熱田祭り2015の日程と花火の時間はいつ?アクセスは?

名古屋にある熱田神宮では毎年、
熱田祭りが開催されています。

atutamaturihanabitop

祭り独特の賑やかな雰囲気は
地元のみならず多くの観光客にとっても
特別な祭りとして昔から大事にされてきました。

境内では天皇陛下の勅使による奏上や、
奉納演武など普段中々見ることのできない
奉納行事が行われます。

また、熱田神宮を1歩出れば、露店が連なり
一気にお祭りムードが漂います。

そこで今回は、子供からお年寄りまで楽しめる
熱田祭り2015年の日程花火の時間はいつなのか?、
また、アクセスなどについて紹介していきます。

スポンサーリンク


 

熱田祭りとは?

熱田祭りとは、名古屋にある熱田神宮で
行われる毎年恒例の行事で、別名は
尚武祭(しょうぶさい)」とも呼ばれています。

また、熱田神宮では他にも年間を通して様々な行事を
行っていますが、熱田祭りは熱田神宮で開かれる
行事の中で最も格式の高いものとされています。

では、具体的にどのくらい格式が
高いのか気になりますよね。

実は熱田神宮には皇族ゆかりの品である、
草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」を
ご神体として奉納していて、毎年熱田祭りには
天皇陛下勅使(おつかい)が参向されているほどです。

また熱田祭りはただ単にお祭りを楽しむのではなく、
皇族の弥栄や国の繁栄を祈願する神事が
宮司によって執り行われます。

熱田祭りでは花火大会や様々な催し物が
見ものとなりますが、これら全てが
神様捧げる奉納なんですね。

皇族や国の繁栄、それに神様という単語が
出てくるとどうしても固いイメージを
持ってしまいがちですですよね。

しかし、参道沿いには露店が並んでいたり、
花火も打ち上げられるので、
子供から大人まで楽しむことが出来ます。

また前夜祭もあるので一部の演芸奉納
を見たり、露店巡りも出来るので、
1日早めに祭りを満喫するのもおススメです。

熱田祭り2015の日程と花火の時間

熱田祭りは毎年6月5日に行われます。

この開催日固定なので、
2015年も同じく6月5日が開催日です。

ちなみに2015年6月5日金曜日なので、
花火大会の時間帯には
例年以上の混雑が予想されます。

早めに会場に行き、場所確保しておくと
ゆっくりと花火を見ることが出来るはずです。

また熱田祭りは梅雨の時期と重なるので、
雨が降ることも珍しくありません。

もし、雨が降って花火が打ち上げられないと
いう時は、翌日順延となります。

2014年は雨の為に翌日に延期となりましたが、
無事に全ての花火が打ち上げられました。

また、小雨程度であれば通常通り打ち上げるので、
まずは天気予報のチェックが必須のようです。

花火の打ち上げ時間19時40分頃からスタートし、
20時30分頃までと予定されています。

熱田祭りへのアクセス

熱田祭りは大変混雑が予想されるので、
出来れば電車バスなど
公共機関を使うようにしましょう。

車はもちろん、バイクや自転車で
祭りに行くのもおススメ出来ません。

まずは遠方から来られる人は、
JR名古屋駅を目指してください。

そこから、JR東海道本線に乗り換えて、
熱田駅で下車すれば徒歩で10分ほどで
熱田神宮に到着します。

また、名古屋駅から名鉄に乗り換えて、
名鉄本線・神宮前駅で下車すれば
目の前に熱田神宮の入り口があります。

こちらはあまり歩きたくない、
という人におススメのアクセスです。

通り沿いにある露店を巡りつつ熱田神宮を
目指したい人はJRを、すぐに熱田神宮に
到着したい人は名鉄を利用しましょう。

まとめ

一見、固いイメージを持たれがちな熱田神宮の熱田神社ですが、
境内で行われる行事の中には素人が参加できる、
のど自慢コンテストなどもあります。

また、神様への奉納でもある1000発以上打ちあがる花火は、
熱田祭りのクライマックスを飾るにふさわしい
最大イベントです。

全国的には夏真っ只中か、夏の終わりに開催されがちな
花火大会ですが、熱田祭りでは春が終わり、
夏の訪れ知らせるタイミングで打ち上げられます。

それもまた風流があり、全国から熱田祭りを
見に訪れる人は後を絶ちません。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ