速っ子エネルギー
感じられるはずです。

そこで、今回は2015年の大阪天神祭日程や、
花火が綺麗に見れるスポットなどを紹介しますね!

今のうちに日程をチェックして
皆さんも参加してみませんか?

スポンサーリンク


 

大阪天神祭2015の日程と花火の時間

大阪天神祭は毎年7月24日に宵宮が、
25日に本宮が行われます。

これは土日平日関係なく行われるので、
2015年同様に開催されます。

ちなみに2015年の7月24日金曜日
25日土曜日なのでかなりの混雑が予想されます。

また、25日の19時からは
奉納花火が打ち上げられます。

約5,000発もの花火が打ち上げられる予定で、
中には協賛した企業の名前が入った
文字仕掛け花火」も見所となっています。

夏になったら流れ出す蚊取り線香で有名な
金鳥のCMにも、実は大阪天神祭で打ち上げられた花火の
映像が使われていたりします。

大阪天神祭では様々な行事が開催されますが、
夏と言えばやっぱり花火!

祭りの締めを飾るのにふさわしい花火は必見です。

ここで天神祭についてあまり詳しくない人に
近年注目されているイベントを紹介します。

それは、2010年から始まった「ギャルみこし」です。

約200キロもある神輿をはっぴ姿の女性たちが担ぎ、
天神橋筋商店街を巡行します。

女性のエネルギッシュな姿を見れるギャルみこしは、
7月23日11時30分から出発します。

大阪天神祭の花火が綺麗に見れるおすすめスポットは?

大阪天神祭のクライマックスを飾る花火は、
約5,000発を予定されています。

日本三大祭りとして名が知られている事だけあり、
毎年多くの観光客で賑わい混雑します。

そこで花火が綺麗に見れるおすすめスポットを
幾つか紹介したいと思います。

まず、1つ目のポイントは源八橋です。

JR大阪環状線「桜ノ宮駅」のすぐ近くにあり、
利便性に長けています。

多少の混雑はありますが、
会場が近いので綺麗に見ることが出来ます。

そして2つ目のポイントは都島橋です。

ここは会場から少し離れてしまいますが、
ライトアップされた大阪城とのコラボが実現するので、
知る人ぞ知る穴場スポットなのです。

ただし北側に行けば行くほど見えづらくなるので、
早めに場所取りをしておくと良いですね。

3つ目のポイントは川崎橋です。

自転車・歩行者専用の橋なので通らず
また嬉しい事に公衆トイレも近いので、
子連れの方もゆっくりと花火を見ることが出来ます。

南側に行くと見づらくなってしまうので、
都島橋同様、早めに場所取りしておくことをおススメします。

遠方からはるばる来られる方は
花火見られるホテルに宿泊すると混雑を避けて、
ゆっくりと鑑賞することが出来ます。

帝国ホテル、ヒルトン大阪、ホテル大阪ベイタワー、
ラ・スール大阪
などの部屋から見られるようです。

若干、宿泊料金高めになりますが後悔することは
まず無いでしょう。

大阪天神祭へのアクセス

大阪天神祭へのアクセスは、
電車を利用するのが無難です。

東梅田駅から地下鉄谷町線に乗り、
南森町駅で下車すれば一気に
お祭りムードになっています。

また、関西空港からのアクセスとしては、JR関空快速で
天王寺まで行き、大阪市営地下鉄に乗り換えて
谷町線南森町駅を目指せば到着します。

天神祭の前に様々な観光スポットを
訪れてから来る人もいるでしょう。

例えばユニバーサルスタジオジャパンや大阪城、
アメリカ村などそれぞれアクセス法を
知っておくと安心ですね。

まとめ

日本三大祭りとして有名な大阪天神祭は、
夏の風物詩として定着しています。

地元住民はもちろん、府外から訪れる方にとっても
元気を与えてくれることでしょう。

まだまだ残暑が残る時期に開催される大阪天神祭は、
様々な行事やイベントで街を盛り上げてくれます。

また歴史ある祭りはこれからもずっと、
受け継いでいってほしいものですね。

見所満載の大阪天神祭を
今年は間近で堪能しませんか?


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ