こどもの日の兜とこいのぼりの意味と由来は?簡単に説明すると?

4月に入り何かと忙しい時期ですが、
もうすぐゴールデンウィークですね!

ゴールデンウィークと言えば、

わーい、大型連休だー!

と誰もが喜ぶ日々ですが、
大切な日が含まれています。

それは「こどもの日」です!

kddomonohitop

5月5日はこどもの日で、
男の子がメインの行事ですよね。

兜やこいのぼりを飾ったりしますが、
なんで飾るか知っていますか?

そもそも、「こどもの日」ってなんでしょうか?

今回は、こどもの日こいのぼり意味
その由来についてご紹介していきます。

スポンサーリンク


 

こどもの日の由来

今では普通にゴールデンウィークの一部として
「こどもの日」は過ごす人が多いと思いますが、
そもそも、「こどもの日」って何なんでしょうか?

以下に簡単にまとめてみました。

  • 元は中国発祥→日本に伝わる
  • 「端午=月初めの最初の午(うま)の日」という意味がある
  • 「午の日」=「午(ご)=5」となり、「5月5日」になった
  • お祓いをして邪気を祓う日とされていた
  •  

    これが由来になります。
    ここから日本に浸透していき、ついには、

    こどもの人格を重んじ、こどもの幸福を
    はかるとともに、母に感謝する

    と法律で祝日として制定されました。

    今でも続いているのが、「邪気を祓う」ということで、
    その役目がであり、こいのぼりなんです。

    では、具体的にはどういう意味があるのでしょうか?
    次で詳しくご紹介していきます!

    兜とこいのぼりの意味や由来は?色に意味はある?

    まず、似たようなお祝い事で
    3月3日の雛祭りがありますよね?

    お雛様などの綺麗で可愛らしい印象が大きい、
    雛祭りですが、なぜかこどもの日は兜とシックな感じ。

    これはなぜでしょうか?

    兜や鎧に込められた意味

    kabuto

    そもそも、この兜や鎧に込められた意味として、

    健やかに育ちますように
    邪気から身を守ってくれますように

    といった意味が込められています。

    これは菖蒲という花と関係がありますが、
    以下に簡単にまとめてみました。

    菖蒲邪気を祓うと言われているため、
    昔から厄除けで使われてきました。

    菖蒲=勝負となり、葉が刀に似ていることから
    男子のお祭り」へ変化

    「邪気を祓う」ということで使われていた菖蒲が、
    鎌倉時代になると武士が多くなり、
    「菖蒲=勝負」となったそうです。

    さらに菖蒲の葉の形が刀に似ていたことから、
    菖蒲を使用する「端午の節句」が
    男子のお祭り」へと変化したようです。

    そのため、「端午の節句」である「こどもの日」には、
    鎧兜を飾る風習が生まれたようですね。

    では、「こいのぼり」はどうでしょうか?

    こいのぼりに込められた意味

    koinobori

    昔の武家屋敷では家紋入りの旗
    外に立てる習慣があったそうです。

    そのことが町人たちの間でも広まっていき、
    「鯉の滝登り」として有名な鯉を“立身出世”の
    象徴として「こいのぼり」を飾るようになったそうです。

    「こいのぼり」の色は今では3色が多いですが、
    5色(青・赤・黄・白・黒)の吹流し色
    陰陽五行説」に由来しています。

    これは、“この世の全ての物は、陰と陽、2つの気、
    及び木・火・土・金・水の五行で
    成り立っている”という思想です。

    現在のこいのぼりは3匹が一般的ですが、

    真鯉=黒=父親

    緋鯉=赤=母親

    子供の鯉=青=子供

    を表しています。

    それぞれ意味もあるので、簡単にまとめてみました。

    ●「真鯉=黒=父親」
    黒は、でありを表します。

    冬の厳しい寒さと全ての生命の源である水。

    ただ居るだけでも存在感があり、
    何事にも動じずに在る姿はまさに大黒柱である
    「父親」を表しているようですね。

    ●「緋鯉=赤=母親」
    赤は、でありを表します。

    夏は多くのものの命が育ちます。

    火は人類最大の知恵の象徴とも言えるもので、
    火を使うようになってから全てが動き出した
    と言っても過言ではありません。

    まさに子供を産み育て、家を守る存在である
    「母親」を表しているようですよね。

    家のこと、家族のこと、生活の知恵で
    右に出るものはいません。

    ●「子供の鯉=青=子供」
    青は、を表します。

    春は全てのものが成長する季節です。

    青い木々が大きく成長し、葉を付けていく様は、
    まさに子供の成長を表しているようですね。

    以上のように、実は色にも意味があったんです。
    これは案外知られていないことかもしれませんね。

    多くはこどもの健康や元気に健やかに成長していってほしい
    という願いが込められているものだと分かりましたね。

    まとめ

    いかがでしたか?

    なんとなくは分かっていましたが、
    中国から伝わったものだとは知りませんでした!

    あとは菖蒲の意味も、結構奥深いものがありましたね。

    鎧兜との関係も「なるほど」と言った感じです。

    こいのぼりはただの飾りだと思っていた
    自分がちょっと恥ずかしいです・・・。

    ちなみに、鎧兜だけ、こいのぼりだけ、
    ではなく両方飾るより良いそうですよ!

    なかなかマンション住まいのおうちだと
    両方飾るのは難しいかもしれませんが、
    おうちの中に兜ベランダにこいのぼり

    これでOKだと思います!

    こぶりのものでも飾っておくと、
    より一層こどもの健康や成長を
    願うことが出来そうですね!


    関連コンテンツ

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ