あしかがフラワーパークの藤2015の見頃はいつ?割引券はある?

いきなりですが、「藤の花」って
見たことはありますか?

最近では藤の季節になると、
テレビでも中継されてるのを見かけます。

一番はなんといっても、栃木県足利市にある
あしかがフラワーパーク」です!

外国人客も多く訪れるという
「あしかがフラワーパーク」ですが、
藤の見頃っていつなんでしょうか?

asikagafujinohanatop

割引券とかあるなら是非とも使いたいですよね!

そんなわけで今回は、
あしかがフラワーパーク見頃について、
割引券情報も交えてご紹介していきます!

スポンサーリンク


 

あしかがフラワーパークの藤2015の見ごろはいつ?

さて、「あしかがフラワーパーク」については
知っている人も多いんじゃないかなと思います。

最近ではほんと、テレビで見ることが多くなりました。

特に藤のシーズンともなるとイルミネーション
ライトアップされた姿を見た記憶があります。

テレビ越しで見てもとっても綺麗だったので、
是非とも生で見たい!と思った人多いのではないでしょうか。

そんな「あしかがフラワーパーク」ですが、
毎年4月中旬から5月中旬に「ふじのはな物語
というイベントが開催されています。

2015年はというと、

4月18日~4月22日 → 7:00~18:00
4月23日~5月17日 → 7:00~21:00
(*ライトアップ期間中は17:30~21:00まで)

 

となっています。

一番の見所は、樹齢約150年の大藤棚
80mもの長い藤トンネルです!

asikagafujihanatop

特に外国人からの評価が高く、見た人たちは
「天国」「おとぎ話の世界」という声が多かったようです。

まさに、その通りだと思います!

淡く優しい紫色の藤がより幻想的
雰囲気を醸し出しています。

夜はその姿がライトアップされるわけですから、
より現実世界とはかけ離れた印象をもたれると思います。

日本一の藤」と言われるのも納得ですね!

あしかがフラワーパークの割引券情報

この「あしかがフラワーパーク」の面白いところは、
藤の咲き具合によって入園料
変動するということです。

ちょっと面白いですよね!

既に「あしかがフラワーパーク」のホームページでは、
ちゃんと日にちごとに入園料が決まっています。

やはりピークとなる期間は高めで、

4月18日~5月17日
大人900~1,700円、小人500~800円

 

となっています。

期間ごとに区切られていても、
やはり料金に変動があるようですね。

それでも大体目安にはなるので、
行く前には確認しておきましょう!

さて、気になる割引券情報ですが、
方法は4つあります。

早速ご紹介していきますね!

①メール会員になる(要プリントアウト)
これは「あしかがフラワーパーク」公式ホームページから
メール会員登録をすることで可能となります。

メール会員になることで、「特別割引入園券」が入手出来ます。

期間限定で100円程割引ですが、1枚につき3人まで使えます。

さらにはお土産などの割引券も
入手できるので、結構お得だと思います!

もちろん、入会金や年会費は無料です!

②JAF会員割引を利用する
JAF会員だと、入場券購入の際に「JAF会員証」を
提示すれば、1人あたり100円割引になります。

多くの人が入っているであろうJAF。
まさかここでも役に立つとはびっくりですよね!

③割引券や割引チラシを入手する
これは意外と知らないかも?

「あしかがフラワーパーク」付近のコンビニなどに、
割引券置いてある場合があるんです!

または、最寄りの富田駅や足利駅にも
割引券付きのチラシが置いてあることもあるので、
是非チェックしてみましょう!

ちなみに、200円程の割引が期待できます。

④再入園の割引券を利用する
これは半券を利用したものです。

割引は200円と結構お得なので、
もし周囲で直前に行った人がいれば
もらうのも1つの手ですね!

ただし、期限があるのでその点要注意です!

意外と割引出来る方法があるし、方法も
ネット経由や会員証、チラシや半券など
偏りがないのが嬉しいですね!

あしかがフラワーパークへのアクセス

藤の魅力や割引方法が分かったところで、
「あしかがフラワーパーク」への
アクセス方法をご紹介します!

<車> ※駐車場 普通車300台

・東北自動車道
  佐野藤岡I.C.より国道50号 前橋・足利方面進行 約18分

・北関東自動車道
  太田桐生I.C.より国道122号、国道50号 足利小山方面進行約20分

・北関東自動車道
  足利I.C.より国道293号経由、県道67号 佐野方面進行 約15分

・北関東自動車道
  佐野田沼I.C.より県道16号経由、県道67号 足利方面進行 約12分

<電車>

・JR東北本線・宇都宮線「小山駅」→JR両毛線「富田駅」下車 徒歩約13分

・東武伊勢崎線「足利市駅」下車 シャトルバス約30分

車で行っても駐車場の心配はなさそうですね!

電車では何度か乗り換えが必要な場合が多いですが、
シャトルバスなどもあるので便利そうですね!

まとめ

いかがでしたか?

春と言えば桜がメインですが、色々な花が
ピークを迎えるときでもありますよね。

特に、普段あまり見る機会のない
藤の花にはとっても興味を持っている人も多いはず。

是非一度、行ってみてください!

綺麗な藤の花を目の前にすれば、
きっと何の言葉もいらなくなります。

はまさに、花の季節です。

つつじ藤の花など、日本の四季を
大いに感じつつ、楽しめたらいいですね!


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ