会社の歓迎会で出来る簡単なゲーム!盛り上がるのはコレ!

3月ももう下旬、4月は新しいスタート月ですよね!

新社会人がドキドキなのは想像出来るところですが、
実は受け入れる会社側もドキドキなんですよね。

初顔合わせや挨拶回り、仕事の流れなど、考え所なのです。
何気に一番考え悩むのが、「歓迎会」です!

歓迎会ゲーム(歓迎会)

幹事役に任命された社員は、それはもう
盛り上がることを考えなきゃいけないですよね。

新入社員挨拶はもちろん、各所からの言葉を
もらったりするのはスケジュール内に組み込まれますが、
その間をどう盛り上げたらいいのかが意外に難しいんです。

どうすれば盛り上がるの!?

と悩めるアナタのために今回は、会社歓迎会
出来る簡単ゲームをご紹介していきます。

スポンサーリンク


 

会社の歓迎会で出来る簡単な盛り上がるゲーム

さて、“ゲーム”というとちょっと難しそうな
イメージですが、実はそんなことはありません。

要は、「新入社員・社員たちが皆で
コミュニケーションを取れる」ようなゲームを
用意すれば自然と会話も生まれ、盛り上がります。

こういうときだからこど、役職の垣根を
越えられるますし、簡単に出来るゲームは
意外と重要だったりします。

では、どういうゲームがいいんでしょうか?
以下にまとめてみました。

①社内大喜利
これが結構盛り上がるんです!

あらかじめ社内で撮影した写真(色んな場面を想定)を
用意しておき、それをお題に「この写真を見て一言!」と
いった感じでやっていきます。

個人ではなくチーム戦にして、
交代で選出、優賞チームを決める。

という形にすれば連帯感も生まれますし、
他の社員とのコミュニケーションも自然と
取れるようになるのでおすすめです。

新入社員が多い場合は、チームに数人入れて、
逆に新入社員が少ない場合はチームに1人入れる、
とすればなお良しですね!

チーム分けは、前もって何かしら
仕掛けておくと、その場で混乱せずに済みます。

例えば、コースターの裏に「○△□☆」などの
マークを書いておき、新入社員の座る席だけ
決めておけば人数が等分出来ますよね。

大喜利では通常座布団を積みますが、
難しい場合はそのコースター
代用するのも1つの手ですね!

これは新入社員にとって他の社員と
会話出来るチャンスであり、また社内の
風通しの良さも確認できる場でもあります。

チーム内で話し合う際に、上司とも
話すわけなので、すんなり情報共有・情報提供
していけるのかどうかが分かります。

社員にとっても良い機会になるので、
かなりおすすめです。

②名前deビンゴ
「ビンゴ」と言えば、穴の開く紙に
描かれた数字を、機械などで引き当てた数字を
読み上げ直線が繋がれば当たり!
というゲームですよね。

これを、数字代わり社員の名前
やってしまおうというのです。

やり方は至って簡単。ビンゴカード配布後、
自分以外の人に名前を聞きまわり、
マス目記入していく。

たったこれだけです!

あとは引き当てるものを名前に
変えるだけなので、参加者名を書いた紙などを
用意して順に引いていけばOK!

名前呼ばれた人は、そこで簡単な
自己紹介などしても良いかもしれませんね!
(○○部所属の○○△△です、引いてくれてありがとう!など)

このゲームの良いところは、社員に名前を
聞いて回るので顔や名前を一緒に覚えられるところです。

そこで会話も生まれるので、
幅広い交流が期待できます。

名前を聞いて回らないとゲームが出来ないので、
会話が得意でない人も「名前を聞く」という目的が
あるので参加しやすいのでおすすめです!

これは顔と名前を覚える機会なので、
とってもおすすめです!

もちろん、この場で全部覚えるのは無理なので、
何かの時の会話のきっかけにはなると思います。

あえて社長のところに行き、
数少ないコミュニケーション出来る場としても
活用出来たりしちゃいます。

③AKB48「恋するフォーチュンクッキー」を踊る
これは若干レベル高めかもしれませんね。
ただ、一時ものすごい人気があったのを覚えてますか?

とある動画に、色々な人たち(会社だったり公務員だったり)が
踊っている姿が数多く挙げられていましたよね。

年齢問わず踊れる曲、しかも振付もそこまで
難しくない、ということで広まっていったわけです。

なのでここで敢えて歓迎会で
挑戦するというのも1つの手です。

もちろん、「みんな初心者」ということを
考えると、幹事含め数人の社員たちが
踊れるようになっているとGOODです!

みんなを巻き込む形で踊るもよし、
サプライズのフラッシュモブ方式で
踊りだすもよしです。

意外に上手い人がいて、新たな一面を
見れるチャンスかもしれませんよ!

これは結構面白いと思います。

会社の人とAKBを踊る」ということ自体
不思議ですが、こういう機会だからこそ・・・!と
迷いを振り切って踊ってほしいですね!

まとめ

いかがでしたか?

意外と会社の歓迎会で
出来るゲームってあるんですね!

やってみたいのは、「名前deビンゴ」ですかね。

ビンゴカードや引き当て紙などを
用意するところからちょっと面白い気がします。

AKB48の「恋チュン」も未だに人気ありますし、
あの社員の意外な姿!?を
目撃出来るチャンスかもしれません。

仕掛け人となる幹事たちは練習しなきゃいけませんが、
そこで他の社員とも交流出来ますし、
仕事と踊りの練習で日々にメリハリが出来そうです。

ただの歓迎会と思わず、「みんなで一致団結!」を
目指し、大いに盛り上がれる歓迎会にしていきましょう!


関連コンテンツ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ