としまえんのあじさい祭り2015の日程やアクセスは?見頃はいつ?

水と緑の遊園地として、
多くの観光客で賑わう「としまえん」は
東京都練馬区にあります。

アトラクションが豊富なのはもちろん、
冬は屋外スケート、夏には釣り堀で
魚釣りも出来ます。

子供から大人まで楽しめるので、
家族連れや友人、
恋人と訪れるのにも最適です。

tosimaenajisaitop

そんなとしまえんでは、
毎年季節のイベントとして
あじさい祭り」を開催しています。

2015年度で13回目迎えるあじさい祭りは、
毎年多くの人が楽しみにしているイベントでもあります。

そこで今回はとしまえんあじさい祭り2015
開催日程や、アクセス見頃などを紹介していきます。

スポンサーリンク


 

としまえんのあじさい祭り2015の開催日程

既に、としまえんのあじさい祭り2015の
開催日程を気にされている人も
多いのではないでしょうか。

自然のものなので、天候気温によって
咲き加減に多少のズレはあります。

13回目を迎えるあじさい祭り2015の開催日程は、
まだ発表されていませんが
5月下旬から6月下旬が予想されます。

ちなみに過去の日程を見てみると
2012年が6月1日から6月25日まで、
2013年が6月1日から6月30日まで、
そして2014年が5月24日から6月29日まで
と開催されてきています。

これを見ると6月初旬中旬
確実にイベントが開かれているのが分かります。

職場に今のうちから希望休を出しておかないといけない、
泊まりがけで行くから早めに予定を立てておかないといけない、
など早めに開催日程を知りたい人には様々な理由があると思います。

常にホームページをチェックするか、
もしくは確実に咲き誇る6月中旬をキープしておけば
間違いないはずです。

としまえんへのアクセス

としまえんは「豊島園駅」を下りて徒歩1分と、
かなりアクセス性に長けている場所にあります。

西部池袋線の場合、池袋から直通で14分ほどで、
都営大江戸線の場合に至っては、
新宿から直通で20分ほどで豊島園駅に到着します。

また練馬駅からバスが出ていて、
豊島園で下車すればすぐ目の前が目的地です。

基本、乗り替えることもないので
電車もしくはバスを利用すると便利です。

で来られる場合は、
目白通りに入ると到着します。

ただ駐車料金として30分200円、
最大1,500円掛かります。

としまえんのあじさい祭りの見頃はいつ?

とよしまえん内の北側エリアにあるあじさい園には、
150品種10,000株あじさいが咲き誇ります。

また祭り開催期間中には「あじさいガイドツアー」や、
特別展示「日本の野生あじさい」、ライトアップされ
昼間とはまた違う雰囲気を味わえる
あじさいナイト」なども行われます。

さらに最終日には津軽三味線の演奏や、
サクソフォーンによる四重奏の
ステージも堪能することができます。

イベントに合わせて訪れるのも、
より一層楽しめることでしょう。

あじさいの見頃6月中旬が予想されます。

2015年度のあじさい祭り開催日はまだ
発表されていませんが、毎年の開花状況を見ると
6月中旬には様々な品種が咲き誇っています。

もう予定を立てておく必要がある人は、
とりあえず6月中旬を抑えておくと
確実に満開のあじさいを見ることが出来るはずです。

まとめ

遊べる場所が豊富なとしまえんですが、
あじさい開花に合わせて行けば
季節感を感じられ更に楽しむことが出来るでしょう。

またあじさい祭りでは様々なイベントを
開催していますし、日本特有の野生あじさいの
自生にも成功しています。

遊園地で遊ぶことを目的としている人も、
つい見入ってしまうかもしれませんね。

時間に余裕がある人は是非、
ライトアップされたあじさいも見てみて下さい。

昼間とは違い、ロマンチックな世界が
広がりおススメです。


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ